alt="書斎の間取りとアイディア"

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの働き方は大きく変わりました。家での仕事も求められるようになったことで、『仕事に集中できない…』『ワークスペースが欲しい…』と新たな悩みが生まれた人は多くいらっしゃいます。
これからの生活に、書斎は必須です。家づくりを始める段階で書斎の計画も立てておけば、時代の流れに合わせた暮らし方ができます。
今回は、テレワーク時代に欠かせない書斎について、間取りやポイントをまとめてご紹介します。


コラムのポイント
・これからの働き方を考えた時に、書斎はもちろん必要です。それ以上に、家族一人ひとりの心を休める場としても、書斎は今後ますます必要になるでしょう。
・集中出来る専用スペースとして使えたり、プライベート空間の確保できたり、仕事とプライベートのメリハリをつけることができたり、と書斎には多くの魅力があります。
・これからの時代、仕事を家でも行うワークスタイルはメジャーになっていきます。どんなライフスタイルにも対応できるよう、あらかじめ書斎が備わった家づくりを進めましょう。


 

 

 目次

◼ 書斎はこれからもっと必要になる!
◼ 書斎のメリット
・メリット① 集中出来る専用スペース
・メリット② プライベート空間の確保
・メリット③ 仕事とプライベートのメリハリ
◼ 書斎の間取り3タイプ
・タイプ⒈ 個室タイプ
・タイプ⒉ 半個室タイプ
・タイプ⒊ オープンタイプ
◼ 快適な書斎にするポイント
・照明に気を使う
・設備に投資する
・広さを工夫する
・窓を使ってリラックス
◼ 書斎のある家で理想のワークスタイルを

 

 

施工実例

 

 

 

 

書斎はこれからもっと必要になる!

alt="書斎の間取りとアイディア"

書斎は、本を読んだり仕事をしたりする部屋のことです。パソコンをしたり会社の仕事をしたりするだけでなく、家計簿をつける、書類の整理をする、など様々な用途に使われています。
また、書斎はワークスペースとしての利用だけでなく、1人でゆっくりするスペースとしても利用されています。仕事に子育てに家事に…と追われる中、ほっと一息つける時間を生み出すためには、独立した環境が必要です。書斎があれば、少し日常から離れて気持ちをリセットすることができます。

これからの働き方を考えた時に、書斎はもちろん必要です。それ以上に、家族一人ひとりの心を休める場としても、書斎は今後ますます必要になるでしょう。

 

 

 

 

書斎のメリット

alt="書斎の間取りとアイディア"

リビングや寝室などと異なる『書斎』という空間を設置することで、多くのメリットを得られます。

メリット① 集中出来る専用スペース

書斎というスペースを設けることで、仕事に趣味に集中出来るスペースが手に入ります。周りに気を使うことなく、やりたいことに没頭して、自分だけの時間を楽しむことができます。
人間が集中出来る時間は限られており、一度切れた集中を再び取り戻すのにも時間がかかります。書斎があれば、時間をうまく活用しながら物事を進めることができます。

メリット② プライベート空間の確保

独立した書斎をつくってしまえば、プライベートな空間とした活用できます。仕事に家庭に、ずっと人といると疲れてしまうこともあるでしょう。そんな時に、1人になれる場所があれば心身ともにリラックスすることができます。
家事の合間や休日など、自分ひとりのゆっくりとした時間を確保できれば、明日への活力へと繋がります。

メリット③ 仕事とプライベートのメリハリ

書斎があれば、仕事とプライベートをしっかりと分けてメリハリをつけることができます。気持ちを切り替えられることで、頭の中も整理されます。
仕事の空間を分けることで、書類が散らばってしまう、子どもが触ってしまう、ということもありません。メリハリをつけつつ、やるべきことに集中することができるのです。

 

 

いずれは在宅勤務を!将来を見据えた部屋づくり6つのポイント

 

 

 

 

 

書斎の間取り3タイプ

alt="書斎の間取りとアイディア"

書斎は、大きく3つのタイプに分けられます。

タイプ⒈ 個室タイプ

書斎だけで成り立つ独立した『個室タイプ』です。1〜2畳ほどのスペースがあれば、集中出来るスペースを造ることができます。デスクとチェア、本棚さえあれば、立派な書斎になります。
個室タイプの書斎なら、静かな環境の中で在宅ワークに集中することもできます。Web会議をするときも、慌てて片付けたり、家族に静かにするよう注意したりしなくても落ち着いて参加できるので安心です。

タイプ⒉ 半個室タイプ

パーテーションで仕切ったり、スキップフロアで空間を分けたりして造られるのが『半個室タイプ』です。専用の個室を造るだけのスペースがなくても、設置することができます。
間取りや書斎の広さを考えると難しい場合でも、視界さえ遮ることができれば集中出来る空間に仕上がります。自由度が高いタイプなので、好みに合わせて決めていくと良いでしょう。

タイプ⒊ オープンタイプ

個室タイプや半個室タイプに比べてスペースが確保しやすいのが『オープンタイプ』です。閉鎖された空間ではないため、プライベート感はあまりないもののワークスペースとして活用することができます。
リビングの端にカウンターを設置したり、組み立て式のデスクを置くスペースを設置したりすれば、すぐに活用できます。オープンタイプの場合、大人だけでなく子どもが宿題をしたり本を読んだりすることもできます。家事をしながら目を配ることができるので安心です。

 

 

リモートワークに最適な自宅環境を整えよう!

 

 

 

 

 

快適な書斎にするポイント

alt="書斎の間取りとアイディア"

使いやすく快適な書斎にするためには、以下のポイントが大切です。

照明に気を使う

集中して仕事をしたり読書や物書きをしたりする場合、手元を照らす灯りは重要です。部屋全体を照らすものではなく、手元を明るくして目に負担がないものを選ぶ必要があります。照明の取り付け位置や明るさ、光の色など注意して設置しましょう。

設備に投資する

デスクのサイズやチェアの使い心地、本棚のサイズなどは書斎で行う仕事の効率に直結します。パソコンを主に使うのか、書類を広げて調べ物なども並行して行うのか、など仕事のスタイルに合わせて使いやすいものを選びましょう。

 

alt="書斎の間取りとアイディア"

 

広さを工夫する

1畳ほどにデスクやチェア、本棚さえあればいいのか、それともみんなでミーティングなどもできる広いスペースが必要なのか、あらかじめ考えた上で書斎の広さを決めていきましょう。
本格的に在宅勤務をするとなると、プリンターやネット環境、書類保管庫なども必要になります。仕事道具が増える可能性も考えて、間取りを考えましょう。

窓を使ってリラックス

閉鎖された空間よりも、外の緑や観葉植物の緑が時々目に入った方が、集中力は増しますしリラックスできます。可能であれば小窓を設置して、外の景色が目に入り、空気の入れ替えもできるようにしておきましょう。
また、篭っていると二酸化炭素濃度も高くなります。清々しい空気とこまめに入れ替えて、気持ちの良い環境を保ちましょう。

 

 

 

 

書斎のある家で理想のワークスタイルを

alt="書斎の間取りとアイディア"

これからの時代、仕事を家でも行うワークスタイルはメジャーになっていきます。どんなライフスタイルにも対応できるよう、あらかじめ書斎が備わった家づくりを進めませんか?
多くの書斎のある家づくりをしてきた経験を活かし、最適なご提案をさせていただきます。ぜひ一度、ご相談ください。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例