alt="平屋 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅での暮らし。安心できる距離感で、共に暮らすことを考えるといい選択肢ですよね。しかし親も子どもも、お互いに気をつかった暮らしになるのでは…という不安も伴うのが現実です。家で過ごす毎日を、ストレスでいっぱいにしたくないという方がほとんどなのではないでしょうか。

しっかりと土地を確保でき、余裕を持って間取りを考えられる。そのような条件が整っているのであれば、平屋の二世帯住宅という選択がお勧めです。家族同士、ほどよい距離感を保ちながらそれぞれの暮らしを楽しむことができます。

今回は、平屋に二世帯住宅を建てる時に知っておきたい、二世帯住宅の種類や建てる時に注意点をご紹介します。これからの家づくりの参考になれば幸いです。

 


コラムのポイント
・二世帯住宅は、『完全共有型』『部分共有型』『完全分離型』の3つの種類に分けられます。
・平屋で二世帯住宅を建てる場合、生活動線を工夫する、生活音に配慮する、プライバシーに配慮する、といった点に注意しましょう。
・お互いにストレスを溜めない工夫をしながら、快適に暮らすことのできる家づくりを一緒に進めていきましょう。


 

 目次
◼ 二世帯住宅3つの種類
・① 完全共有型
・② 部分共有型
・③ 完全分離型
◼ 平屋で二世帯住宅を建てる時の注意点
・⒈ 生活動線を工夫する
・⒉ 生活音に配慮する
・⒊ プライバシーに配慮する
◼ 大切なのはお互いにストレスを溜めない工夫
◼ 快適な暮らしを実現するのなら…

 

 

施工実例

 

 

 

二世帯住宅3つの種類

alt="平屋 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅を建てるにあたって、まずはどのような種類があるのかを知っておきましょう。

 

① 完全共有型

玄関やリビング、お風呂、トイレといった全ての部屋を共有する間取りのことを『完全共有型』といいます。
家族同士の距離が近く、コミュニケーションを常に取りながら過ごすことができます。賑やかな暮らしがしたい方、いつでも手を差し伸べられる暮らしがしたい方にとっては最適です。

 

② 部分共有型

水周りだけ、リビングだけ、キッチンだけ、というように部分的に共有する間取りのことを『部分共有型』といいます。
お互いのプライベートを確保しつつ、家族団欒や食事の時間など、日常を共有することもできるので、バランスをとりながら日常を楽しむことができます。

 

③ 完全分離型

リビング、キッチン、風呂にトイレと、同じ敷地に建っていながらもすべてのスペースがそれぞれの家族分あるのが『完全分離型』です。
お互いの生活スタイルやプライバシーを守りながら、いざという時にすぐ助け合うことができるため、安心感があります。年代も価値観も違う親世帯と子世帯が共存していくためには、最適な暮らし方といえます。

 

 

 

それぞれの暮らしにそれぞれの良さがあるので、家づくりを始める前にどのスタイルを選ぶかをしっかりと話し合っておくと良いでしょう。

 

 

 

 

平屋で二世帯住宅を建てる時の注意点

alt="平屋 二世帯住宅 見出し画像"

家づくりを始める場合、注意しておきたい部分、工夫しておいたほうがいい内容がいくつかあります。

 

⒈ 生活動線を工夫する

生活動線とは、生活をする中での人の動きや移動を表した線のことを言います。朝起きて顔を洗い、着替えて食事をする、という動きに沿った線です。この線が簡素で短いほど、生活動線がいいとされています。

二世帯住宅の場合、可能な限り生活動線を分けるようにしましょう。玄関を分けてしまえば、生活リズムが違うお互いの暮らしを負担に思うことはありませんし、リビングやキッチンに向かうまでの動線を世帯ごとに分けておくことで、顔を合わせず過ごすことができます。平屋なので、家の両端に寝室を設けることで実現可能です。それぞれの世帯の動線が重ならないように、生活動線を考えていくことが大切です。

お互いのライフスタイルを尊重しながら、暮らしやすさが整っている家は、不要な衝突を避けストレスを抱えることのない暮らしを実現してくれるでしょう。

 

⒉ 生活音に配慮する

どのような建材を使い、どのような工法で建てるかによって防音対策は異なってきますが、事前に防音対策に関しては業者としっかりと話し合っておきましょう。二世帯住宅の場合、外から聞こえる騒音よりも、家の中で響いてくる騒音が問題になるケースが多々あります。2階がない分、あまり気にしなくても良いのかもしれませんが、家の中にいると意外と響いてくるものです。

音の感じ方はあくまで個人差、と捉えるかもしれませんが、積み重なることで大きなストレスに感じる方は数多くいらっしゃいます。寝室の近くにリビングや水回りを設置することは避ける、出入りの多い子世帯の住居を道路側にする、といった工夫をしておきましょう。

 

⒊ プライバシーに配慮する

平屋に二世帯住宅を造る場合、プライバシーをどのように守っていくかが重要です。完全共有型、部分共有型の場合、生活空間を共有しながらどのようにプライバシーを守っていくかは間取りにかかっています。

たとえ血が繋がっている家族とはいえ、踏み込んでほしくない領域や見られたくない部分はもちろんあるでしょう。そこをどれだけ配慮できるかによって、円滑な暮らしができるかどうかは左右されます。

 

 

施工実例

 

 

 

大切なのはお互いにストレスを溜めない工夫

alt="平屋 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅での暮らしを始める以上、何よりも大切なのはお互いがストレスを溜めない生活ができるかどうかです。
ストレスはそもそも、外部から何らかの刺激を受けた時に生じる緊張状態のことです。騒音や天候、人間関係、不安、睡眠、病気など様々な要因が刺激になることで、心はストレスを感じます。二世帯が共に暮らすことによって、人は想像以上にストレスを感じます。ちょっとの足音、話し声がストレスになるのです。なので、いかにストレスを溜めないようにするかが重要です。

ただ、ストレスは悪い影響を及ぼすだけではありません。自分が感じるストレスをきっかけに、相手のことを考えられるようになります。夜中にこのボリュームで音楽をかけることが、睡眠を妨げることにはならないだろうか、友人との騒ぎ声や足音がうるさくないだろうか、と相手を慮ることができるのです。

二世帯住宅という暮らしは、相手を思いやってこそ成り立つ部分がたくさんあります。自分を見つめ直し、さらに相手を思って行動する、これらを日々実践することが、快適な暮らしを作り上げるコツなのです。

 

3世代住宅

 

 

 

快適な暮らしを実現するのなら…

alt="平屋 二世帯住宅 見出し画像"

ストレスは、うまくコントロールすることでより人生を豊かにすることができます。人生のスパイスであるストレスをうまくコントロールできるような家を建てること、これが家づくりを成功させる秘訣なのかもしれませんね。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例