alt="平屋の注文住宅"

2階建て、3階建ての大きな家を建てたい、いくつも部屋がある広々とした家を建てたい、という方がたくさんいらっしゃる一方で、昔ながらの平屋人気が最近高まっていること、じわじわと需要が広がっていることをご存知ですか?かつては終の住処だった平屋が、最近では『おしゃれな人が暮らす家』として多くの雑誌や番組などで取り上げられています。
一生に一度の家づくり、おしゃれで満足度の高い家を建てられたら最高ですよね。今回は、そんな平屋に暮らしたい、おしゃれな平屋を建てたい、という方に役立つおしゃれな平屋を建てるコツをまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・おしゃれな人は、全体のバランスを考えて家づくりをします。平屋は、家そのものだけでなく、家を取り囲む植栽やウッドデッキなどトータルコーディネートがしやすく、こだわって造ることができるのでおしゃれな人に選ばれています。
・外観や屋根、窓、間取りなど随所にこだわっておしゃれな平屋を建てましょう。
・家族みんなが安心安全に暮らせるような、おしゃれで快適な平屋を一緒に建てていきましょう。


 

 

 目次

◼ 平屋がおしゃれな人に選ばれる理由
・自然と共存する日常
・おしゃれを楽しめるサイズ感
◼ おしゃれな平屋に仕上げるコツ
・コツ① 外観にこだわる
・コツ② 屋根にこだわる
・コツ③ 窓にこだわる
・コツ④ 間取りにこだわる
・コツ⑤ 中庭にこだわる
◼ 安全面の配慮も忘れずに
◼ おしゃれな平屋を建てるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

 

平屋がおしゃれな人に選ばれる理由

alt="平屋の注文住宅"

1階部分だけで成り立っている平屋の家。昔ながらの日本家屋をイメージする方も多いかもしれませんが、最近はデザイン性の高い、近代的でおしゃれな平屋が増えてきています。そのため、あえて平屋を選ぶ方も珍しくありません。

自然と共存する日常

おしゃれな人は、デザインだけでなく素材や質感、建材や壁材が選ばれるまでのストーリーなど、トータルで考えて選択をします。平屋は、家そのものだけでなく、家を取り囲む植栽やウッドデッキなどトータルコーディネートがしやすく、こだわって造ることができるのでおしゃれな人に選ばれています。
シンボルツリーを植えたり、ガーデニングを楽しんだり、家庭菜園に力を入れたり、自然と共存した豊かな暮らしが実現出来る環境は、家族との距離感を大切にしながら充実した日々の暮らしを送ることができます。

おしゃれを楽しめるサイズ感

平屋には、開放感あふれる空間という魅力があります。広く大きな家でなくても、センスよく家具を選び間取りを考えれば、のびのびと過ごすことができます。おしゃれな人の中には、必要なものを必要なだけ選びコンパクトに生活をする人も多く、平屋ならそれが実現できます。
おしゃれを楽しめるだけでなく、適度なサイズ感なので家事効率もよく、家族との時間を大切にしながら過ごすことができます。

 

 

中庭が欲しい!平屋を引き立てる中庭のつくり方

 

 

 

 

おしゃれな平屋に仕上げるコツ

alt="平屋の注文住宅"

おしゃれな平屋に仕上げるにはポイントがあります。

コツ① 外観にこだわる

外観には、その家に住む人のセンスが現れます。限られた外壁をどんな色にするか、どんなデザインにするかだけでなく、中庭やウッドデッキ、その中に設置しているテーブルや椅子はどんなものを選ぶか、どんな植物を選ぶのかなど、全てのバランスにこだわって決めていくことがおしゃれに仕上げるコツです。
雰囲気を大きく左右するので、色やデザイン、バランスなどはプロの意見をしっかりと反映した方がいい箇所でもあります。

コツ② 屋根にこだわる

外観にも通じますが、どんな屋根にするかによっておしゃれ具合は大きく変わります。平たい屋根にしてスタイリッシュに仕上げることもできますし、三角屋根にすることもできます。屋根に勾配をつければ天井を斜めにすることができるので、天井を高くしたり梁をむき出しにしたりと室内もおしゃれにすることができます。屋根にこだわれば、窮屈さを感じず、快適に過ごせるリビングが実現します。

コツ③ 窓にこだわる

四角だけでなく、丸や三角など窓には様々な形があります。どんな形の窓をどの場所に設置するかによって、おしゃれな家になるかどうかが決まります。
もちろん、光を取り入れたり空気を入れ替えたりと窓には大きな役割があります。これらの役割を果たしながら、どうおしゃれに配置するかが窓の設置のポイントです。

 

alt="平屋の注文住宅"

 

コツ④ 間取りにこだわる

平屋は限られたコンパクトな空間です。その空間をいかにくつろげるようにするか、快適でおしゃれな空間にできるかは間取りにかかっています。
平屋だから1階部分しか造れない…というわけではなく、スキップフロアを設置したり、屋根裏にむけてリビング階段を設置したり、壁面収納を造ったり、と様々な工夫が出来ます。空間により立体感が生まれるように工夫しながら、こだわって間取りを考えてみましょう。

コツ⑤ 中庭にこだわる

外観とのトータルコーディネートに重要な中庭にこだわることも大切です。中庭とは、家の内部に設置された壁で覆われた庭のことで、家を上から見た時にカタカナの『コ』の字に見えるコの字型、カタカナの『ロ』の字に見えるロの字型などいくつか種類があります。
光が届きにくい平屋の中心部分にも、太陽光が届くので部屋の中がぐっと明るくなるのはもちろんのこと、外からの視線を気にすることなく中庭で遊ぶことが出来ます。もちろん、ライトアップや植栽のバランスでおしゃれに仕上げることが出来ます。

 

 

平屋の二世帯住宅でストレスゼロ生活!

 

 

 

 

安全面の配慮も忘れずに

alt="平屋の注文住宅"

平屋は居室が道路に面している場合が多いため、安全面には配慮が必要です。おしゃれに仕上げるのももちろん大切ですが、家族を守る家になっているかどうかも考慮して、家づくりを進めていきましょう。

防犯対策

平屋は1階部分のみで成り立っています。そのため、室内で過ごす姿や干している洗濯物、そこから読み取れる家族構成、在宅なのか不在なのか、など全てが把握されやすい環境でもあります。

人が近づくと自動的にライトが点灯する防犯センサーライト、人が歩くと大きな音が鳴る防犯砂利など、防犯対策には家づくりの段階から力を入れておきましょう。

また、造り的に平屋には窓が多くなります。スリット窓や人の体が入らない窓を設置するなどして、対策をしておきましょう。天窓を設置しておけば、外からの侵入を防げるだけでなく、家の中により多くの太陽光を取り込むことが出来ます。

 

 

▷ 要チェック!平屋を建てる前に…モデルハウスに行ってみよう!

 

 

 

 

おしゃれな平屋を建てるなら…

alt="平屋の注文住宅"

家族みんなが安心安全に暮らせる家づくりができれば、毎日を笑顔で過ごすことが出来ます。これから家づくりを進めるなら、おしゃれで快適な平屋を建ててみませんか?

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

施工実例