のんびりとした郊外に平屋を建てたいな、できればガレージハウスにしたいな…家づくりに対して、そんな夢をお持ちではないですか?平屋は家族の距離が近く、いつも身近に感じながら暮らすことができます。さらに大好きな車を常に眺められる環境があるとなると、家で過ごす時間に大きな幸せを感じることができますね。

今回は、平屋をガレージハウスにするメリットと建築時のポイントをご紹介します。家づくりを始める前に、ポイントをしっかりと押さえておき、満足できる家を完成できるようにしておきましょう!

 


コラムのポイント
・ガレージハウスとは、家とガレージが一体型になっているものをいいます。車をいつもすぐそばに感じることができ、安心の防犯性でガレージ以外の用途も多く、固定資産税の減税にもなります。
・平屋をガレージハウスにする際は、排気口の場所を工夫し、間口の強度を上げるようにしましょう。また、車の台数と車種によって部屋数と間取りも変わります。総合的に考えて工夫をするようにしましょう。
・どんどんわがままを言い、車と家が共存する素敵な家づくりを行いましょう!

 

 

 

 目次

◼ ガレージハウスとは?
・車をいつもすぐそばに
・安心の防犯面
・趣味を満喫する使い道
・固定資産税の減税

◼ 平屋にガレージハウスにするポイント
・ポイント① 排気口の場所
・ポイント② 間口の強度
・ポイント③ 部屋数と間取り

◼ 建築実例

◼ 家と車が共存する暮らし

 

 

施工実例

 

 

ガレージハウスとは?

alt=“”見出し画像 東京 平屋の家 ガレージハウス

ガレージハウスとは、家とガレージが一体型になっているものをいいます。

 

元々車が好きでガレージは必須、趣味も楽しめる家づくりをしたい、という方の多くに選ばれていますが、最近では郊外という土地の広さを活かしてガレージハウスにする方も増えてきています。

都心の場合、利便性はいいかもしれませんが、注文住宅を建てるとなるとどうしても土地や費用の関係で狭小住宅という選択になってしまいます。しかし同じ東京でも、少し都心を離れただけでゆとりある土地があり、家族皆がのんびりと過ごせる平屋やガレージハウスを建てることができるのです。

 

 

車をいつもすぐそばに

ガレージハウスは、車が常に身近にあります。車が大好きな方、防犯面を考慮してすぐそばに置いておきたい方にとっては安心の造りです。

また、自転車やバイクも並べることができます。コレクションしている人にとって、大好きなバイクや自転車がいつも目に入るのは最高です。インテリアの邪魔にならず、置き場所に困ることもないので、スペースについて夫婦で揉めることもなく安心です。

 

安心の防犯面

遠く離れた駐車場に車を置いていたら、いたずらや盗難が気になります。子どもたちが遊んでいる時にボールがぶつかったり、隣の車に擦られたり…なども起きかねません。

ガレージハウスであれば、そんな心配は無用です。常に目が行き届くため安心です。

 

趣味を満喫する使い道

ガレージだからといって、車やバイク、自転車を保管する場所だけにしておくのは勿体無い!ガレージハウスは、趣味を満喫するスペースとしても十分に活用できます。

例えば、アウトドアグッズの保管場所にしたり、集めているフィギュアを飾ったり、週末にミニキャンプをしてみたり、雨の日の子どもたちの遊び場になったり…。使い方は無限大です。ガレージとしてももちろん、車やバイクのカスタマイズに集中することができます。多種多様な使い方を楽しむことができるでしょう。

 

固定資産税の減税

延べ床面積のうち、1/5以下をガレージとして使用した場合、ガレージ部分は固定資産税の計算外となります。そのため、ガレージハウスは固定資産税の削減にもなります。(*自治体によって計算方法が異なります)

地価が高い場所、平屋を建てるためにある程度の広さの土地を購入している場合などは大きなメリットでしょう。

 

 

 

ガレージハウスは、常に車や自転車、バイクが身近にあります。車のある生活は、これから始まる新しい暮らしを、より豊かなものにしてくれるのです。

 

 

 

 

平屋にガレージハウスにするポイント

alt=“”見出し画像 東京 平屋の家 ガレージハウス

住空間がワンフロアに限られている平屋をガレージハウスにする場合、間取りを考える際に幾つかポイントがあります。

 

 

ポイント① 排気口の場所

ガレージハウスは家と一体になっているため、換気問題が伴います。車やバイクから出る排気ガスをどう室外に逃がすか、という対策を練っておくことが大切です。

特に平屋の場合、排気ガスが家の中全体に充満してしまうという危険もあります。換気扇の設置場所、窓の設置場所などを工夫し、常に快適な空気を保つことができるようにしておきましょう。健康維持のためにも、大切なポイントです。

 

 

ポイント② 間口の強度

ガレージハウスは、車を出し入れするために、家に大きな開口部を設置する必要があります。大きな開口部を設置するとその分、家の強度が下がってしまいます。

平屋の家は元々、受ける荷重が屋根だけで、横風に強く地震の揺れにも強い造りです。しかし、開口部が大きくなることでその分強度が落ちてしまいます。これらを考慮して、耐震性能を上げ、より丈夫な家づくりをする必要があります。

 

 

ポイント③ 部屋数と間取り

車を何台所有するかによって、ガレージの広さが変わるだけでなく、平屋の場合は住居スペースの広さにも影響があります。

 

自動車はどんな車種を何台保有するのか、について家づくりを始める前に検討しておきましょう。家族の人数や用途、使う頻度などを考慮して決めていくようにします。ガレージ部分が広くても、住居スペースが狭くなってしまったら本末転倒です。

また、何台所有するかでガレージを家のどの部分にするかを決め、車の出し入れのしやすさもあわせて決めていく必要があります。無理のある間取りにしてしまうと、車の出し入れがしにくかったり、そのために使用頻度が落ちてしまったり、と不都合なことが起こります。

プロの意見も聞きながら、間取りを決めていくと良いでしょう。

 

 

 

 

建築実例

alt=“”画像 東京 平屋住宅 alt=“”画像 東京 平屋住宅 alt=“”画像 東京 平屋住宅

空間を最大限利用した平屋

 

alt=“”画像 東京 平屋住宅 alt=“”画像 東京 平屋住宅 alt=“”画像 東京 平屋住宅

こだわり満載のガレージハウス

 

 

 

家と車が共存する暮らし

alt=“”見出し画像 東京 平屋の家 ガレージハウス

平屋の家をガレージハウスにすることは、不可能ではありません。家族と車、生活に携わるもの皆が『共存』して生きていくことができます。

長い人生、快適な家で落ち着く暮らしをしたいとお考えの方にとっては、ぴったりの選択でしょう。

 

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、

素敵な家づくりをお手伝いしています。

東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅