alt="注文住宅 東京  二世帯住宅  平屋 見出し画像"

バリアフリー空間であること、お互いの居住スペースを分けやすいこと、などの理由から平屋の二世帯住宅を考えている方が増えてきています。家づくりを始める時に悩みの種になりやすい居住形態ですが、いかに快適で家族みんなが暮らしやすい家にできるかが家づくりにおける大きなポイントです。

平屋の二世帯住宅を建てる場合、長く暮らし続けることを考えるとやはり『完全分離型』という間取りが一番お勧めです。今回は、二世帯住宅の暮らしを円満に送るために知っておきたい間取りのポイントをご紹介します。

 

 


コラムのポイント
・二世帯住宅の間取りパターンは、『完全共有型』『部分共有型』『完全分離型』の3種類です。
・平屋の家を二世帯住宅にするのであれば、お互いの生活リズムを尊重することができ、どの世代にも優しいバリアフリーなつくりでプライバシーを守ることが出来る『完全分離型』がお勧めです。
・土地が高いから諦めざるをえない時も、お財布の助けになるサポートを利用する事もできます。理想を諦めず、納得の家づくりを一緒に進めていきましょう!


 

 

 目次

◼ 二世帯住宅の間取りパターンは3種類
・パターン⒈ 完全共有型
・パターン⒉ 部分共有型
・パターン⒊ 完全分離型
◼ 平屋の家は『完全分離型』がいい理由
・お互いの生活リズムを尊重
・どの世代にも優しいバリアフリー
・プライバシーを守る家
◼ 土地が高いから諦めざるをえない…そんな時は!
◼ 理想を諦めない家づくりを!

 

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

二世帯住宅の間取りパターンは3種類

alt="注文住宅 東京  二世帯住宅  平屋 見出し画像"

間取りは各家庭によってそれぞれですが、二世帯住宅の場合、大きく3つの間取りに分けることができます。

 

パターン⒈ 完全共有型

完全共有型は、玄関、廊下、リビング、ダイニング、お風呂、など全てを共有する間取りのことです。二世帯住宅とはいえ、多くの設備が必要なく、ある程度建築費を抑えることができます。

 

パターン⒉ 部分共有型

部分共有型は、リビングだけ、キッチンだけ、玄関だけ、というように部分的に共有する間取りのことです。どこを共有するかによって建築費用が異なります。親世帯と子世帯が、適度な距離感を取りながら生活を共にすることができます。

 

パターン⒊ 完全分離型

完全分離型は、はたから見ると一つの家ですが、中にあるリビングやキッチン、お風呂、トイレなど全てが別々になっている間取りのことです。設備が全て2つずつ必要になるので、3つのパターンの中では最も建築費用がかかります。しかし、お互いに適度な距離感を保ちながら暮らすことができます。

 

 

 

 

平屋の家は『完全分離型』がいい理由

alt="注文住宅 東京  二世帯住宅  平屋 見出し画像"

二世帯住宅の間取りパターンはいくつかありますが、平屋の二世帯住宅を建てるのであれば、完全分離型が最もお勧めです。

 

お互いの生活リズムを尊重

完全分離型は、それぞれの家族のプライバシーや生活リズムを尊重することができます。働き盛りの子世帯と、定年を迎えゆっくりとした暮らしをしている親世帯とでは、生活リズムが大きく異なります。年齢も価値観も異なるため、すり合わせていくことが難しい…と感じる人がほとんどの中、適度な距離感を保つ中でお互いのペースを守ることができます。深夜の帰宅、早朝に始まる活動、友人を集めたお茶会なども、気兼ねなく暮らせるのは大きなメリットでしょう。

 

どの世代にも優しいバリアフリー

バリアフリー空間に必要性を感じるのは、何も歳を重ねた親世帯だけではありません。小さな子どもがいたり妊娠中であったりする子世帯にもありがたいものです。平屋はワンフロアが居住空間になっているため、どの世代も暮らしやすく過ごしやすくなっています。

 

プライバシーを守る家

好き同士結婚した者同士であれば、ある程度歩みよりをしながら、距離感を考えながら共に暮らすことは難しくないのかもしれません。しかし、親世帯とお嫁さんや子世帯と義父などは、元は赤の他人であって、一緒に暮らすこと自体ストレスになってしまう…という人は少なくありません。そんな価値観の異なる世帯同士がしっかり距離を置いて暮らすことで、お互いのプライバシーを守ることができます。

 

 

【注文住宅】家づくりの流れとかかる期間

 

 

 

 

 

土地が高いから諦めざるをえない…そんな時は!

alt="注文住宅 東京  二世帯住宅  平屋 見出し画像"

平屋を建てて二世帯住宅にしたい。そんな時に大きく立ちはだかるのが、『土地の広さ』という問題ではないでしょうか。もともと広い土地を持っている、譲り受ける予定である、そのような状況に恵まれた人ばかりではありません。

 

そんな時に、ぜひ活用して欲しいのが『土地購入支援サポート』です。

 

『土地購入支援サポート』とは

東京に土地を購入して家を建てたいものの、金銭的に難しいので妥協をするしかない…と思っていらっしゃる方に、自分が建てたかった家を諦めないために利用して頂きたい、補助金総額1,000万円のサポート制度です。(2020年6月末現在)

 

使用条件として、
1:土地の購入から家づくりを計画される方
2:住宅ローンをクレバリーホーム指定銀行にて組む事ができる方
3:土地購入・申し込みと同時にクレバリーホームにて成約(設計パートナー契約)ができる方、かつ1週間以内に申込金の入金ができる方
4:クレバリーホームにより、建築予定地や計画内容を審査させて頂き、承認となった方
5:施工エリア内にて建築の方
6:クレバリーホームSPユーザーに登録頂ける方
などいくつか挙げられますが、夢のマイホームを諦めたくない、手に入れたいという方には知っておいて頂きたい制度です。

 

申請受付時期や審査内容など、時期によっては変更になっている可能性もあります。詳しくは、まずはお問い合わせください。

 

▽ 詳細はこちら ▽

https://cleverlyhome.jp/camp/

 

 

要チェック!平屋を建てる前に…モデルハウスに行ってみよう!

 

 

 

 

 

理想を諦めない家づくりを!

alt="注文住宅 東京  二世帯住宅  平屋 見出し画像"

住まいに対する理想は人それぞれで、その理想を叶えられる居住形態の組み合わせは家族の数だけあります。平屋で、二世帯住宅で、適度な距離感を保ちながら仲良く暮らして…という理想を叶えたい時は、ぜひデザイノにご相談ください。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例