alt="吹き抜けのある注文住宅"

 

あるだけで開放感が生まれる吹き抜け。注文住宅を建てる際、『新居には吹き抜けをつくろう!』と考えている方も多いのではないでしょうか。吹き抜けがあれば、一気に家がおしゃれになるだけでなく、室内が明るくなり、風の通りも良くなります。一方で、冬の寒さや空調効率の悪さ、匂いの広がりなど気になる点も多々ありますよね。

そこで今回は、吹き抜けのメリットやデメリット、つくる際の注意点など、『失敗した!』とならないために、吹き抜けのある家づくりのポイントをまとめました。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・開放感があり、あるだけで一気におしゃれな空間になるため、デザイン住宅を好む方や室内にゆとりある空間を設けたい方などに吹き抜けは好まれています。
・吹き抜けの難点は、寒さとの戦いです。シーリングファンや床暖房をうまく活用し、快適な室温を保てるようにしましょう。
・吹き抜けの良さを活かせるような家づくりをして、おしゃれで快適な暮らしをぜひ実現させましょう!


 

 

 目次
◼ おしゃれに仕上がる吹き抜けのある家
◼ 吹き抜けのある家のメリット
・メリット① 開放感がある
・メリット② 風の通りが良くなる
・メリット③ 明るい室内になる
・メリット④ おしゃれ度がアップする
・メリット⑤ 家族をいつでも身近に感じる暮らし
◼ 吹き抜けのある家のデメリット
・デメリット① 空調効率が悪くなる
・デメリット② 光熱費がかかる
・デメリット③ 掃除が大変
・デメリット④ メンテナンスも大変
・デメリット⑤ 音や匂いの広がりが気になる
◼ 吹き抜けをつくる時の注意点
◼ おしゃれな吹き抜けのある家を建てよう!

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

おしゃれに仕上がる吹き抜けのある家

alt="吹き抜けのある注文住宅"

吹き抜けとは、室内の一部分の天井と床をなくし、上下階とをつないだスペースのことをいいます。上下階が繋がっているため太陽光を取り入れやすく、風の通りも良くすることができます。

開放感があり、あるだけで一気におしゃれな空間になるため、デザイン住宅を好む方や室内にゆとりある空間を設けたい方などに吹き抜けは好まれています。

 

 

 

 

 

吹き抜けのある家のメリット

alt="吹き抜けのある注文住宅"

吹き抜けにはたくさんの魅力があります。

 

メリット① 開放感がある

吹き抜けがあると、2階の天井まで見上げることができるため、実際の空間以上の開放感を感じることができます。

視覚的に広がりを感じられるだけでなく圧迫感もなくなるので、東京のような土地面積が限られた場所でも開放感を感じながら暮らすことができます。

 

メリット② 風の通りが良くなる

吹き抜けを設置し、2階と1階をつなぐことで風の通りが良くなります。空気は下から上に循環するため、室内に対流を生み出すこともできます。設計によって難しい場合もありますが、シーリングファンを設置するなどの工夫をしておくと良いでしょう。

 

メリット③ 明るい室内になる

吹き抜けがあれば、部屋の隅々にまで太陽の光を取り込むことができます。部屋の奥まで明るく照らすことができるので、南側に窓を設置することが難しい、あまり採光が期待できない、という土地でも明るい室内が実現します。

 

メリット④ おしゃれ度がアップする

吹き抜けがある、というだけでその家はおしゃれなんだろうな…と想像してしまいませんか?実際に、吹き抜けがあるだけで開放感が生まれ、空間のつながりやゆとりも生まれ、おしゃれな空間になります。内装や間取りなど、デザインにこだわることでさらにおしゃれ度をアップすることができます。

 

メリット⑤ 家族をいつでも身近に感じる暮らし

吹き抜けは1階と2階がつながっているため、いつでも家族の気配を身近に感じることができます。離れていても家族の会話が聞こえ、コミュニケーションを取ることができる環境は、子どもの思春期や仕事で忙しい時期をも乗り越えるつながりが築けます。

 

 

 

 

吹き抜けのある家のデメリット

alt="吹き抜けのある注文住宅"

吹き抜けも例に漏れず、メリットがあればデメリットもあります。

 

デメリット① 空調効率が悪くなる

空気は下から上に登ります。そのため、暖かい空気が天井付近に溜まり、冷たい空気は床付近に溜まりやすくなります。吹き抜けがあるためひとつの空間が広くなり、それによって冷暖房が効きにくくなる恐れがあります。

 

デメリット② 光熱費がかかる

空調効率が悪くなることで、結果として光熱費が高くなります。真夏の冷房稼働時や真冬の暖房稼働時は、それが顕著に現れるでしょう。家自体の性能が上がっているので、涼しさや温かさはキープすることができますが、それでも気になる部分です。

 

デメリット③ 掃除が大変

吹き抜けに設置してあるライトや天窓、これらがあるだけでおしゃれになりますが、掃除はかなり大変です。ホコリや蜘蛛の巣が張ってもすぐに取り除くことが難しく、結露によるカビが発生していても簡単に掃除ができないため対処が難しい場合があります。

 

デメリット④ メンテナンスも大変

電球の交換や、壁紙の張り替えなどメンテナンスも大変です。脚立などでは対応できず、場合によっては業者に依頼して足場を組んで作業をして…と、想定外の費用と手間がかかる可能性もあります。自分たちで作業するのも危険が伴うので、あまりお勧めできません。

 

デメリット⑤ 音や匂いの広がりが気になる

リビングでの会話やテレビの音、晩御飯の匂いなど、ちょっとした音や匂いも家全体に広がりやすくなります。音がうるさくて眠れない、寝室まで唐揚げの匂いが広がってゆっくり休めない、など支障をきたす可能性があるので、換気をしっかりする、声やテレビのボリュームを下げる、などの対応が必要です。

 

 

施工実例

 

 

 

 

吹き抜けをつくる時の注意点

alt="吹き抜けのある注文住宅"

実際に吹き抜けをつくる時は、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

 

床暖房もつける

吹き抜けの家づくりをする際、最も疑問の声が多いのが『寒さ』に関することです。実際に、暖かい空気は天井付近に溜まるため、冬場の寒さが気になる方も多いでしょう。寒さ対策として最もお勧めなのは、暖かい足元を保てるよう、床暖房設置を検討しておきましょう。空調とシーリングファンだけでは心許なかったものが、一気に解消されます。

 

高気密・高断熱住宅を建てる

現代の家はかなり性能が上がり、ほとんどの家が高気密住宅、高断熱住宅になっています。あらかじめ性能の高い家にしておけば、吹き抜けで天井付近に空気が溜まっても循環させ、快適な室温を保つことができます。そうすることで、吹き抜けがあっても寒さに悩まされない家づくりをすることができるのです。

 

耐震性を考える

吹き抜けがある場合、通常の住宅ではあるはずの柱や壁がなくなります。それで開放感が生まれますが、耐震性が下がるということでもあります。吹き抜け部分があったとしても地震がきても耐えられるよう、構造面の注意が必要です。

 

 

 

 

 

おしゃれな吹き抜けのある家を建てよう!

alt="吹き抜けのある注文住宅"

吹き抜けは、デメリットもありますがそれを上回るおしゃれさや採光性の高さ、風通しの良さがあります。吹き抜けの良さを活かせるような家づくりをして、おしゃれで快適な暮らしをぜひ実現させましょう!

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例