alt="東京 平屋住宅 二世帯住宅"

両親や子ども夫婦との暮らしを考えた時に、選択肢として挙げられる二世帯住宅。ある程度の広さが必要になるため、平屋を二世帯住宅にするのは難しい…と思う方も多いかもしれません。しかし、平屋でも二世帯住宅にすることは可能です。平屋ののんびりとした雰囲気を大切にしながら、三世代が笑顔で暮らす姿を想像するとワクワクしてきますね。
今回は、平屋で二世帯住宅を建てる際に知っておきたいポイントと、家づくりの注意点をご紹介します。これから始める家づくりの参考になると幸いです。

 


コラムのポイント
・平屋を二世帯住宅で建てることは可能です。二世帯住宅には完全共有型、部分共有型、完全分離型の3つのタイプがあるので、求める暮らしにあったスタイルを選びましょう。
・間取りを決める際は、お互いの家づくりに求める条件を確認し、どの二世帯住宅スタイルにするかを明確にしておきましょう。
・二世帯住宅を後悔しないために、両世帯の距離感を保つ、プライバシーの確保を意識しておく、生活音への配慮をする、といった工夫が必要です。


 

 目次
◼ 平屋を二世帯住宅にするのは可能?
・タイプ① 完全共有型
・タイプ② 部分共有型
・タイプ③ 完全分離型

◼ 間取りのポイント
・お互いの条件を確認
・どの二世帯住宅スタイルにするか

◼ 二世帯住宅を後悔しないために…
・両世帯の距離感を保つ
・プライバシーの確保を意識しておく
・生活音への配慮

◼ 理想の二世帯住宅の暮らしを実現しよう

 

 

施工実例

 

 

 

平屋を二世帯住宅にするのは可能?

 alt="東京 平屋住宅 二世帯住宅"

二世帯住宅、と一口に言っても、二世帯住宅には様々なタイプがあり、大きく3つに分けられます。まずはどんなタイプがあるのかを確認しておきましょう。

タイプ① 完全共有型

『完全共有型』は、リビングやキッチン、お風呂やトイレなど全ての空間を共有するタイプのことです。プライバシーはあまりないのですが、常にお互いの存在をそばに感じながら暮らすことができます。

タイプ② 部分共有型

『部分共有型』は、生活空間をリビングだけ、水周りだけ、と部分的なスペースを共有するタイプのことです。距離感を大切にしながら、共に過ごす空間も確保することができます。建築時の費用もある程度抑えることができます。

タイプ③ 完全分離型

『完全分離型』は、完全に生活空間が分かれているタイプのことです。リビングやキッチン、お風呂トイレなど全てが2つずつあるため、お互いの生活に干渉することがありません。プライバシーはしっかりと守ることができますが、建築時の費用がかかります。

平屋という限られたスペースの中で、完全分離型の二世帯住宅を建てるのはやや難しいかもしれません。しかし完全共有型や部分共有型であれば、予算や土地の広さが許す限り家づくりは可能です。

 

 

 

間取りのポイント

 alt="東京 平屋住宅 二世帯住宅"

平屋で二世帯住宅を建てる時、まずは親世帯子世帯それぞれがどのような暮らしをしたいのかイメージを膨らませ、暮らしのスタイルを決めていくと良いでしょう。

 

お互いの条件を確認

リビングやキッチンの広さ、お風呂の設備、庭の広さなど、家に何を求めているのかは人によってそれぞれです。どんなスタイルや暮らしを求めているのかを、あらかじめまとめておきましょう。
各々が求める条件をすり合わせていくことで、理想とする家づくりができるだけでなく、後々の不満やトラブルが起こりにくくなります。話し合いが平行線になる場合は、どうしても譲れない第一条件をまずは擦り合せるようにしていきましょう。

 

どの二世帯住宅スタイルにするか

二世帯住宅の間取りのタイプは、先ほどご説明したように3つに分けることができます。どのタイプにするのかを決めていきましょう。
建築費を最低限に抑えたいのか、お互いの距離感を大切にしながら暮らしたいのか、など何を大切にしているかによって選ぶ間取りタイプは異なります。一度建ててしまうと変更することは難しいので、暮らしのイメージを膨らませながら決めていくと良いでしょう。

 

 

 

二世帯住宅を後悔しないために…

 alt="東京 平屋住宅 二世帯住宅"

ある程度、二世帯住宅のイメージが固まってくると家づくりはスムーズに進めることができます。ただ、今一度改めて二世帯住宅での暮らしの注意点を確認しておくことで、のちに生じる後悔を最小限に抑えることができます。

 

両世帯の距離感を保つ

価値観や生活スタイルが異なる世代が共に暮らす以上、だんだんと違いが浮き彫りになってきます。お互いの暮らし方に違和感を感じてしまい、口出しをしたり無理に合わせようとしたりし始めると、お互いにストレスに感じてしまう可能性もあります。
生活時間帯だけでなく、価値観の違いも大きな違和感に感じてしまうのが二世帯住宅での暮らしです。価値観の違いは時に大きなトラブルに発展します。お互いの生活スタイルと心を大切にしながら共に暮らしていくことが、二世帯住宅での暮らしを快適にするポイントです。

 

プライバシーの確保を意識しておく

離れて暮らしていた時はわからなかったことも、一緒に暮らし始めると見えてくることがたくさんあります。お互いの人間関係や休日の予定、経済状況など自然と見えてくるため、ほとんど筒抜けになってしまいます。
部分共有型や完全共有型になると、プライバシーを確保するのが難しくなってきます。いい関係を築くためにも、お互いのプライバシーは守る、立ち入らない、といった配慮が大切です。事前に、プライバシーを守るためのルールを決めておく、定期的に話し合いの場を設ける、など決めておくと良いでしょう。

 

生活音への配慮

親世帯と子世帯では生活リズムが大きくことなります。親世帯が起きて活動を始める時間帯に子世帯はまだ寝ていたり、親世帯が就寝中に孫たちが元気に活動したり…というのは日常茶飯事です。その中で生じる足音やテレビの音、水道を使う音に敏感になってしまうことは避けられません。
生活リズムの違いを考慮した上で、家づくりの時にできる工夫をしていくことが大切です。防音性・遮音性の高い建材を使って家づくりをする、寝室と水回りは離した間取りにする、など対策をしておきましょう。お互いにストレスを感じないような環境を整えておくことが大切です。

 

施工実例

 

 

 

理想の二世帯住宅の暮らしを実現しよう

 alt="東京 平屋住宅 二世帯住宅"

平屋で二世帯住宅を建てることで、階段の上り下りをなくしたり室内での移動をスムーズにしたりと、歳を重ねても快適な暮らしを保つことができます。それは高齢者だけでなく、小さな子どもたちにとっても同様です。バリアフリーという視点で見た時に、平屋の家は動線の設計がしやすいという利点もあります。

誰もが暮らしやすい平屋の家、二世帯住宅の家。長い人生の生活の基盤として、選んでみるのもいいかもしれませんね。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

【二世帯住宅】完全分離型のポイント・間取り・税金総まとめ

【実例もご紹介】失敗しない!二世帯住宅の間取りの考え方