alt="失敗しないキッチンの間取り"

 

毎日使うキッチン。美味しい料理を作るためにも、大切に使い続けるためにも、間取りはしっかりと考えた上でつくりたいですよね。家は一度完成してしまうと、数年先のリフォームまでは手を加えることができません。『失敗した…』と後悔することなく毎日使い続けるためには、後悔されがちなポイントをおさえた上で、自分たちの希望に沿った家づくりを進めていくことが大切です。
そこで今回は、家づくりを始める前に知っておきたいキッチンの間取りポイントをまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・キッチンの間取りを考える時に大切なのは、キッチンの広さをどうするか、収納スペースの広さ、キッチンの高さ、家事動線、コンセントの位置と数など多岐に渡ったポイントを押さえておくことです。
・しっかりと情報を集めて事前に検討し、家族や暮らしにあったスタイルを選ぶことが失敗のないキッチンづくりに欠かせません。
・暮らしの満足度をぐっと上げるためにも、長く大切に使い続けられるようによく考えて家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ おさえておきたいキッチンの間取りポイント
・キッチンの広さをどうするか
・収納スペースをしっかりと確保
・キッチンの高さを住人に合わせる
・家事動線を考える
・使いやすいキッチンを選ぶ
・コンセントの位置と数を考慮
・オプションを精査
・ガスにするのかIHにするのか
◼ キッチンの間取り、失敗を避けるには…
・情報を集めて事前に検討を
・家族や暮らしにあったスタイルを選ぶ
◼ せっかくなら…大切に使い続けられるキッチンを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

おさえておきたいキッチンの間取りポイント

alt="失敗しないキッチンの間取り"

キッチンという限られた空間ですが、工夫点や考えておきたいポイントは山ほどあります。

 

キッチンの広さをどうするか

alt="失敗しないキッチンの間取り"

キッチンのサイズは様々なものがありますが、一般的には幅255cm×奥行65cmのものが多く出回っています。そのため、このキッチンを設置した上で十分な調理スペース、収納スペースを確保できるだけの広さが必要、ということになります。
調理スペースとして80cmほどの幅があるのが理想ですが、家族と一緒に料理をする時間が多いのであれば、もう少し広いスペースを確保しておくと良いでしょう。

 

収納スペースをしっかりと確保

alt="失敗しないキッチンの間取り"

家電や調理グッズ、日々使う食材に保存食など、キッチンはどうしてもモノが増えやすい場所です。それぞれサイズもバラバラ、数もバラバラなので全てをしっかり収納できるスペースを確保しておくことをお勧めします。可能であれば、温度を一定に保ち容量があり、目隠しにもなるパントリーの設置がお勧めです。
収納がたくさんあった方がいいから、とやたらと大きな食器棚を置いて空間を狭くしてしまうのはもったいないので、調整できるようにしておくと良いでしょう。

 

キッチンの高さを住人に合わせる

alt="失敗しないキッチンの間取り"

キッチンの高さにも様々なものがあることをご存知ですか?作業しやすい高さは身長(cm)÷2+5cmと言われており、主にキッチンに立つ人に合わせた高さのものを選ぶと、調理時の姿勢が楽になり作業もスムーズになります。
イメージがわきにくい場合は、ショールームなどでキッチンの高さを確認することができるので、足を運んでみることをお勧めします。

 

家事動線を考える

alt="失敗しないキッチンの間取り"

仕事に子育てに忙しいと、料理をする時間も限られてきます。その時間を短縮するのが、家事動線です。冷蔵庫から食材を取り出して作業台に持っていく、コンロで仕上げた料理を盛り付ける、などの動きがスムーズになるよう、配置を考えることが大切です。
広いキッチンは憧れるかもしれませんが、広すぎると行ったり来たりと時間がかかり、段取りも悪くなってしまいます。動線を考慮した上で使いやすい広さのキッチンを選びましょう。

 

使いやすいキッチンを選ぶ

alt="失敗しないキッチンの間取り"

キッチンは大きく分けて、I型キッチン、L型キッチン、アイランド型キッチンがあります。
I型キッチンはシンクやコンロ、冷蔵庫が一列になったものです。壁付けのものとダイニング側に向いているものとがあり、スペースを取らずコストも抑えられるのが特徴です。L型キッチンは壁に向かってL型に設置されたキッチンで、作業スペースが広くとれるのが特徴です。アイランド型キッチンは、島のように独立したキッチンで、おしゃれで使い勝手も良いので最近は特に人気のあるタイプです。
それぞれにそれぞれの良さがあるので、デザイン性だけでなく使い勝手やコストなど、譲れない部分を大切にした上で選ぶと良いでしょう。

 

コンセントの位置と数を考慮

alt="失敗しないキッチンの間取り"

キッチンではたくさんの家電を使います。冷蔵庫に電子レンジ、トースター、ミキサー、オーブン、炊飯器など主なものから家庭によってはウォーターサーバーやブレンダーなども加わってくるでしょう。
常にコンセントに差しっぱなしのもの、時々コンセントを使うものなどを数えた上で、必要な数だけ設置しましょう。コンセントが少ないと、料理がスムーズにできなかったり都度コンセントを差し替えたりとストレスにもなります。後で数を増やすのも難しいので、可能であれば想定より多めに設置しておくと良いでしょう。

 

オプションを精査

alt="失敗しないキッチンの間取り"

間取りを考える際、コストを抑えすぎてしまうと本当に必要な設備が設置できず、使い勝手が悪くなってしまいます。後でどんどん追加すると、せっかく広く造ったキッチンも結局狭くなってしまいます。
食洗機なら、ビルトインタイプを始めから選んでおけば後で他のスペースを用意する必要は無くなりますし、使いやすい吊り戸棚や引き出しをあらかじめ設置しておけば、食器棚や収納グッズが増えることもありません。長く使い続けることを考えた上で、オプションを選ぶようにしましょう。

 

ガスにするのかIHにするのか

alt="失敗しないキッチンの間取り"

ガスコンロは火加減の調整がしやすく、近年はお手入れのしやすさが格段に向上しています。揚げ物や炊飯、焼き魚など機能性も抜群です。一方、IHは熱効率が良く安全性が高く、フラットになっているのでお手入れは拭くだけという使いやすさが魅力です。
IHの方が安全だから…と選んでも、長年ガスを使っていたのであれば火加減の調整が難しく使いにくさを感じるかもしれませんし、とはいえ老後を考えると安全性の方が大切だと考えるかもしれません。いずれにしろ、これから10年は使い続けることを想定してみた上で、使いやすいもの、納得のいく方を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

キッチンの間取り、失敗を避けるには…

alt="失敗しないキッチンの間取り"

失敗した!と後で後悔しないためにも、次の2つの準備をした上で家づくりを進めていきましょう。

 

情報を集めて事前に検討を

近年はSNSが発達しており、必要な情報や使い勝手についてはリアルな声をすぐに集めることができます。また、資料請求をしたり、オンライン相談会に参加したり、ショールームに足を運んだりして、実際に目で見て触れてみて体感することもできます。
特にショールームは、実物を見ることでイメージを膨らませやすく、詳しく話を聞くこともできます。気軽に立ち寄ることができるので、うまく活用すると良いでしょう。

 

家族や暮らしにあったスタイルを選ぶ

また、たくさん情報を集め製品の良さを知り、使い勝手を知って取り入れたとしても、家族や暮らしにフィットしていなければ、どれだけいいものでも結局は後悔や失敗につながってしまいます。
キッチンにはどのレベルの性能を求めているのか、予算はどのくらいかけられるのか、ダイニングが狭くなってもいいからキッチンは広くしたいのか、など家族がどんな暮らしをしたいのか話し合い、本当に必要なスタイルを取り入れていくことが大切です。話し合いには多少時間がかかるかもしれませんが、失敗を避けるにはとても有効な手段でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなら…大切に使い続けられるキッチンを!

alt="失敗しないキッチンの間取り"

間取りや設備など使い勝手をしっかりと考えて造られたキッチンは、暮らしの満足度をぐっと上げてくれるはずです。長く大切に使い続けられるよう、よく考えて家づくりを進めていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

 

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

 

施工実例