alt="東京 平屋住宅"

家の雰囲気を大きく左右する外観。どんな外観にするかで、その家の雰囲気は大きく変わります。せっかく建てるのであれば、理想をたっぷり詰めこんだ素敵な外観に仕上げたいですよね。
素敵な外観に仕上げるには、屋根の形やどんな色使いにするかなど、家づくりに欠かせないポイントがいくつかあります。今回は、そんな外観を形づくるいくつかのポイントをまとめてご紹介します。今後の家づくりの参考になれば幸いです。

 



コラムのポイント
・平屋とは、ワンフロアの中に全ての住居スペースがある1階建ての家のことです。階段の上り下りがなく、いつも家族はすぐそばに感じることができます家事をしながらラクラク移動できたり、空調効率が良かったりと多くの魅力があります。
・外観を考える時は、屋根の形や窓の形、サイズ、色使い、中庭のデザインをどうするかがポイントです。
・理想や夢をたっぷりと詰め込んで、素敵な家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次

◼ 平屋の家づくり
・いつも家族はすぐそばに
・家事をしながらラクラク移動
・空調効率アップ

◼ 外観を考える時のポイント
・屋根の形
・窓の形やサイズ
・色使い
・中庭のデザイン

◼ 空間を最大限利用した平屋の家

◼ 家づくりには夢を詰め込んで

 

 

施工実例

 

 

平屋の家づくり

 alt="東京 平屋住宅"

平屋とは、ワンフロアの中に全ての住居スペースがある1階建ての家のことです。階段の上り下りがなく、開放的な空間の中で過ごすことができる快適な住まいです。小さなお子様から年齢を重ねた高齢の方、全ての世代の方々のバリアフリー空間が実現します。

いつも家族はすぐそばに

いつも家族を身近に感じられる、それが平屋です。家の中にいれば、誰もが家族を身近に感じられるのでは、と思うかもしれません。平屋は家族がリビングやダイニングに集まりやすい空間になっています、そのため、二階建てのように家族がバラバラに過ごす…ということがほとんどありません。

家事をしながらラクラク移動

掃除機を持って階段を登ったり降りたり、洗濯物を抱えて廊下を行ったり来たり…。生活していく上で切り離せないのが家事ですが、平屋はこの家事もラクラクスムーズにしてくれます。家事を減らすことによって、負担を大きく取り除くことができます。

空調効率アップ

平屋はワンフロアに暮らしが凝縮されています。そのため、空調管理がしやすくなります。日差しも良く当たり、風通しの良い間取りであれば、毎日を快適な環境が整った家の中で過ごすことができます。

 

 

 

外観を考える時のポイント

 alt="東京 平屋住宅"

家づくりで外観を決めていく時、知っておきたいポイントがいくつかあります。

屋根の形

三角の屋根、平べったい屋根、片側に流れるようなデザインの屋根…というように、屋根の形をどうするかによって家の雰囲気は大きく変わります。
また、屋根にどう勾配をつけるかによっては天井を高くすることができるので、室内の雰囲気も変えることができます。

和風の雰囲気にしたい、洋風のスタイリッシュなデザインにしたい、など屋根の形状によって雰囲気を変えることができるので、理想とする雰囲気に合わせて屋根のデザインを選ぶようにしましょう。

窓の形やサイズ

窓の形やサイズ、どの位置にあるかによって、外観は大きく変わります。最近は、壁一面に広がるようなデザインの窓を設け、開放感のある家にする方も増えてきています。

窓の形やサイズをどうするかは、外観の雰囲気に影響するだけでなく、採光や風通しにも大きく影響します。あまりに少なかったり低い位置ばかりにあったりすると、しっかりと採光をし、風を家の中に行き届かせることができません。外観とのバランスを考えながら、形やサイズを決めていきましょう。
また、採光や開放感を考えて大きな窓にした場合、防犯面も考慮しておきましょう。人の視線が気にならないように、家の中を覗かれにくいようにしておくと安心です。

 

施工実例

 

色使い

デザイン以外にも、どんな色使をするかによって外観はガラッと雰囲気が変わります。どんな色を使うかによって、シックにすることもモダンにすることも、柔らかい雰囲気にすることもできます。
白やグレーといった基本的な色をメインで使いながら、黒やベージュ、ブラウンなどの色を差し込んでいくと様々なデザインにすることができます。赤や黄色、緑といった色もトーンを抑えたり面積を少なくしたりすることで、効果的な差し色として使うことができます。
柔らかい優しい色ばかりの場合、年月が経つとどうしても汚れが目立ちやすくなってしまうので、あまり汚れを目立たせたくない…という場合はグレーや黒を積極的に選ぶと良いでしょう。

中庭のデザイン

外観を決める中で、中庭のデザインは一見関係ないように感じるかもしれません。しかし、中庭のデザインは外観を活かす役割があります。絵画にフレームをつけることによって絵画が生き生きと輝き出すように、家の外観も中庭があることでさらに輝きを増すのです。
また、中庭には明るさや開放感を創りだし、空間と空間を繋げる役割もあります。室内で過ごす家族と、中庭で遊ぶ子どもたちとがつながる感覚を持ちながら過ごすことができます。

 

 

 

空間を最大限利用した平屋の家

 alt="東京 平屋住宅"

空間を最大限利用して建てられた、平屋の家をご紹介します。

スキップフロアを効果的に使って建てられた家。平屋とは感じないほどの、有効活用された空間が魅力です。

 alt="東京 平屋住宅"

『何に使う?』と妄想がふくらむスペース。収納庫として、子どもたちの秘密基地として、使い方は無限大です。

 alt="東京 平屋住宅"

梁を活かして重厚な雰囲気に仕上がった寝室。

 alt="東京 平屋住宅"

リビングにもたくさんの光が降り注ぎます。ダイニングテーブルとシステムキッチンが一直線になっていることで、こちらも家事動線が整っています。

 alt="東京 平屋住宅"

室内に太陽の光がたっぷりと降り注ぐ大きな窓。外から見た時のデザイン性もバッチリです。

 

 

 

家づくりには夢を詰め込んで

 alt="東京 平屋住宅"

平屋の家は、どんな屋根にするか、窓の形やサイズはどうするか、色使いをどうするかによって雰囲気が大きく変わります。こだわり一つで様々な表情を見せてくれると思うと、どんなデザインにするか夢が広がりますね。
外観を考える時のポイントを活かして、素敵な家づくりをご一緒に進めていきましょう!

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、
素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/