alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

どっしりとした佇まいでスタイリッシュなデザインの多い平屋。今後のことを考えると、建てるなら平屋がいいな…と思いつつも、決定打がなく迷ってはいませんか?平屋住宅は、2階建ての家にはない魅力がたくさんあります。良さを知った上で家づくりを始めることで、より満足度の高い暮らしが実現するでしょう。

今回は、平屋住宅のメリットデメリットとともに、家づくりを始める前に考えておきたいポイントをご紹介します。

 


コラムのポイント
・平屋住宅のメリットは、家族をいつも身近に感じる暮らしができて維持費やメンテナンス費の削減ができる、安定の構造でバリアフリー、家事動線を短縮できる、などが挙げられます。
・平屋住宅のデメリットは、プライベート確保が難しい、部屋数や広さに工夫が必要、防犯面、日当たりの確保の難しさ、などが挙げられます。
・平屋住宅を建てる時は、建蔽(けんぺい)率と容積率を確認し、予算も考えながら間取りや設備を考えていきましょう。

目次

◼ 平屋住宅とは

◼ 平屋住宅のメリット
メリット① 家族をいつも身近に感じる暮らし
メリット② 維持費やメンテナンス費の削減
メリット③ 安定の構造
メリット④ バリアフリーの家
メリット⑤ 空間の有効活用
メリット⑥ 家事動線の短縮

◼ 平屋住宅のデメリット
デメリット⒈ プライベート確保が難しい
デメリット⒉ 部屋数や広さに工夫が必要
デメリット⒊ 防犯面の不安
デメリット⒋ 日当たりの確保が難しい

◼ 平屋を建てるときはここをチェック!
建蔽(けんぺい)率と容積率を確認
建築費用は希望次第

◼ 平屋住宅で新しい暮らしを始めよう

 

 

施工実例

 

 

平屋住宅とは

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

『平屋住宅』とは、1階建ての建物の事をいいます。1階建てワンフロアしかないため、構造が単純でデザインの自由が高く、小さいお子様も高齢の方も動きやすい、暮らしやすい空間であることがポイントです。

 

 

平屋住宅のメリット

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

平屋住宅だからこそのメリットはたくさんあります。

 

メリット① 家族をいつも身近に感じる暮らし

1階部分しかないため、家のどこにいても家族を身近に感じることができます。常に気配を感じ、コミュニケーションもとりやすく、距離の近さを実感しながら過ごすことができます。
リビングの中を通って子供部屋に行く間取りや、階段をリビング内に設置しなくても、常に家族同士が顔を合わせ、体調や最近の様子を知ることができます。

 

メリット② 維持費やメンテナンス費の削減

住宅は、築後10年もすればリフォームが必要になってきます。それ以外にも、細かなメンテナンスも必要です。この維持費やメンテナンス費は意外とかかるものですが、平屋住宅はこの費用を抑えることができます。
外壁の塗装や屋根の修復などをする場合、足場を組み作業をする必要があります。平屋住宅は2階建て住宅に比べ、足場も塗料も少なくて済みます。また、作業にかかる人件費も抑えることもできます。定期的・長期的にこの費用を抑えることができることを考えると、大きなコスト削減になります。

 

メリット③ 安定の構造

平屋住宅は、1階建てなので高さが低く、安定した構造です。昨今の地震では、ビルの高層階にいて怖い思いをした、大きく揺れて不安だった、という経験をした方も多いのではないでしょうか。
重心が低く安定した構造で、どっしりと構えた家なので、地震や台風などの不安も少なくなります。

 

メリット④ バリアフリーの家

平屋住宅には、階段がありません。生活の中で2階への移動などがないため、高齢の方にとっては体への負担がありません。また、小さいお子様がいらっしゃる場合でも、階段を踏み外したり滑って落ちたりという事故を避けることができます。階段がない平屋が安心、という方にとっては、とても暮らしやすい空間でしょう。

 

メリット⑤ 空間の有効活用

平屋住宅は、ひとつの大きな空間をスキップフロアで区切って、自由にアレンジすることができます。デッドスペースが生まれにくいだけでなく、デザイン性が高く快適な空間にすることができます。
アレンジをして自分たち好みの家に仕上げたい、という方にとってはぴったりな選択です。

 

メリット⑥ 家事動線の短縮

階段を登ったり降りたり、全ての部屋に掃除機をかけるためにウロウロ、重い食材を持って移動…という、生活する中でどうしても生まれる家事をする時間や動き。これを平屋住宅であれば短縮することができます。
階段がないため動きやすく、全部屋の扉を開けておけばルンバで掃除は完了、ということもできます。仕事に子育てに忙しい…!という方にとっては、家が最大の味方となるでしょう。

 

 

 

平屋住宅のデメリット

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

では、デメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

デメリット⒈ プライベート確保が難しい

全ての居住空間がひとつのフロアの中にまとまっているため、プライベートを確保するのがどうしても難しくなります。子どもが小さいうち、家族が少ないうち、はいいかもしれませんが、だんだんと成長し自我が芽生えて来るに連れてプライベートな空間が欲しい…と思う方もいるのではないでしょうか。

 

デメリット⒉ 部屋数や広さに工夫が必要

限られた面積の中にしか部屋数を確保できないため、部屋が少ない、狭い、という壁があります。どのサイズの部屋をいくつ造るか、収納スペースをどう確保するか、は間取りを考える時の大きなポイントです。

 

デメリット⒊ 防犯面の不安

開放的な空間にしやすい平屋住宅ですが、防犯面の不安があります。家の中が外から見えやすいため、中の様子を伺うことができたり侵入しやすかったりするため、防犯対策は特に力を入れる必要があります。堀を高くしたり、植物をたくさん植えたりしてしまうと、かえって侵入の補助につながる場合もあるので、隠しすぎないように工夫をしましょう。

 

デメリット⒋ 日当たりの確保が難しい

周りを建物で囲まれてしまうと、日当たりの確保が一気に難しくなるのが平屋の家です。周りの家との距離やバランスは、よく考えて建てる必要があります。また、窓をどの位置にいくつ設置するか、によっても日当たりは変わってきます。暮らす人のメンタルにも大きく影響してくるので、日当たりの確保は大切です。

 

 

施工実例

 

 

平屋を建てるときはここをチェック!

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

平屋住宅を建てる時のポイントは、土地の広さを考えることと、建築費についてです。

 

建蔽(けんぺい)率と容積率を確認

家づくりを始めると必ず聞くのが建蔽率と容積率という言葉です。
建蔽率とは、家を建てる土地の面積に対して、家を真上から見た時の面積の割合のことです。100㎡の土地に建築面積50㎡の建物を建てるのであれば、建蔽率は50%です。容積率とは、敷地面積に対する床面積のことです。

想像以上に狭い家しか建てられなかった…という悲しい結果に陥る前に、平屋住宅を建てる時は、建蔽率を確認し、どのくらいの広さの家が建てられるのかを確認しましょう。

 

建築費用は希望次第

平屋住宅は、2階建ての家よりも高い、建築費がかかる、という話を聞いたことがあるかもしれません。
平屋住宅は、2階建ての家よりも家の土台となる基礎の部分が広くなります。そのため、基礎にかかる費用が割高になります。また、家が広くなることで屋根にかかる費用も割高になります。このような理由で、建築費が多少かかってしまうのです。しかし、シンプルなデザインにする、設備のグレードを下げる、など妥協できる部分を作ることで、トータルの建築費は下げることができます。トータルバランスを考えて、家づくりをしていくことがポイントです。

 

 

 

平屋住宅で新しい暮らしを始めよう

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

家族のコミュニケーションを円滑に取ることができ、暮らしを豊かなものにする平屋住宅は、家族の人生の伴走者です。こだわる部分は大切にして、世界に一つだけの家づくりを進めていきましょう。

​​わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、
素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 平屋住宅

 

 

 

施工実例