alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

老後も家族と顔を合わせて賑やかに暮らしたい、子どもの様子を見てもらいながら安心して働きに出たい…。そんな多様化した暮らしを叶える基盤として、二世帯住宅を選ぶ世帯が増えてきています。
二世帯住宅は大変そう…というイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。税金面での優遇だけでなく、暮らしが快適になるたくさんのメリットもあります。

今回は、二世帯住宅の家づくりで大切にしたい、間取りの考え方と暮らしの満足度を上げるポイントをご紹介します。
これからの家づくりの参考にして頂ければ幸いです。


コラムのポイント
・二世帯住宅とは、一つの世帯だけでなく、親世帯と子世帯、というように二つの世帯が暮らす住宅のことをいいます。間取りには、『完全同居型』『部分共有型』『完全分離型』の3タイプがあります。
・暮らしの満足度を上げるには、プライバシーと距離感を重視、生活費の内訳の相談、両世帯が歩み寄る姿勢をもつ、などが挙げられます。
・建築実例を参考にしながら、笑顔が絶えない二世帯住宅の家づくりを始めましょう。

 

 目次
◼ 二世帯住宅とは
◼ 二世帯住宅の間取り
・タイプ① 完全同居型
・タイプ② 部分共有型
・タイプ③ 完全分離型
◼ 二世帯住宅建築実例
◼ 暮らしの満足度を上げる方法
・プライバシーと距離感を重視する
・生活費の内訳を相談しておく
・両世帯が歩み寄る姿勢を
◼ 笑顔が絶えない二世帯住宅での暮らしを

 

 

施工実例

 

 

二世帯住宅とは

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅とは、一つの世帯だけでなく、親世帯と子世帯、というように二つの世帯が暮らす住宅のことをいいます。

親世帯にとっては、高齢化が進む中、親類に見守られながら暮らすことで老後の不安を解消したい、子育ての支えになりたい、といった理想を叶えることができます。そして子世帯にとっても、子育てだけでなく仕事にも集中したい、生活費を抑えたい、子どもには多世代と関わってほしい、といった理想を叶えることができるのが、二世帯住宅での暮らしなのです。

二世帯住宅の間取りは主に3タイプに分けられ、それぞれ玄関や水まわりの数・配置が違います。
夫・妻どちらの両親との同居なのか、専業主婦か共働きかなど、家族の形やライフスタイルによって、合うタイプを選択することが重要です。

 

 

 

二世帯住宅の間取り

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅の間取りは3つのタイプに分けることができます。タイプごとに間取りが違うため、共に暮らす両世帯のライフスタイルに合わせて決めると良いでしょう。

 

タイプ① 完全同居型 

風呂、トイレ、リビング、玄関など、寝室以外のすべての部屋を共有する間取りを『完全同居型』といいます。
必ずリビングには人がいて、いつも家族を身近に感じられるこの間取りは、賑やかな暮らしがしたい、人とコミュニケーションを常にとっていたい、という家族にはピッタリです。いつでも家族との時間を楽しむことができるでしょう。生活の時間帯が大幅にずれている、各々の時間を大切にしたい、という場合にはあまりお勧めできない暮らし方かもしれません。

タイプ② 部分共有型

リビングだけ共有、風呂やトイレなどの水周りだけを共有、というように、部分的に部屋を共有する間取りを『部分共有型』といいます。
両世帯のプライバシーを適度に保ちつつ、食事や家族団欒の時間は共有できるバランスのとれた暮らし方ができます。完全同居型に比べると、やや建築費はかかりますが、そこをカバーするだけの魅力があります。

タイプ③ 完全分離型

同じ敷地に建っている家であっても、玄関、リビング、キッチンなどすべてが別々になっているのが『完全分離型』です。
全く別の暮らしになるため、お互いに干渉することなく、気を遣いすぎることなく、適度な距離を保ちながら過ごすことができます。年代も価値観も違うお互いの家族が、理想とするライフスタイルを保ちながら暮らすメリットだけでなく、すぐ近くで暮らしているという安心感もあります。
ある程度の広さの土地が必要になること、風呂やトイレなどの設備が最低2つ必要なことから、どうしても建築のコストが高くなります。しかし、建てた後の充実した生活や両家族の暮らしやすさを考えると、選択肢として上がってくる方も多いでしょう。

 

 

 

二世帯住宅建築実例

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

お互いの理想を尊重した二世帯住宅

 

 

 

 

二世帯住宅での暮らしの満足度をあげる方法

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅での暮らしは、両世帯のほんの少しの工夫で満足度を上げることができます。

 

プライバシーと距離感を重視する

家族とはいえ、夫婦どちらかにとっては他人でもある人との暮らしが二世帯住宅での暮らしです。それぞれのプライバシーはしっかりと守るようにしましょう。
そして、程よい距離感が保てることで、各々の暮らしを守りつつ安心して暮らすことができます。朝晩の就寝時間や活動時間、食事の時間など、世代が異なれば考え方や生活時間帯のズレが生じます。お互いが心地よく過ごし続けられる距離感が大切です。

 

生活費の内訳を相談しておく

生活していく上で必要不可欠な生活費。二世帯住宅で共に暮らすとなると、費用の内訳をどうするかを話し合っておきましょう。
食費一つとっても、食べ盛りの子どもたちがいる子世帯と、体に優しい自然食品を好む親世帯とではかかってくる食費が大きく違います。電気代も、日中家で過ごす親世帯と夜だけ家で過ごす子世帯では、使用量は異なるでしょう。どう支払いをするのか、内訳はどうするのかをあらかじめしっかりと決めておくことで、後々のトラブルや不満、わだかまりを避けることができます。

 

両世帯が歩み寄る姿勢を

赤の他人同士が一緒に暮らす夫婦生活だけでも、大変に感じることはたくさんあります。そこに相手のご両親が関わってくると、さらに異なる価値観が交わることになります。
暮らしていく中で、お互いが歩み寄る姿勢を見せなければ、うまくいくこともうまくいかなくなってしまいます。歩み寄りながらも、お互いに気兼ねなく伸び伸びと暮らせるように、お互いを理解する姿勢と違う人間同士であるという視点を保つことが大切です。

 

 

施工実例

 

 

笑顔が絶えない二世帯住宅での暮らしを

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅での暮らしは、間取りのポイントをしっかりと押さえ、暮らしの満足度を上げる方法を理解しておけば、きっと楽しい笑顔の絶えない暮らしが実現します。
家づくりを始める段階から、しっかりとコミュニケーションをとりながら理想の暮らしを実現していきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、
素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅