alt="リモートワークに最適な自宅環境"

 

働き方の多様化やウイルスの蔓延により、多くの人が働き方を見直した2020年。今後も生活スタイルに合わせて、もっと多種多様の働き方が広がっていくことは安易に予想されます。もちろん、外に働きに出るのではなく、リモートワーカーとして家の中で働く人ももっと増えてくることでしょう。
これから家づくりを進めていくのであれば、リモートワークという働き方も視野に入れた上で、快適な暮らしを実現できるよう工夫することがとても重要です。そこで今回は、リモートワークを見越した、これからの家づくりに欠かせないポイントをまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・リモートワークのメリットは、通勤時間を短縮できて、家族との時間を十分に確保できることです。
・リモートワークを見越した家づくりを始めるのであれば、回線の設置や木造住宅の勘考、大きなデスクの設置や適度に集中できる部屋の広さにすることなどを考慮して進めていきましょう。
・仕事とプライベートのバランスをうまく取っていくためにも、将来の働き方を見越した家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次

◼ リモートワークのメリット
・通勤時間の短縮
・家族との時間を確保
◼ これからの家づくりに活かすなら…
・回線の設置
・電波を遮らない木造住宅
・大きなデスクを設置
・適度に集中できる部屋の広さ
◼ リモートワークを見越した家づくりを!

 

 

 

施工実例

 

 

 

 

リモートワークのメリット

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

リモートワークとは、オフィス以外の場所で、それぞれの専門スキルを活かす働き方です。自宅やカフェ、コワーキングスペースなどを使ってSNSなどで連絡を取り合いながら、離れた場所でも仕事を進めていくことができます。
場所や時間、雇用形態の制約を受けにくく、のびのびとした働き方が実現できます。特に家族がある人にとっては、家庭と仕事のバランスをとりやすいのが大きな魅力でしょう。

通勤時間の短縮

都内に住んでいても、都心の勤務地まで1時間ほどかかる、場所によってはもっと時間がかかる、という方も多いでしょう。毎日往復1〜3時間が通勤によって潰れてしまう、通勤だけで体力を消耗してしまう、と考えるとストレスにもなります。家づくりをする時も、通勤時間を考えて家を建てるため希望していた土地を泣く泣く諦める…という方も少なくありません。
リモートワークという働き方ができれば、通勤時間や勤務地を考えずに家づくりをすることができます。都心から少し離れた場所、都会の喧騒のない緑豊かな場所で暮らしながら、通勤に悩まされることなく仕事ができれば、生産性もアップしストレスも軽減できるでしょう。

家族との時間を確保

毎日の往復に当てていた1〜3時間を、家族と過ごす時間に当てることができるとしたら、それだけで幸せですよね。せっかく家を建てたのに、両親は仕事でほとんどおらず、いつも家の中が静か…という状況は避けたいものです。
特に子どもが小さいうちは、成長も早く一時も目が離せません。また、発熱や体調不良によって頻繁に職場を離れなければならず、仕事を続けること自体難しいことも多々あるでしょう。そんな時もリモートワークなら仕事と家庭のバランスをしっかりととることができます。

 

 

 

 

これからの家づくりに活かすなら…

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

今後のリモートワークを視野に入れて家づくりを進める場合、次のポイントをおさえておくと良いでしょう。

回線の設置

リモートワークにネット回線は必須です。あらかじめどの部屋でもネットに繋げられるよう、回線を整えておくと良いでしょう。リモートワーク以外でも、動画を楽しむこともできます。建ててしまった後で1階にも2階にも繋がるように回線工事をするとなると、多少手間がかかるので事前にやっておくと安心です。

電波を遮らない木造住宅

インターネットの回線であるWi-Fiは、障害となるものがなければ100mは飛ばすことができます。
インターネットが繋がりにくい、遅い、などの場合、電子レンジやIHヒーター、水槽などが側にあり阻害されている可能性があります。特にコンクリートの壁は通信を大きく遮る可能性があります。仕事中にインターネット回線が乱れるのは避けたいところ。リモートワークのやりやすさだけを視野に入れた場合、鉄筋コンクリートではなく木造にするという方法もあります。

大きなデスクを設置

ワークスペースやリビングの端など、デスクを設置しておけば、いつでもワークスペースとして活用することができます。
できれば大きなデスクがお勧めです。パソコンをいくつか並べることができますし、資料を広げることもできます。時々人を招いて、打ち合わせすることもできるでしょう。どうしても場所は取りますが、仕事の効率を考えると必須の投資です。

適度に集中できる部屋の広さ

個室をしっかりと造っておけば、家族を気にすることなくリモートワークに集中できます。狭い部屋で集中できる人、広い部屋の方が集中できる人と様々です。自分たちはどんな広さなら集中して仕事ができるのか考えて、部屋の広さを決めると良いでしょう。
さらに、人は部屋の出口が見える場所、人の気配を感じない場所であれば集中できると言われています。そこを加味してワークスペースを考えることをお勧めします。

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

リモートワークに最適な環境・参考例

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

天井が低く、物置になりがちなこちらのスペースも、環境さえ整えればリモートワークに集中できる書斎に早変わりします。本棚を並べれば、必要な資料にもすぐに手を伸ばせます。

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

リビングで過ごす家族の気配は感じるものの、視界には入ってこないので集中して仕事ができます。太陽光もしっかりと降り注ぎ、明るい部屋で仕事もはかどります。

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

広いスペースは必要なかったり、確保したりすることが難しかったとしても、コンパクトなワークスペースを造ることもできます。集中したい時だけさっと仕事が出来るので、切り替え上手な方には最適なスペースです。

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

いずれは二世帯で暮らせるように…と建てられた家なら、数年はワークスペースとして、必要になったら住居として使うことができます。家族の生活スタイルに合わせて取り入れていくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

リモートワークを見越した家づくりを!

alt="リモートワークに最適な自宅環境"

これからますます時代は変化し、自宅でリモートワークをする人もますます増えてくるでしょう。仕事とプライベートのバランスをうまく取っていくためにも、将来の働き方を見越した家づくりを進めていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

 

施工実例