alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

二世帯住宅の建築を考えているものの、お互いの生活リズムを尊重したい、生活空間はしっかりと分けたい。親世帯、子世帯ともにそのような考えをお持ちであれば、選ぶべきは『完全分離型』の二世帯住宅です。完全分離型の場合、お互いの存在を身近に感じながらも暮らしを分けることができ、税金などの経済的なメリットもあります。

今回は、完全分離型・二世帯住宅のポイントや税金について、間取りを考える時に大切にしたいことなど気になるポイントをまとめてご紹介します。

これからの家づくりに、お役立てください。

 


コラムのポイント
・二世帯住宅は、親世帯、子世帯が一緒に暮らすタイプの家です。その中の『完全分離型』は、親世帯、子世帯が適度な距離感を保ちながら一緒に暮らすことができます。過度に干渉することなく、気を使いすぎて疲れてしまうこともなく、程よい距離感を保てます。
・二世帯住宅を建てる場合、不動産取得税や固定資産税、住宅ローン減税など様々な税金面での優遇や控除を受けることができます。
・二世帯住宅を建てる際は、お互いのライフスタイルや経済面、将来ビジョンなど様々な角度から検討した上で、理想とする間取りや暮らしを考えていくようにしましょう。

 

 目次
◼ 完全分離型の二世帯住宅
・タイプ① 完全同居型
・タイプ② 部分共有型
・タイプ③ 完全分離型

◼ 税金はどう変わる?
・不動産取得税
・小規模住宅用地などの適用
・住宅ローンの減税

◼ 【二世帯住宅】家づくりのポイント
・将来ビジョンを考える
・ライフスタイル
・家族構成
・お金のこと

◼ 目指すはお互いを尊重した生活スタイルの確立

 

 

施工実例

 

 

完全分離型の二世帯住宅

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅は、親世帯、子世帯が一緒に暮らすタイプの家です。しかしその中には、リビングやお風呂などを共有するタイプや、すべての生活スペースを分離するタイプなど、様々なタイプに分けることができます。

 

タイプ① 完全同居型

風呂、トイレ、リビング、玄関など、寝室以外のすべての部屋を共有する間取りを『完全同居型』といいます。

タイプ② 部分共有型

リビングだけ共有、風呂やトイレなどの水周りだけを共有、というように、部分的に部屋を共有する間取りを『部分共有型』といいます。

タイプ③ 完全分離型

同じ敷地に建っている家であっても、玄関、リビング、キッチンなどすべてが別々になっているのが『完全分離型』です。

 

今回ご紹介するのは、完全分離型の二世帯住宅です。
このタイプは、親世帯、子世帯が適度な距離感を保ちながら一緒に暮らすことができます。過度に干渉することなく、気を使いすぎて疲れてしまうこともなく、程よい距離感です。

2つの世帯が共に暮らすため、いざ建てるとなるとそれだけのスペースが必要になるのと、建築費もかかります。しかし、そこを上回る満足度の高い暮らしが実現します。

ライフスタイルも価値観も異なる2つの家族が、仲良く時に助け合って暮らすことができるのです。

 

 

 

 

税金はどう変わる?

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅を建てる場合、様々な税金面での優遇や控除を受けることができます。

 

不動産取得税

新しく家を建てた場合、不動産取得税がかかります。これは

固定資産税評価額(課税標準額)×3%

という税率で2020年1月現在、計算されています。この時、50㎡以上240㎡以下の床面積で居宅要件を満たす物件であれば、1世帯当たり1,200万円の控除を受けることができます。

この時、建てた家が二世帯住宅だった場合、2世帯分の2,400万円の控除を受けることができるのです。

 

 

小規模住宅用地などの適用

住宅用の土地のうち、住戸一戸あたり200㎡までの部分を小規模住宅用地といいます。

固定資産税の軽減

200㎡以下の部分(小規模住宅用地)… 課税標準の1/6に軽減
200㎡超の部分(一般住宅用地)… 課税標準の1/3に軽減

都市計画税の軽減

200㎡以下の部分(小規模住宅用地)… 課税標準の1/3に軽減
200㎡超の部分(一般住宅用地)… 課税標準の2/3に軽減

 

二世帯住宅の場合、二世帯分の400㎡までが小規模住宅用地扱いになります。

*2020年3月31日までに新築されるものが対象

 

 

住宅ローンの減税

家を購入する際に組んだ住宅ローンは、残高に応じて所得税や住民税が控除されます。

2014年1月1日~2021年12月31日までに住宅を取得している場合

・1~10年目の年末残高等×1%(上限額40万円)を控除
・10年間で最大400万円を控除
・長期優良住宅の場合上限50万円までを控除

となります。2020年1月現在は、消費税引き上げ後の住宅購入支援のため、住宅ローン減税の控除期間は3年間延長されています。

 

このように、二世帯住宅を立てることで数々の控除を受けることができるのです。

 

 

施工実例

 

 

 

【二世帯住宅】家づくりのポイント

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

お互いの生活は別々だから…といっても、快適に暮らしていくためにはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

 

将来ビジョンを考える

親世帯は、今は元気だとしても、いつ寝たきりになったり介護が必要になったりするかわかりません。バリアフリーにした造りにしておくとともに、訪問介護や在宅介護などにも対応できるようにしておきましょう。

 

ライフスタイル

リタイアした親世帯と、働き盛りで子どもも小さい子世帯では、ライフスタイルが大きく異なります。どちらかが就寝している間、どちらかが賑やかに過ごしている、ということも多々あります。

防音対策をしておく、水回りは近くに統一しておく、などお互いの暮らしに配慮するようにしましょう。また、玄関を離しておくのもお勧めです。

 

お金のこと

生活スペースが分かれているため、水道代や食費などは別々にすることができます。しかし住宅ローンや建築費、車を所有する場合のガソリン代や車検代など、両世帯が負担する費用は発生します。

どちらかの世帯ばかりの負担になっている、偏っている、となるのはトラブルのもとです。どちらの世帯がどれだけの費用を負担するのか、どのような割合で負担するのかは、最初の段階でしっかりと話し合っておきましょう。

 

 

 

 

目指すはお互いを尊重した生活スタイルの確立

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅、と聞くと、生活リズムの違いや食の違い、子育てに対する価値観など様々な違いによって失敗や後悔が多いものだと感じている人も少なくありません。しかし、『完全分離型』というスタイルにすることで、お互いの距離感は適度に保たれぐっと快適な暮らしになります。

大切な家族のすぐそばで、お互いを見守りながら暮らし続けたい…という理想があるのであれば、これからの家づくりにぜひ取り入れてみることをお勧めします。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。

東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅