alt="注文住宅 内装 見出し画像"

家づくりを進める中で、やはりこだわりたいのはどんな壁紙にするか、どんなフローリングの色にするか、インテリアや家具はどうするか、といった内装に関する部分ですよね。決めていく中で、どんなポイントに気をつけていればいいかがわかれば、理想通りの素敵な家づくりを進めていくことができます。
今回は、内装にこだわりたい方必見の配色や材質の選び方、内装でこだわるべきポイントなど、家づくりを進めていく中で欠かせないポイントをご紹介します。

 


コラムのポイント
・内装を決める時、どんな『配色』と『材質』にするかによって雰囲気が変わります。
・その上で、特に壁材、床材、照明にはこだわってみましょう。理想を形にするためには欠かせません。
・家具も内装と合わせてコーディネートしましょう。迷った時はプロ意見も取り入れながら、理想の家づくりを進めていきましょう!


 

 目次
◼ 内装は『配色』と『材質』にこだわる
・配色
・材質
◼ 内装の中で特にこだわるなら…ここ!
・① 壁材
・② 床材
・③ 照明
◼ 家具のコーディネートも忘れずに
◼ トータルコーディネートで理想の家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

内装は『配色』と『材質』にこだわる

alt="注文住宅 内装 見出し画像"

壁紙や床板、カーテン、家具など家づくりで決めることはたくさんあります。何をどう決めて行ったらいいのかがわからない…という方は、『配色』と『材質』にこだわって決めていくと良いでしょう。

配色

配色を決める時に大切なのは、『ベースアラー』『メインカラー』『アクセント』の3つをバランス良く選ぶことです。

ベースカラー

部屋の印象を決めるベースカラーは、毎日見ても飽きのこないような色を選ぶと良いでしょう。壁や天井、床などの色をさし、部屋全体で見た時に70%を占める色みがベースカラーです。ホワイト、オフホワイト、ベージュなどが選ばれています。
明るい感じにするのか、シックな雰囲気にするのか、といったように好みに合わせるのがポイントです。

メインカラー

部屋の主役になるメインカラーは、インテリアの主役になる色です。メインカラーが主役、ベースカラーは主役を引き立てる脇役、と考えると良いかもしれません。ソファーやラグ、カーテンなどに使い、部屋全体で見た時に25%を占めています。

アクセントカラー

インテリアのポイントとなるような、引き締める役割になるような色がアクセントカラーです。クッションやオブジェなどがこれに当たります。アクセントカラーが占めるのは部屋全体の5%ほどなので、ビビットな色やインパクトのある色などを選んでも部屋の雰囲気を損ないません。

これらの色をバランス良く選ぶことで、よりこだわった家に仕上げることができます。

 

施工実例

 

 

 

材質

全てプラスチックでできた製品を選んだり、全て木で出来上がった空間を選んだりするよりも、様々な材質のものを室内にちりばめることで、室内に奥行きが生まれます。

木材

内装には欠かせない、加工がしやすく丈夫な自然素材です。温かみがあり、リラックス効果があります。

壁紙、障子、ランプシェードなどに使われる紙は、柔らかな雰囲気を生み出します。

プラスチック

家具や小物といった身の回りの多くのものに使われています。ポップで軽い雰囲気にしたい、様々な色使いを楽しみたい時に欠かせません。

金属

アイアンのテーブル脚などインテリアに多く使われている金属は、重厚感を生み出します。どっしりとした雰囲気に仕上げたい時には欠かせません。

皮製品

お手入れが必要ですが、革製品があれば一気に高級感を演出できます。シックで大人な雰囲気に仕上げたい時に重宝します。

カーテンやラグなど、多くを占める布は柔らかさを出したい時に活躍します。

様々な素材が揃っていることで、空間に奥行きが生まれます。カタログを見るだけでなく、実際にショールームに足を運び目で見て触れることでイメージしやすくなります。
どんな内装にしたいのかというイメージを膨らませながら、決めていくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

内装の中で特にこだわるなら…ここ!

alt="注文住宅 内装 見出し画像"

内装を決める中でも、特にこだわって決めたいポイントをご紹介します。

① 壁材

壁材は室内の大部分を占めるため、素材、デザインにこだわって選ぶことが大切です。

ビニールクロスは、比較的安価で手に入れることができ、色やデザインなどのバリエーションが豊富です。凸凹の加工が施されたものやツヤのあるものなど、多くの中から選ぶことができるので、より好みの雰囲気に仕上げることができます。
漆喰や珪藻土といった自然素材の壁材もあります。漆喰は消石灰に糊や砂などを混ぜてつくるもの、珪藻土はケイソウという植物プランクトンの死骸が蓄積した土層から採取されたものです。それぞれ独特の雰囲気があるため、質感や機能性にこだわりたい方にはぴったりです。

② 床材

床材も部屋の雰囲気を大きく左右します。
フローリングは木目のもつ風合いを活かしながら温かみのある雰囲気に仕上げることができます。タイルを選べば、水や汚れに強い落ち着いた雰囲気になりますし、クッションフロアを選べば、お手入れがしやすく柔らかな足触りを常に楽しむことができます。

③ 照明

照明はインテリアとしてだけでなく、光で空間を演出する役割があります。パッと室内を明るく照らす蛍光灯や、ぼんやりと暖かみのあるくつろぎ感を演出する白熱灯があるので、空間でどんなことをして過ごしたいのかをイメージして選ぶと良いでしょう。
日本では、室内全体を照らすように天井に設置するのが一般的ですが、フロアライトやペンダントライトなど、光を楽しむ方法はいろいろあります。家づくりをきっかけに、照明を楽しむ生活を始めてみるのも良いですね。

 

屋上のある2世帯住宅

 

 

 

 

家具のコーディネートも忘れずに!

alt="注文住宅 内装 見出し画像"

どんな壁紙にするか、フローリングの色はどうするか、といったことに注力するのも大切ですが、家具のコーディネートも大切です。

部屋に合う家具でまとめる

家を建てて引っ越しをする際、今まで使っていた家具を持っていく、という方も多いでしょう。しかし、新しい家の雰囲気に合わない家具を置いてしまうと、せっかくこだわって建てた部分が台無しになってしまいます。
明らかに色が合わないもの、和風の部屋に洋風のデスクといったようなテイストが合わないものは、潔く手放しましょう。

素材の組み合わせでバランスをとる

内装の材質同様、家具も様々な素材を組み合わせることでおしゃれにまとめることができます。
同じ白い家具でも、木材、布、陶器、レザーなど素材を変えることで空間に奥行きが生まれます。センスに自信がない…という方でもすぐにできるやり方です。

 

 

 

 

 

トータルコーディネートで理想の家づくりを!

alt="注文住宅 内装 見出し画像"

こだわって造り上げた家で過ごす毎日は、より豊かさを感じながら過ごすことができます。ポイントを押さえながら、素敵な家づくりを進めていきましょう!

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例