せっかく平屋の家を建てるのであれば、デザイン性の高い素敵な家づくりがしたいですよね。とはいえ、デザイン性の高い平屋にするためにはどんな間取りにして、どんな外観にしたらいいのかがわからない…という方も多いのではないでしょうか。雑誌やSNSに素敵な家はたくさん出てきますが、実際にどんな工夫をしているのかを知りたいですよね。

今回は、平屋の家をおしゃれにするポイントと間取りの考え方を、余すところなくご紹介します。これからの家づくりの参考にして頂ければ幸いです。


コラムのポイント
・平屋の家には、家族をいつも身近に感じられる、ランニングコストを削減できる、安心のバリアフリー、動きやすいなどの魅力があります。
・外観をおしゃれにするためには、外観、屋根、窓、庭、色選びそれぞれのポイントを押さえておくことが大切です。
・平屋の間取りを考える際は、・周りの環境やプライベート空間の確保、防犯対策などに考慮することで、理想の家に一歩近づくことができます。

 

 

 目次

◼ 平屋の家とは
・平屋の魅力
家族をいつも身近に
ランニングコストの削減
安心のバリアフリーの家
動きやすい家の中

◼ 平屋の家をおしゃれにするポイント
・ポイント① 外観
・ポイント② 屋根
・ポイント③ 窓
・ポイント④ 庭
・ポイント⑤ 色選び
◼ 間取りの考え方
・周りの環境を考慮する
・プライベート空間の確保
・防犯対策
◼ おしゃれな平屋の家を建てよう!

 

 

 

施工実例


 

 

平屋の家とは

alt=“”見出し画像 東京 平屋

平屋の家は、一階建て、ワンフロアのみで出来上がった家のことを言います。二階建ての家に比べて設計が容易で、小さいお子様でも高齢者でも動きやすいという魅力があります。

 

平屋の魅力

『平屋の家』には、たくさんの魅力があります。

 

家族をいつも身近に

常に家族を身近に感じることができます。コミュニケーションもとりやすく、いつも気配を感じながら過ごす暮らしを目指す方にはぴったりでしょう。

 

ランニングコストの削減

住宅は、長く住めば住むほど維持費用や修繕費用がかかります。数年ごとにかかるこの費用も、平屋住宅なら抑えることができます。

平屋住宅は二階建て住宅に比べ、修繕時に組む足場も使う塗料も少なくて済みます。また、作業にかかる人件費も抑えることもできます。定期的・長期的にこの費用を抑えることができるため、ランニングコスト削減になります。

 

安心のバリアフリーの家

平屋住宅には階段がないため、高齢の方や小さいお子様にとっては体への負担がありません。避けられる事故を事前に避けることができるので、とても暮らしやすい空間です。

 

動きやすい家の中

生活する中で生まれる家事をする時間や動きを、最低限に短縮することができます。特に階段の行ったり来たりがないため、スムーズに動くことができます。

 

 

 

 

平屋の家をおしゃれにするポイント

alt=“”見出し画像 東京 平屋

平屋の家は、おしゃれにするためにおさえておきたいポイントがいくつかあります。

 

ポイント① 外観

パッと見た時に、家の素敵さだけでなく住む人のセンスまでもが分かってしまう外観。この外観は、家のイメージを大きく左右します。

白い外観であればスッキリと爽やかな印象に、黒い外観であればスタイリッシュな印象に…と自由に印象を操ることができます。

 

外観部分が、二階建てや三階建て住宅に比べ面積が少ないため、ツートーンカラーや材質の変化などで、遊びを持たせることは難しいかもしれません、しかし、その分うまくイメージを作り上げることで唯一無二の外観に仕上げることができます。

 

 

ポイント② 屋根

屋根の形も、家の雰囲気を大きく左右します。三角屋根の家と、平面屋根の家とでは雰囲気が違う…というのは容易に想像がつくのではないでしょうか。

どんなデザインを選ぶかによって、実際のサイズよりも大きく見せることも可能になります。また、屋根の形次第ではロフトを設置することもできます。

外観の雰囲気に合わせて、屋根の材質や形、色使いを工夫していくとで、よりおしゃれな平屋の家に仕上げることができます。

 

 

ポイント③ 窓

窓の形は、想像以上にデザイン性を左右します。普段目にする四角い窓だけでなく、丸い窓、正方形の窓など様々な形があります。

よく見る引き戸タイプの窓も、整然と並べることでスタイリッシュな雰囲気に仕上げ得ることは可能ですし、カーテンやブラインドの色を工夫することでインパクトを与えることもできます。

 

 

ポイント④ 庭

家の雰囲気を決めるのは、家そのもののデザイン性だけではありません。家の周りを取り巻く、庭も大切な要素です。

シンボルツリーを植える、緑豊かにする、テラスやウッドデッキを設置する、というだけでも雰囲気は大きく変わります。家から少し離れて見てみることで、このくらいの高さの木があれないいな、こんな植物を植えたいな、などぜひイメージして庭づくりを進めていきましょう。また、テラスやウッドデッキの素材や色をどうするかによってもおしゃれに仕上がるかどうかが変わります。トータルコーディネートをする、という目線で仕上げてみましょう。

 

 

ポイント⑤ 色選び

デザイン性だけでなく、どんな色にするかでおしゃれになるかどうかが決まります。

ただ自分の家の外観だけ考えればいい、というわけではなく、周りの家との調和を考えながら、より家が引き立つ色を選ぶことが大切です。

ホワイト、ブラック、グレー、クリーム、ブラウン、などオーソドックスな色の中に、濃淡を変えた色味を加えることでそれぞれの良さを引き立たせることもできます。家族が落ち着く、家に求める雰囲気に合った色を選びながら、バランスをとっていきましょう。

 

施工実例

 

間取りの考え方

alt=“”見出し画像 東京 平屋

平屋の家を建てる時は、間取りの考え方にポイントがあります。

 

周りの環境を考慮する

家の外観や色選び意外にも、家の周りの環境を考慮することは大切です。

家の周りが高い建物ばかりだと、せっかくの平屋の良さも裏目に出てしまいます。また、今はよくても、後々大きなマンションが立ち並ぶ予定であれば、せっかくの日当たりも風通しもかき消されてしまいます。

平屋の家を建てようとしている場所がどのような環境なのか、のちにどんな開発がされる予定なのかはあらかじめ調べておきましょう。

 

 

プライベート空間の確保

平屋の家は、家族を身近に感じることもできますが、その分プライベート空間を確保しにくい環境でもあります。家族内の生活リズムの違い、お隣の家との距離感、道路に面したリビングなど、様々な視点から見て、各々のプライベート空間が確保できているかを考えて間取りを考えていきましょう。

 

 

防犯対策

平屋の家は、道路に面していたりリビングがすぐに覗き込めたりと、防犯対策に関しては弱い部分があります。そのため、二階建ての家以上に防犯対策が必要な家でもあります。

長時間留守にしていても分かりにくい間取り、外部からの侵入に気付きやすい間取りにしておく必要があります。防犯対策のために高い塀を設置したり植物を植えたりしてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。様々な視点で考えて、防犯対策をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

おしゃれな平屋の家を建てよう!

alt=“”見出し画像 東京 平屋

平屋の家は、工夫次第でいくらでもおしゃれに仕上げることができます。様々な建築実例やSNS、雑誌などを参考にし、ここを参考にしたい!という部分をピックアップしながら、家づくりに活かしていきましょう。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、

素敵な家づくりをお手伝いしています。

東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。