alt="注文住宅 東京 費用内訳 見出し画像"

 

家づくりで気になるのはやはり、どのくらいの費用がかかるのか?ということではないでしょうか。調べようとインターネットやパンフレットを見ても、本体代◯円、坪単価◯円、と記載してあるため、実際にどのくらいかかるのかがわからないですよね。注文住宅を建てるには、家本体以外にもかかる費用がいくつかあります。トータルでどのくらいかかるのかがわかれば、資金準備もぐっとしやすくなります。
今回は、家づくりにかかる総費用、意外とかかる諸費用、諸費用を節約するポイントをまとめました。これからの家づくりにぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・家づくりにかかる総費用は、本体工事費、付帯工事費、諸費用の大きく3つに分けられます。
・最も不明瞭な諸費用の内訳ですが、土地の購入中介手数料や登記費用、印紙税、
火災保険料などが含まれます。税金以外は工夫次第で節約することができます。
・家づくりに多額の費用はつきものですが、費用の内訳がわかれば安心して家づくりを進めることができます。しっかりと資金計画を立てて、理想の家を手に入れましょう。


 

 

 目次

◼ 注文住宅にかかる費用は?
・本体工事費
・付帯工事費
・諸費用

◼ 諸費用の内訳
・土地の購入中介手数料
・登記費用
・印紙税
・住宅ローン費用
・火災保険料
◼ 諸費用は節約できる?
◼ まとめ

 

 

施工実例

 

 

 

注文住宅にかかる費用は?

alt="注文住宅 東京 費用内訳 見出し画像"

注文住宅にかかる費用は、大きく『本体工事費』『付帯工事費』『諸費用』の3つに分けられます。
「坪単価に広さを掛けた値段が家づくりにかかる費用」と勘違いされている方もいらっしゃいますが、実際にはそれ以外にも費用はかかります。

本体工事費

本体工事費は、家そのものにかかる費用のことをいいます。インターネットやパンフレットで目にする価格は、この費用を指していることが多いです。
本体工事費は総費用の75〜80%が相場と言われており、家の骨組みとなる基礎工事や木工事、お風呂やトイレなどの設備費、電気工事や水道工事が含まれます。

付帯工事費

付帯工事費は、家本体に付随する必要なものを揃えるためにかかる費用のことをいいます。付帯工事費は総費用の10〜15%が相場と言われています。エアコンを取り付ける空調工事、塗装工事、排水工事、植栽工事などがこれに当たり、地盤改良工事も含まれている場合もあります。ハウスメーカーによっては、最初の見積に含まれていない場合もありますので、家づくりを始める前に、あらかじめ確認しておきましょう。

諸費用

諸費用は家づくりに付随する手続きにかかる費用や手数料、各種保険料や引っ越し費用などのことをいいます。諸費用は総費用の5〜10%と言われています。数%ではありますが、場合によっては100万円以上かかってくることもあります。基本的に現金で支払いをしなくてはならないため、住宅取得前後は多額の現金が必要、ということは念頭に置いておきましょう。

 

 

 

 

諸費用の内訳

alt="注文住宅 東京 費用内訳 見出し画像"

本体工事費や付帯工事費は、ある程度何にどのくらいかかるのかを把握することができます。それに比べてわかりにくいのは諸費用で、不明瞭な部分がたくさんあります。詳しく見てみましょう。

土地の購入中介手数料

仲介手数料は、土地を購入する際に不動産会社を介した場合必要となる手数料のことです。この費用は、土地の売買価格に対して3%+6万円と定められており、消費税もかかります。不動産会社を仲介せず、土地の持ち主から直接購入した場合はこの費用はかかりません。

登記費用

登記費用とは、建物を取得した際の登記にかかる登録免許税のことです。 司法書士などに登記を依頼した場合、6〜8万円という手数料も含まれます。登録免許税は、土地や建物の評価額に決められた税率をかけて計算します。どのくらいの費用になったのかは、書類で確認することができます。

印紙税

注文住宅を建てる場合、不動産売買契約書、金銭消費貸借契約書、建築工事請負契約書といった聞きなれない専用の書類が課税対象になります。この契約をする際に、印紙税を支払います。印紙税は、収入印紙を購入し、契約書などの文章に貼付して消印することで税金を納めたことになります。

住宅ローン費用

住宅ローンが組めたら、費用はそこから支払うことができるというわけではありません。家づくりを進めていき、あと少しで完成という時に費用を支払う必要があります。
民間金融機関ローンやフラット35、財形住宅融資など住宅ローンを組む場合さまざまな諸費用が必要になります。それぞれかかる手数料などは異なるので、あらかじめ調べておきましょう。

火災保険料

火災保険料は、住宅ローンを借りた場合多くの金融機関が加入を義務化しています。保険会社によって補償内容は様々ですが、ほとんどが長くて2年契約です。費用も5,000円前後から10,000円を超えるものまで幅広く、選択肢が豊富です。
家具や家電、預貯金の盗難が対象の家財保険、自宅の火災が隣家に広がり、損害を出した時に利用出来る個人賠償責任保険など、かける費用によって様々な補償があります。故障の種類や契約内容によって費用は変わってくるので、あらかじめ調べておきましょう。

 

 

施工実例

 

 

 

 

諸費用は節約できる?

alt="注文住宅 東京 費用内訳 見出し画像"

諸費用は、想像以上にたくさんの種類があります。内訳で紹介した費用以外にも、引っ越し費用や仮住まいにかかる費用、家具や家電を購入する費用もかかります。税金は節約することができませんが、それ以外の費用であれば、工夫次第で節約することができます。

土地の購入中介手数料の場合、不動産会社を介して土地を購入しなければ、かからない費用です。家づくりを検討し始めたら、土地探しも早めに始めておくことで、理想とする土地を時期によっては費用を抑えて購入することもできます。情報収集しておくことが大切です。
住宅ローン費用も、団体信用生命保険が無料のものを選ぶことで、保険料を抑えることができます。家の造りによっても保険料は変わってくるので、可能であれば数社に見積もりを出すようにしましょう。
引っ越し費用も、数社に見積もりを出し繁忙期を避けることで費用削減になります。ほとんどの家具家電を買い替えるのであれば、早めに古いものは処分に取り掛かり、移動する荷物を減らしておくと良いでしょう。

工夫次第で諸費用の節約は可能です。情報サイトなどを利用し、必要な情報を集めておくと良いでしょう。

 

 

【関連記事】平屋の家|価格は?予算は?家づくりで気になるお金のこと

 

 

 

 

資金計画を建てて理想の家づくりを!

alt="注文住宅 東京 費用内訳 見出し画像"

家づくりに多額の費用はつきものですが、何にどれだけかかるのかがわかれば少しでも安心して家づくりを進めることができます。しっかりと資金計画を立てて、理想の家を手に入れましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例