alt="注文住宅 東京 キッチン 見出し画像"

キッチンは、家族みんなが健康に生きていくために必要な料理を作り出す場所、1日の大半を過ごす場所です。そんなキッチンを、どんな間取りにするか、どんな設備を入れるか、は家づくりを進めていく中でとても重要です。
とはいえ、理想通りのキッチンにしたいと思っていても、どんな種類があるのか、どこをポイントに選べば良いのかがわからなければスムーズに計画を進めていくことはできません。そこで今回は、注文住宅を建てる時に役立つキッチンの選び方、間取りを考える時のポイントをまとめてご紹介します。これからの家づくりにぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・キッチンには対面式と非対面式とがあり、それぞれの形に良さがあります。さらにI型、L型、アイランド型、ペニンシュラ型などの形に分類できます。
・間取りを考える際は、収納やパントリー、コンセント、動線などを工夫すると良いでしょう。
・家族みんなが使いやすいキッチンになるように工夫してみましょう。空間デザインなどは私たちがアドバイスさせて頂きます。


 

 

 目次

◼ キッチンが担う大切な役割
・対面式と非対面式
・対面式のメリット・デメリット
・非対面式のメリット・デメリット
◼ キッチンの種類
・① I型キッチン
・② L型キッチン
・③ アイランド型キッチン
・④ ペニンシュラ型キッチン
◼ キッチンの間取りを考える時のポイント
・収納
・パントリー
・コンセント
・動線
・キッチン設備
◼ 家族みんなが使いやすいキッチンを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

キッチンが担う大切な役割

alt="注文住宅 東京 キッチン 見出し画像"

キッチンはただ料理を作る、調理作業をする、というだけでなく、家族のコミュニケーションをとる『食』をつくる大切な場です。健康な体で生きていくためにも食事は欠かせないものです。その食事を毎日生み出すためにも、快適なキッチンは家づくりにおいて欠かせない存在です。

 

対面式と非対面式

キッチンには、大きく2種類あります。シンクやコンロがリビングの方を向いた『対面式』、壁の方を向いた『非対面式』です。

対面式のメリット・デメリット

対面式のキッチンには、家族と会話しながら調理ができる、キッチンから子どもの様子が見える、といったメリットがあります。カウンターも目の前にあるので、料理の配膳も楽にできます。ただ、リビングからキッチンが丸見えになるため、普段から片付けておく必要がある、料理の匂いがリビングに広がりやすい、油が室内に飛び散りやすい、といったデメリットもあります。

非対面式のメリット・デメリット

非対面式のキッチンには、調理に集中出来る、水はねや油の飛び散りが気にならない、といったメリットがあります。ただ、子どもがまだ小さいうちは様子が見えないため不安、リビングに背を向けて調理をするため孤独を感じやすい、などのデメリットもあります。

どちらのタイプにも良し悪しがありますので、主に料理をする人の好みや価値観に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

キッチンの種類

alt="注文住宅 東京 キッチン 見出し画像"

昔に比べ、いろいろな種類からキッチンの形を選べるようになりました。

① I型キッチン

I型キッチンは、コンロとシンク、調理スペースが一直線に並んだキッチンのことです。コンパクトな作りで使いやすく、賃貸マンションなどで数多く採用されています。作業スペースはそこまで広くありませんが、調理中の移動が少なくスムーズに作業ができます。

② L型キッチン

壁に沿って、L字型に配置されているキッチンをL型キッチンといいます。少し体の向きを変えるだけでシンクやコンロを使うことができるので、広い作業スペースを効率的に使うことができます。

③ アイランド型キッチン

島のように、キッチンの作業スペースが壁から離れて配置されているものをアイランド型キッチンといいます。おしゃれな雑誌やSNSで多く取り上げられており、近年人気が高まっています。リビングとキッチンの行き来がしやすく、リビングとのコミュニケーションもとりやすいのが魅力です。

④ ペニンシュラ型キッチン

アイランド型キッチンは島のように独立したキッチンですが、ペニンシュラ型キッチンは、半島のようにキッチンの一部が壁にくっついた形になっています。吊り戸棚を設置して半個室のようにしたり、リビング側に棚を設置したりとたくさんの利用法があります。

 

 

施工実例

 

 

 

 

キッチンの間取りを考える時のポイント

alt="注文住宅 東京 キッチン 見出し画像"

キッチンの間取りを考える際、どんなデザインにするか、どんなサイズにするか、といったことに意識が向きがちになります。しかし、暮らし始めた後も快適に使い続けるためには、あらかじめポイントを押さえておくことが大切です。

収納

最近のキッチンは、背面に大きな収納を設置します。電子レンジやオーブン、トースター、炊飯器など必要なものをすっぽりと納めることができ、ゴミ箱も収納することができます。
自由に組み合わせて使うことができるユニット式になっているものが多いので、あらかじめ必要なものを書き出しておき、使いやすい収納を考えておきましょう。また、暮らしているうちにキッチングッズはどんどん増えていきます。途中から収納が足りない…ということのないよう、余裕を持って収納スペースは確保しておきましょう。

パントリー

パントリーとは、食品庫とも呼ばれる収納スペースのことです。キッチンのそばに人が入れるスペースのある別室を設け、食品を貯蔵します。長期保存が可能な食品や調味料、温度変化に弱い食品などのストックに最適です。料理好きの方はすぐに調理器具やスパイスなどが増えてしまうので、料理を楽しみながら整理整頓も進めていくことができる最適な空間です。
リビングやキッチンが少し狭くなってしまうので、スペースと相談しながら設置すると良いでしょう。

コンセント

キッチンの悩みで意外と多いのが、コンセントの数が足りない、ということです。キッチンで使う家電は多く、炊飯器、オーブン、ミキサー、たこ焼き器など多岐にわたります。効率良く使えるように、作業台、キッチンカウンター付近、足元、など分散させて設置しておきましょう。水はねや油の飛び散りは危険なので、ガス代やシンクからは離して設置すると安心です。

動線

動線とは、人の動きを線で結んだものです。行ったり来たりを繰り返すと、動線は長くなります。長い動線は作業がしにくく、どうしても不便に感じます。
行ったり来たりする必要がなく、スムーズに調理ができる間取りを考えることが大切です。主に調理をする人だけでなく、キッチンを使う他の家族も使いやすいよう話し合ってみましょう。

キッチン設備

どんな設備を導入するかは非常に重要です。最新の設備や使いやすい家電を導入することも大切ですが、自分たちの暮らしに必要なものとそうでないものをあらかじめ決めておくようにしておきましょう。
お手入れがしやすいのでIHの方がいいという方もいれば、微妙な火加減の調整ができるのでコンロの方がいい、という方もいらっしゃいます。食洗機も、家族の人数やライフスタイルによって重宝する場合とそうでない場合とがあるでしょう。使わないのであれば、グリルをもともと設置しないこともできますし、最大限家事負担を軽くするために、ハンズフリー水栓やたちあがりカウンターを導入することもできます。設備は日々進化しているので、情報収集は欠かせません。

 

【人気記事】注文住宅の内装の決め方とこだわるべき3つのポイント

 

 

 

 

家族みんなが使いやすいキッチンを!

alt="注文住宅 東京 キッチン 見出し画像"

キッチンの使いやすさは、家づくりの段階でどれだけ考えたか、工夫を施したかによって大きく変わります。じっくりと時間をとって、どんなキッチンの間取りにしたいか、どんな工夫ができるかなどをぜひご家族で話し合ってみてください。より理想の家に近づけることができます。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例