alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"
せっかく建てた新築の家、いつまでも片付いた綺麗な空間をキープしたいですよね。とはいえ、片付けが苦手だったり、服や雑貨など所有物が多かったりした場合、なかなか綺麗な状態を保つのは難しいように感じるのかもしれません。
片付けに悩まないためには、家づくりの段階でどれだけ使いやすい収納スペースを造ることができるかが大きなポイントです。そこで今回は、家づくりの前に知っておきたい、片付けに悩まない収納スペースのつくり方をまとめてご紹介します!

 


コラムのポイント
・注文住宅で収納スペースをつくる時は、使い勝手の良し悪しや動線に合わせた収納スペースの設置、デッドスペースの活用などのポイントをおさえて計画を立てていきましょう。
・性格も考慮した上で収納を考えてみることで、暮らす人によりフィットした収納スペースをつくることができます。
・家づくりと同時に、持ち物の見直しも進めていきましょう。新しい家、新しい暮らしに連れて行きたいものだけを選び、新生活を快適に過ごしましょう!


 

 

 目次

◼ 収納スペースをつくるポイント
・使い勝手の良し悪し
・動線に合わせて収納スペースを設置
・奥行きや棚の高さもバリエーション豊富に
・デッドスペースの活用
◼ 性格を考慮して収納を考えてみる
・大雑把な方は…
・きっちり管理できる方は…
・忘れっぽい方は…
◼ モノの量を必ず見直す!
・負担にならないよう厳選する
・新しい暮らしに連れて行きたいものだけを!
◼ ライフデザインに合わせた収納計画を!

 

 

施工実例

 

 

 

 

収納スペースをつくるポイント

alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"

収納スペースを考える時、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

使い勝手の良し悪し

広くて開放感のある収納スペースがあればいい、というわけではありません。必要とする場所にあるからこそ、収納スペースは活きるのです。
キッチンの側にパントリー、トイレの一角に掃除グッズとトイレットペーパーなどを入れる棚、洗面台の横にタオルや石鹸、身支度を整えるグッズを入れる引き出し、リビングのそばに掃除機を収納する場所…というように、その場所で行う動作の中で必要になるものを、収納できるスペースを工夫して設置するようにしましょう。
また、使う季節が限られているものや大きな家電など、広々と収納できるスペースも必要です。リビングやキッチン、といった主要な空間が狭くなってしまわないような場所に設置することが大切です。

動線に合わせて収納スペースを設置

日常生活の中で、人が移動する経路を線で表したものを動線といいます。この動線に合わせて収納スペースを設置することで、モノの定位置管理がしやすくなり片付けも楽にできるようになります。
例えば、玄関の横にシューズクロークを設置する場合、靴を収納するだけでなく、その日に着ていたジャケットを掛けるフックや荷物などを置く棚があれば、その場で定位置に片付けられるためリビングが散らかることはありません。他にも、調理に使ったものをすぐに捨てられるようシンク下にゴミ箱を設置する、洗濯機の近くにクローゼットを設ける、など様々な工夫ができます。

 

alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"

 

奥行きや棚の高さもバリエーション豊富に

収納するものによっては、棚の奥行きが必要ないもの、低い場所に棚があった方がいいものと様々です。無駄になる空間を生み出さないために、より使いやすくするために、様々な奥行きや高さの棚をあらかじめ設置しておくと良いでしょう。

デッドスペースの活用

注文住宅のいいところは、収納スペースを各ご家庭に合わせて設置できるところです。ただ、使い勝手のいいように設計してもどうしてもデッドスペースは生まれてしまいます。生まれたデッドスペースを余すことなく使うことによって、さらに収納スペースを増やすことができます。

 

 

 

【注文住宅】内装の決め方とこだわるべき3つのポイント

 

 

 

 

性格を考慮して収納を考えてみる

alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"

使い勝手のいい収納スペースを設けても、使うのは暮らす人です。暮らす人の性格に合わせて収納タイプを変えてみることで、もっと片付けが楽になります。

大雑把な方は…

もともと大雑把な方は、綺麗にたたんできっちりと片付ける…ということに苦しさを感じます。そんな時は、服はたたむ収納ではなく掛ける収納にする、小さな収納スペースをたくさんつくるのではなく大きめの収納をつくる、などの工夫をしてみましょう。

きっちり管理できる方は…

きっちりしている方、片付けもそこまで苦ではないという方は、引き出しを有効に使ったり、棚のサイズに合わせて籐やプラスチックのカゴを活用したりして、収納スペースをよりきっちり管理できるようにしてみましょう。

忘れっぽい方は…

忘れっぽい方は、扉をつけたり引き出しに入れこんでしまったりすると、どこに何があるのか、何を片付けているのかがわからなくなってしまいます。あまり蓋がついた収納は活用せず、オープンタイプの収納をつくるようにしましょう。

 

いずれにしろ、片付かなかったりいつも散らかっていたりする場合は、住んでいる人の性格にあっていない可能性が多々あります。合わないものを無理に使い続けると、苦しいだけでなくストレスも溜まってしまいます。
せっかく注文住宅を建てるのですから、住む人に合わせた収納スペースをつくるよう、打ち合わせや間取りを考える段階から工夫しておくと良いでしょう。

 

 

【気になるお金】いくら必要?新築一戸建ての費用と内訳

 

 

 

 

モノの量を必ず見直す!

alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"

なかなか片付かない…という場合、収納ではなく持ち物が多いことが考えられます。家づくりを進めていくのと同時に、持ち物の見直しを行いましょう。

負担にならないよう厳選する

いつか使うかもしれないもの、あったら便利かもしれないもの、なんとなくずっと家にあるもの、これらをずっと持ち続けた上で、生活を営んでいる以上さらに今後も持ち物が増えていきます。管理するもの、所有するものが増えていくことは大きな負担になります。
負担を大きくしないためにも、持ち物は厳選しておきましょう。

新しい暮らしに連れて行きたいものだけを!

新しい家では、新しい暮らしが始まります。持ち物を見直す時に、最も判断を迷うのが捨てる基準、手放す基準、かもしれません。まだ使えるものや高かったものなどは、なかなか捨てることができないかもしれません。
どうしよう…と判断に迷った時は、『新築の家』『新しい暮らし』に持って行きたいもの、連れていきたいものだけを選ぶと良いでしょう。そうすることで、自然と本当に必要なものが精査されていきます。

 

 

 

 

ライフデザインに合わせた収納計画を!

alt="注文住宅 東京  新築一戸建て 収納 見出し画像"

収納は、どれだけあっても足りない…と感じる方も多いでしょう。しかし、収納の場所や使い方、持ち物の見直しをすることで、限られた収納スペースは有効に使うことができます。
打ち合わせの段階で、片付けに悩まなくて良いような収納計画をしていくことが重要です。プロとしっかり話し合いを重ねていく中で、納得のいく収納づくりを進めていきましょう!

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例