alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅での暮らしは、家事を分担したり生活費を分担したり、いつでも顔を見ることができる安心感があったり…とたくさんの魅力があります。一方で、全くの他人が共に暮らしていくからこそ、トラブルが起きたり後悔するような出来事があったりすることも事実です。
二世帯住宅を建てる前に、実際にどのような点が後悔されがちなのか、もし二世帯住宅での暮らしを解消した場合、どのようなことが起こるのかをあらかじめ知っておくことで、トラブルや後悔に至るようなことを抑えていくことができます。

今回は、後悔しないために知っておきたい二世帯住宅の家づくりについてご紹介します。

 


コラムのポイント
・二世帯住宅の間取りは、完全共有型、部分共有型、完全分離型の3パターンがあります。
・もし、同居を解消しても住宅ローンの問題は残ります。最悪の事態を避けるのはもちろんですが、どうしていくのかもしっかりと想定しておきましょう。
・二世帯住宅の家づくりを進めていくのであれば、長い年月共に協力しあって暮らしていくためにも、事前にしっかりと話し合いをしておきましょう。


 

 

 目次

◼ 二世帯住宅の間取りは3パターン
・① 完全共有型
・② 部分共有型
・③ 完全分離型
◼ 二世帯住宅で後悔されがちなポイント
・リビングの共有で後悔…
・玄関の共有で後悔…
・お風呂やトイレの共有で後悔…
・事前の話し合い不足で後悔…
◼ もし…同居を解消した場合はどうなる?
◼ お互いに満足して暮らせる家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

二世帯住宅の間取りは3パターン

alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅、といってもその間取りにはいくつかのパターンがあります。

① 完全共有型

リビングに玄関、お風呂、トイレなど家の中すべてを共有する間取りのことを、完全共有型といいます。
いつも身近に人の気配を感じることができ、お互いにコミュニケーションをとりやすく一緒に過ごす時間を大切にすることができます。親世帯・子世帯共に外に働きに出ている場合、そこまでべったりと時間を共有することなく、仕事と家庭のバランスを取りやすいという良さがあります。

② 部分共有型

リビングだけを共有する、リビングのある1階部分のみを共有する、など家の中を部分的に共有する間取りのことを部分共有型といいます。
お互いのプライバシーを保ちながらも、親世帯・子世帯が共に過ごす時間も大切にできます。適度な距離感を保ちたいという希望を叶えられるという良さがあります。

③ 完全分離型

外から見ると一つの家ですが、玄関やリビング、キッチンなどすべてが別々になっている間取りのことを完全分離型といいます。
物理的な距離は近いものの、すべての生活が別々になっているため気を使うことなく、お互いに干渉することなく、暮らすことができます。いつでも顔を見ることができる距離感、お互いのライフスタイルを尊重できる暮らし方として、人気のあるスタイルです。

 

 

 

 

二世帯住宅で後悔されがちなポイント

alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

どんな間取りにするかによって後悔するポイントは異なりますが、やはり『完全共有型』『部分共有型』といった、両世帯が共に暮らすスタイルは要注意です。

 

リビングの共有で後悔…

リビングは家族団欒のために長時間過ごす場所。せっかくゆっくりしたいと思っていても、どちらかの家族が過ごしていたり、友人を呼んでいたりすると、途端にゆっくりすることは難しくなってしまいます。自分の家なのにゆっくりとくつろぎにくい、友人を呼びにくい、という状況は避けたいですよね。
共同のリビングにするのであれば、思い切って広い間取りにする、友人を呼んでいい日を決める、など決めておくと良いでしょう。

玄関の共有で後悔…

生活リズムが異なる場合、玄関を共有にしてしまうと肩身の狭い思いをしてしまう可能性も。あまり夜遅くに外出したり、仕事から帰ってきたりすると小言を言われ疲れてしまうこともあります。
せっかく一緒に暮らすのだから、せめて玄関だけは一緒に…と安易に決めてしまうと後悔する羽目になってしまいます。お互いの暮らしに干渉したくないのであれば、玄関さえもしっかりと分けることが大切です。

alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

お風呂やトイレの共有で後悔…

1日の疲れを癒す入浴も、順番通りにしなければならないとストレスを感じます。その相手が義理の両親となると、なおさらかもしれません。仕事をしていると帰宅時間もバラバラで生活リズムもつくりにくくなるため、お風呂の順番を待っている間に時間だけが過ぎ、結局寝るのが遅くなってしまう…ということも。
初期費用がかかりますが、快適な暮らしをするためにはお風呂の数をどうするか事前に話し合っておく方が良いでしょう。

事前の話し合い不足で後悔…

間取りをどうするか、住宅ローンはどうするか、などを話し合っていく場合、理想をどう叶えるかという工夫は盛り込まれるのですが、不快をどう避けるのか、という工夫は意外と忘れられています。生活リズムが違うために生じる騒音をどうするか、など家を建てた後の暮らしも想定した上で、しっかりと話し合いを重ねておきましょう。

 

▷【二世帯住宅】区分登記?単独登記?メリットがある登記方法とは

 

 

 

 

 

もし…同居を解消した場合はどうなる?

alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

人生何が起こるかわかりません。せっかく二世帯住宅を建てたとしても、同居を解消せざるを得ない場合もあります。その時に起こる問題について検証してみましょう。

ローン問題

二世帯住宅を建てる場合、年齢的に子世帯が住宅ローンを組むことがほとんどです。二世帯住宅での同居を解消する場合、ローンをどうするか決めなければなりません。

子世帯が家を出たとしても、ローンは払い続けなければなりません。その場合、家賃を得るために親世帯と賃貸契約を結び、ローン返済にあてる方法があります。親世帯が家を出る場合、親世帯が新たに家を借りようとしても上手くいかないケースもあります。その場合、子世帯に頼るなり何らかの方法を探さなければなりません。その上でローン分も支払ってもらう必要があります。
いずれにしろ、二世帯住宅は需要が少なく売却を考えても難しい場合がほとんどです。ローンは払い続けるものと考えておくのが無難です。

 

▷【2020年】二世帯住宅で活用できる補助金まとめ

 

 

 

 

お互いに満足して暮らせる家づくりを!

alt="注文住宅 東京 二世帯住宅 見出し画像"

二世帯住宅の家づくりを進めていく場合、事前にしっかりと話し合っておくこと、暮らしにフィットする間取りを選ぶことはとても重要です。ついつい避けてしまう内容ではありますが、長い年月共に協力しあって暮らしていくためにも、きちんと決めておきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例