alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

壁で仕切ることなく、空間を有効活用できるため人気のあるスキップフロア。これから家づくりを始める方の中には、我が家にも…と検討されている方も多いのではないでしょうか。
『うちは平屋を検討しているけれど、スキップフロアは造れるの?』そんな疑問をお持ちでも大丈夫です。結論、平屋にもスキップフロアは造ることができます。

今回は、家時間がより快適になるスキップフロアの魅力と、平屋に造る時のポイントをご紹介します。

 


コラムのポイント
・スキップフロアとは、床面の一部の高さを変えて、階段でつなげることで変化を持たせるもののことをいいます。
・スキップフロアがあれば、視界的に広がる空間で過ごすことができ、空間活用の幅が広がります。家族の気配を近くに感じながら過ごすので安心です。
・平屋にもスキップフロアを造ることは可能です。単調な空間に変化を生み出し、それぞれの空間での過ごし方に幅を持たせることができます。


 

 

 目次
◼ スキップフロアって何?
◼ スキップフロアのメリット・デメリット
・メリット
視界的に広がる空間を演出
空間活用の幅が広がる
家族の気配を感じながら過ごす日々
・デメリット
空調の配慮が必要
実績と経験値の高い業者への依頼が必須
固定資産税が高くなるかも…
◼ 平屋にもスキップフロアは造れるの?
◼ 平屋の可能性をスキップフロアで広げよう!

 

 

施工実例

 

 

 

 

スキップフロアって何?

alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

スキップフロアとは、床面の一部の高さを変えて、階段でつなげることで変化を持たせるもののことをいいます。
あえて高さの違う床面をつなぎ合わせながら、徐々に上の階につないでいくだけでなく、つないだ途中に広いスペースを設けて部屋として利用することもできます。空間を広く活用したり、デザイン性を意識したりするだけでなく、元々勾配のある土地を有効活用するためにも多く用いられています。一箇所だけでなく、いくつも造ることでより空間に変化を持たせることができます。

 

 

 

 

スキップフロアのメリット・デメリット 

alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

スキップフロアを造ることによって生じるメリット、デメリットを具体的に見てみましょう。

メリット

視界的に広がる空間を演出

同じ広さの部屋でも、平坦な床よりもスキップフロアの方が段差によって空間が広く見えます。たとえ30センチ程の高さでも、段差が生じることで視界の広がりを感じます。
空間に広がりを持たせる方法として、吹き抜けを設置したり天井の高さを高くしたりする方法もあります。スキップフロアは空間を広げるだけでなく、空間の活用方法の幅も広げることができます。

空間活用の幅が広がる

スキップフロアを造った場合、その下の部分やスキップフロア上にスペースが生まれます。スキップフロア下は、収納として活用することができます。限られたスペースにどれだけ広い収納スペースを設けることができるかは、家づくりの中で大きな課題ですが、スキップフロアを用いることでこの問題は解決です。
スキップフロア上にも、書斎を設置したり子どもたちが遊べるスペースを造ったりと独立した空間として楽しむことができます。

家族の気配を感じながら過ごす日々

家の中にスキップフロアがあると、過ごす場所によっては視界が遮られて家族の姿は見えなくなります。階段の上から声が聞こえるけれど姿は見えない、気配は感じるけれど姿は見えないので、お互いやりたい事に集中出来る…といったように、お互いのプライバシーを守る事ができます。
終の住処として平屋を選ぶのであれば、夫婦お互いの存在を感じつつも好きな事をする方が良好な関係を保つ事もできます。距離感を大切にしたい、という方にとっては心地よい空間になります。

alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

 

デメリット

空調の配慮が必要

スキップフロアを造った場合、空間を壁で仕切らないため温まりにくく涼しくなりにくい部屋になる可能性があります。広い範囲を一定の気温に保つことを考えると、通常の住宅に比べると冷暖房費が高くなる可能性もあります。
スキップフロアの上部は暖かく、下部は寒くて冷える…というように空気が滞りやすくなるので、空調設備をうまく活用する必要があります。

実績と経験値の高い業者への依頼が必須

スキップフロアは、デザインによっては複雑な構造になっているため施工が難しいのが現状です。また、想像上では素敵なスキップフロアでも、立体的な間取り図に起こしてみると不便だったり現実的ではなかったりすることもあるので、経験に基づいたアドバイスや判断を下してもらう必要もあります。
スキップフロアの施工を避ける業者もいるため、依頼しようとしている業者がスキップフロアを造ることは可能なのか、高いデザイン性を持っているのか、あらかじめ確認しておく必要があります。

固定資産税が高くなるかも…

自治体によっては、『スキップフロアによって生まれたスペースも1つの階』とするところもあります。平屋で建てたつもりが、スキップフロアがあるため2階建て扱いになる、という可能性もあるということです。そうなると、固定資産税が高くなる可能性があります。
また、スキップフロアを造ることで床面積が増え、広い部屋があるということで固定資産税が高くなる可能性もあります。
自治体の判断基準を考慮しながら設計する、部屋扱いにならないような狭い部屋を造る、といった工夫をするとともに、しっかりと知識のある業者に依頼することが大切です。

 

【関連記事】 理想的な平屋の外観を考える

 

 

 

 

平屋にもスキップフロアは造れるの?

alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

平屋はそこまで部屋も広くないし、部屋数も多くないし、スキップフロアを造るのは難しいかも…と思うかもしれません。

実際に、平屋でもスキップフロアを造ることは可能です。大きな段差にしなくても、リビングはダイニングよりも10㎝下がったスペースに造る、畳4畳分のスペースのみ30㎝ほど上げて独立した空間にする、といったように空間にリズムを持たせることができます。天井をうんと高くし、天井と床の中間あたりにスキップフロアを設け、書斎として利用することもできます。

どうしても単調な空間になりやすいのが平屋ですが、スキップフロアがあることで空間に変化が生まれ、それぞれの空間での過ごし方に幅を持たせることができるのです。

 

【関連記事】平屋のデザイン・おしゃれに仕上がる家づくりのポイント

 

 

 

 

平屋の可能性をスキップフロアで広げよう!

alt="注文住宅 東京 平屋 スキップフロア 見出し画像"

ちょっとの段差が、たくさんの可能性を生み出すスキップフロア。生まれた空間をどう活用するか、何をして過ごすかを考えると楽しくなってきますね。

空間をうまく活用できるスキップフロアで、平屋の暮らしをより快適なものにしていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例