alt="東京 注文住宅 平屋住宅"

平屋の家を建てるなら、おしゃれで素敵な平屋の家を建てたい!これは誰もが思い描く、家づくりに対する夢ではないでしょうか。

見た目から中身までおしゃれな平屋の家にするためには、いくつかのポイントがあります。そのポイントをしっかりと押さえながら、自分たちの理想を詰め込んでいくことで、みんなが大満足の家づくりをすることができます。今回は、平屋の家をおしゃれにするポイント、おしゃれさだけでなく暮らしやすさもアップするための工夫をまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・平屋の家には、基礎基盤の安定や家族とのコミュニケーションの取りやすさ、ワンフロアのバリアフリー空間などといったメリットがたくさんあります。
・平屋の家をおしゃれにするポイントは、屋根の形や窓の形とサイズ、外壁の色と質感、中庭のデザインなどが挙げられます。
・採光や風通し、防犯対策、動線、収納などもしっかりと考え、おしゃれで暮らしやすい平屋の家づくりを一緒に実現していきましょう!


 

 目次
◼ 平屋とは…
◼ 平屋の家をおしゃれにするポイント
・屋根の形
・窓の形とサイズ
・外壁の色と質感
・中庭のデザイン
◼ もちろん『暮らしやすさ』も忘れずに
・採光、風通し
・防犯対策はしっかりと
・考え抜いた動線を
・収納スペース
◼ 平屋の建築実例
◼ おしゃれで暮らしやすい平屋を建てる!

 

 

施工実例

 

 

平屋とは…

 alt="東京 注文住宅 平屋住宅"

平屋の家は、2階部分の無い、1階だけの家の事をいいます。
・基礎基盤が安定している
・家族とのコミュニケーションを取りやすい
・ワンフロアのバリアフリー空間
・光熱費を抑えられる
などといったメリットがあります。

 

 

 

平屋の家をおしゃれにするポイント

 alt="東京 注文住宅 平屋住宅"

平屋の家をおしゃれにするためには、外側から見える部分にたくさんの工夫を施しましょう。

 

屋根の形

屋根がどんな形かによって、家の雰囲気は大きく変わります。片側に流れるようなデザイン、三角屋根など様々な屋根の形があるので、理想とするデザインにフィットする形を選ぶと良いでしょう。
屋根の形は外から見たデザイン性も左右しますが、室内空間の雰囲気も左右します。外にも内にも働きかける大切な要素が詰まっていることも意識しながら決めていくと良いでしょう。

 

窓の形とサイズ

窓といっても、四角い窓ばかりではありません。丸い形や開け閉めできないタイプのものなど、様々です。どんな形の窓をどこに設置するかによって、家のデザイン性は変わってきます。大きな窓を壁一面に設置した場合、とても開放感や抜け感がある家に仕上がるでしょう。バランスを見ながら、風通しや採光も合わせて考えていくことが大切です。

 

外壁の色と質感

どんな色使いにするか、どんな素材を使って外壁を仕上げるかによって、家の雰囲気は変わります。平屋は他の家に比べて外壁部分が少ないため、色や素材を合わせて楽しむということが難しいように感じるかもしれません。しかし、平屋だからこそ大胆なデザインを出し楽しめる部分でもあります。
白やグレーといった基本的な色をメインで使いながら、黒やベージュ、ブラウンなどの色を差し込んでいく。赤や黄色、緑といった色もトーンを抑えたり面積を少なくしたりすることで、効果的な差し色として使う。など様々な楽しみ方があります。

 

中庭のデザイン

中庭には、家そのものを活かす役割と家の中に光を届ける役割とがあります。絵に額縁をつけるとその絵の魅力が増すように、中庭があることで家そのものがぐっと魅力的になります。どんな木を植えるか、どんなガーデニングにするかによって、雰囲気は変わります。

 

施工実例

 

 

 

もちろん『暮らしやすさ』も忘れずに

 alt="東京 注文住宅 平屋住宅"

おしゃれやデザイン性にばかりこだわって、使い勝手の悪い暮らしにくい家になってしまっては本末転倒です。おしゃれさと暮らしやすさが共存してこその、『よい家』なのです。

 

採光、風通し

平屋という家の構造上、部屋の奥まで太陽光を届けるのが難しく、採光には頭を悩ませるかもしれません。しかし中庭があれば、中庭を介して部屋の奥まで太陽光を届けることができます。
そして、中庭に合わせて窓を配置することで、家中に空気を行き渡らせることができます。季節ごとに変わる風向きにも対応し、通気性をあげることもできます。太陽の光を浴びること、通気性がよく快適な湿度を保つことができる家に暮らすことは健康面にも大きな影響を及ぼすため、いかに採光と通気性をよくするかは大切です。

 

防犯対策はしっかりと

平屋は1階のみの家です。子どもたちが庭で遊ぶ姿、干している洗濯物、家の中に人がいるかどうか、全てが外から把握しやすい環境でもあります。人が近づくと自動的にライトが点灯する防犯センサーライト、人が歩くと大きな音が鳴る防犯砂利などできる対策をしておきましょう。

 

考え抜いた動線を

家族の動きが重ならないようにする生活動線、スムーズに家事を行い時間や労力の負担を減らす家事動線、など家の中には動線があります。普段暮らしている中ではあまり考えないかもしれませんが、よく考えておかないと後々不便さを感じる羽目になります。水回りを一箇所に集中させる、廊下の場所を工夫するなどできることはたくさんあります。プロの意見をしっかりと反映させると良いでしょう。

 

収納スペースの確保

もともと居住スペースの少ない平屋なので、収納が少なくなっても仕方がない…と諦めたくなってしまうかもしれません。しかし、間取りを考える時、家具を決める時、しっかり考慮することで収納スペースを確保することは可能です。
床下収納を多めに造る、ロフトを設置する、壁面収納で見せる収納にする、などできることはたくさんあります。

 

 

 

 

平屋の建築実例

デザイノが手がけた平屋の家をご紹介します。
それぞれのお家に家主様のこだわりや想いが詰まっており、世界に一つだけの家ばかりです。

 

ペットと暮らす家

空間を最大限利用した平屋

 

 

おしゃれで暮らしやすい平屋を建てる!

 alt="東京 注文住宅 平屋住宅"

平屋の家をおしゃれにするためには、どんな屋根にするか、窓の形やサイズはどうするか、色使いをどうするかなどできることがたくさんあります。こだわり一つでいくらでもおしゃれにできると思うと、どんなデザインにするか夢が広がりますね。今回ご紹介したポイントを活かして、素敵な家づくりをご一緒に進めていきましょう!

 

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例