alt=“”見出し画像 東京 ガレージハウス

男性が一度は憧れを抱くガレージハウス。愛用の車や自転車、バイクを常に目が届く場所に置いておきたい、いつまでも眺めていたい…そう思う方も多いでしょう。ガレージハウスは、そんな願いを叶えるだけでなく、家族みんなの暮らしの豊かさを広げてくれます。

今回は、ガレージハウスの魅力と、建てる時のポイントをまとめて見てみましょう。

 


コラムのポイント
・ガレージハウスの魅力は、車を身近に感じることができること、安心の防犯面、駐車スペース以外の使い道がある、固定資産税の減税、などが挙げられます。
・ガレージハウスを建てる時は、車種とサイズを考える、換気問題、騒音対策、耐震性能といった4つのポイントをおさえて建てることが大切です。
・実例も参考にしながら、ガレージハウスの家づくりを考えていきましょう。見積り・プラン設計は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

 目次
◼ ガレージハウスの魅力
・車を身近に
・安心の防犯面
・駐車スペース以外の使い道
・固定資産税の減税◼ ガレージハウスを建てる時のポイント
・ポイント① 車種とサイズを考える
・ポイント② 換気問題
・ポイント③ 騒音対策
・ポイント④ 耐震性能◼ 実例紹介

◼ 趣味と実用性を兼ねた家づくり

 

施工実例

 

 

ガレージハウスの魅力

alt=“”見出し画像 東京 ガレージハウス

ガレージハウスとは、車庫や駐車場であるガレージと、住宅が一体になった物件のことをガレージハウスといいます。

東京のように土地が狭い場所では、ガレージハウスという選択をされる方も多く、新しい暮らし方として多くの方の生活に寄り添っています。

 

車を身近に

 

ガレージハウスは、常に車や自転車が身近にあります。子どもたちとドライブに出かける、買い物にすぐに行ける、高齢の両親の送迎をする、などたくさんの用途に合わせて利便性が高いのが魅力です。

駐車場が近くにない、駐車場を確保できない、などの理由で諦めていた車のある生活は、暮らしをより豊かなものにしてくれます。

 

 

安心の防犯面

 

車を所有している人にとって、最大の心配事は防犯面です。家から少し離れた場所に駐車していると、車にいたずらをされる、バイクの盗難に遭う、などのリスクが生じます。駐車の際に他の車にぶつけられたり、遊んでいる子どもたちのボールが当たったりと、想定外のアクシデントも多々あります。

ガレージハウスにしておけば、そんな心配はなくなります。常に目が行き届く場所に車はありますし、よほどのことがない限り、アクシデントに巻き込まれることもありません。

 

 

駐車スペース以外の使い道

 

もちろん、車やバイク、自転車以外にもたくさんの使い道があります。アウトドアグッズを収納しておいたり、趣味のものを保管しておいたりするスペースとしても使えます。車やバイクのカスタマイズがお好きな方は、常に道具を車のそばに置き、気が向いたときにすぐにカスタマイズが出来ます。静かで閉鎖的な空間は、集中して作業するのにピッタリですね。

準備して片付けをして…という面倒に感じる過程も、必要なものが常にすぐそばにあるため楽チンです。仕事などで車を使っている間は、子どもたちの絶好の遊び場としても使えます。

 

 

固定資産税の減税

 

ガレージハウスは、固定資産税減税にもなります。一般的に、延べ床面積のうち1/5以下をガレージとして使用した場合、ガレージ部分は固定資産税の計算外となります。東京のような、地価が高い場所では大きなメリットでしょう。設計や間取りによっては、大きな減税効果が期待できます。

ただし、お住いの自治体によっては計算方法などが異なる場合もありますので、あらかじめ確認が必要です。

 

 

 

 

ガレージハウスを建てる時のポイント

alt=“”見出し画像 東京 ガレージハウス

ガレージハウスを建てる時のポイントは4つあります。一つずつ見てみましょう。

 

ポイント① 車種とサイズを考える

 

どんな車を駐車するのか、バイクは何台おくのか、などサイズや用途をまずは考えていきましょう。家族全員が乗れるような車を駐車する場合と、夫婦でツーリング用のバイク2台だけを駐車する場合とでは、必要なスペースが異なります。

駐車するだけでなく、扉の開け閉めをする、作業スペースも確保する、なども考えた上でガレージのサイズを決めていくことが大切です。

のちの家族計画にも関わってくることなので、決めづらい部分もありますが将来もしっかりと見据えて考えていきましょう。

 

 

ポイント② 換気問題

 

車やバイクは、どうしても排気ガスが出るため換気をどうするかは切っても切れない問題です。

ガレージハウスは、車が常にそばにある分、排気ガスの影響もダイレクトに受けてしまいます。換気扇を分散して設置する、窓を設置して常に開けておく、などの対策が必要です。

 

 

ポイント③ 騒音対策

 

換気問題とともに注意するポイントが、騒音です。早朝や深夜に車やバイクを使うとき、大きなエンジン音が常に響いているとストレスになってしまいます。

共存しながら快適な暮らしを守るためにも、間取りを工夫しましょう。寝室やリビングなど、音が気になるとゆっくりできないような場所は、ガレージから離した場所に設置すると良いでしょう。それだけで日常のストレスは軽減されます。

 

 

ポイント④ 耐震性能

 

ガレージハウスは1階部分に広いスペースを造るため、通常の家に比べるとどうしても壁が少なくなってしまいます。壁が少ない、ということは、構造的に耐震性が落ちてしまうということでもあります。昨今の地震の被害を見ていると、家に耐震性能が備わっていること、構造の強さにこだわることの大切さを大いに感じる人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

性能の高い構造が標準性能や仕様になっているハウスメーカーを最初から選ぶことで、これらの問題は解決することができます。

 

 

 

 

実例紹介

alt=“”見出し画像 東京 ガレージハウス

先日、こだわり満載のガレージハウスを実現したお客様の声です。こちらをぜひごらんください。

 

こだわり満載のガレージハウス

 

 

 

 

趣味と実用性を兼ねた家づくり

alt=“”見出し画像 東京 ガレージハウス

 

ガレージハウスがあれば、生活の利便性が向上するだけでなく、常に大切な車やバイクを身近に感じ、大きなリスクや不安なく暮らすことができます。耐震性の高い構造で家づくりをすることで、さらに満足度の高い家になるでしょう。

 

ガレージハウスという選択で、世界に一つだけの家づくりを進めていきましょう。

 

 

​​わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、

素敵な家づくりをお手伝いしています。

東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

 

施工実例