alt="注文住宅の照明計画"

 

私たちの暮らしを明るく照らしてくれる照明。リビングには明るく部屋全体を照らす照明、寝室には穏やかな暖かみのある照明、と使い分けることで、それぞれの空間でより快適に過ごすことができます。その照明の良さを最大限活かすためには、家づくりの段階で部屋にあった照明を選び、照明ごとの特徴を知っておくことが大切です。
そこで今回は、家づくりに欠かせない照明計画の立て方をまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・リビングや寝室といったそれぞれの部屋にどんな照明を設置するのかをあらかじめ考えておけば、新居での暮らしはより快適なものとなります。
・リビングならシーリングライト、寝室ならフットライト、というように用途に合わせて最適な照明を選ぶようにしましょう。
・照明ひとつにこだわるだけで、家はよりおしゃれになります。希望に合わせた照明計画を立てながら、世界にひとつだけの家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ 暮らしに寄り添う照明計画を立てよう
◼ 照明の種類
◼ 【部屋別】おすすめの照明タイプ
◼ 照明計画を失敗しないポイント
◼ 照明までこだわった家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

暮らしに寄り添う照明計画を立てよう

alt="注文住宅の照明計画"

天井に大きなライトを設置すれば、部屋の隅々まで照らし明るく快適な環境の中で過ごすことができます。とはいえ、せっかく家を建てるのであれば、間取りや設備だけでなく、照明までこだわりたいですよね。照明には、天井に付けるライト以外にもレールで吊るすもの、足元を照らすもの、雰囲気を良くするための穏やかな明るさのもの、など様々な種類があります。それぞれの種類によって、電気回線を引き専用のコンセントやプラグを設置しておく必要があるため、事前の計画はとても大切です。
リビングや寝室などそれぞれの部屋に、どんな照明を設置するのかをあらかじめ考えておくことで、新居での暮らしはより快適なものとなるでしょう。

 

 

 

 

照明の種類

alt="注文住宅の照明計画"

照明には様々な種類がありますが、ここでは主に使用されているものをご紹介します。

 

シーリングライト

天井に直接取り付けて、部屋全体を明るく照らすライトのこと。均一に部屋中を照らし、場所も殆ど取らないため、リビングやダイニングなどメインとなる部屋に設置される。カバーのデザインが豊富で、たくさんある中から好みのものを選ぶことができる。

ペンダントライト

ペンダントのように、天井から吊り下げる照明のこと。様々なサイズとデザインの中から選ぶことができる。食卓を照らしたり、ドレッサー周りを照らしたり、アクセントとして活用できる。

スポットライト

天井に設置するが、部屋全体を照らすのではなく、置物や壁画を飾った壁など強調したい部分を照らす役割がある。シーリングライトの代わりに設置して、部屋全体を照らすような使い方も可能。

ダウンライト

天井に直接埋め込まれた照明のこと。シーリングライトやペンダントライトとは異なり、目立つことなく天井から部屋全体を照らすことができる。角度を変えることによって、光の当たり方を変えることができるので、メリハリを持たせて効果的に使用することができる。

フットライト

足元を照らすための照明のこと。階段で足元を照らしたり、夜中トイレに行く時に廊下を照らしたり、部屋の明かりをつけたくない時に重宝されている。センサーが搭載され人を感知するものや、夜間だけ点灯するものなど種類が豊富。

フロアスタンド

移動可能な、床に置くライトのこと。大きいものから小さいものまで、様々なサイズの中から選ぶことができる。部屋の隅を照らしたり、壁を照らしたりすることで雰囲気を作り出すことができる。フロアスタンドに合わせた、コンセントの位置計画が必要。

スタンドライト

フロアライトよりも小さく、ベットサイドやテーブルサイドなどの手元を重点的に照らす照明のこと。補助的な灯りが必要な場所で重宝される。どこに設置するのかを考えた上でコンセントの位置計画が必要。

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

【部屋別】おすすめの照明タイプ

リビングや寝室など、部屋ごとに用途は異なります。そのため、用途に合わせて最適な照明を選ぶようにしましょう。

 

リビング

alt="注文住宅の照明計画"

家族みんなが長時間過ごしてくつろぐ場所です。暖かい雰囲気、パッと明るい雰囲気など求める雰囲気に合わせて照明を選びましょう。
暖かい雰囲気にするのであれば、電球色や柔らかみのあるランプを選び、ペンダントライトやフロアスタンドなどいくつかの照明を組み合わせると良いでしょう。ペンダントライトを低めに設置すれば、食卓を美味しそうに照らすこともできます。パッと明るい雰囲気を求めるのであれば、シーリングライトに白熱灯を合わせ、部屋全体を照らすようにすると随分と明るくなります。シーンに合わせて明るさを調整できるよう、調光機能があるものを選んでおくと良いでしょう。

模様替えをしたり、照明を変更したりしても困らないよう、あらかじめダクトレールを設置しておくと安心です。

 

寝室

alt="注文住宅の照明計画"

寝室はゆっくりと眠り、1日の疲れをゆっくりと癒す場所です。煌々と部屋全体を照らすものではなく、間接照明のような暖かい光を選ぶようにしましょう。
ペンダントライトやスポットライトを設置する場合は、ベットの真上に照明が来ないように工夫が必要です。フロアスタンドやスタンドライトをいくつか組み合わせて設置すれば、照明の光が直接顔に当たらないのでまぶしすぎず、ゆっくりと眠りにつく環境を整えることができます。寝る前の読書の時にも重宝するでしょう。
寝室の場合は、足元にフットライトを設置しておくと、子どもや高齢の両親が夜中にトイレに行きたくなった時も安心です。

 

書斎

alt="注文住宅の照明計画"

集中して仕事をしたり、読書をしたり、と用途の多い書斎は、部屋全体を照らすシーリングライトで明るい環境をつくりましょう。さらに手元もしっかりと照らせるようにスタンドライトも設置しておくと安心です。
書斎のような物事に集中するスペースの場合、照明の明るさはとても重要です。歳を重ねるにつれて、正確にモノを見るためにはより明るさが必要とされているので、誰が主に利用するのかによって明るさを決めていくようにしましょう。

 

子ども部屋

alt="注文住宅の照明計画"

部屋全体を照らすシーリングライトと、手元を照らすスタンドライトを活用し、お絵描きや勉強など、集中しやすい環境になるようにしましょう。スタンドライトは、利き手と反対側に設置し机の上を照らすように使うので、お子様の利き手も考えた上でスタンドライトの位置やコンセントの位置を決めていくのがお勧めです。
床の上やベットの上など、どこでも本を読んだり遊んだりするのが子どもたちです。なので、どこにいても明るさを感じられるように明るめのシーリングライトを活用しましょう。

 

トイレ

alt="注文住宅の照明計画"

トイレ全体を照らすシーリングライトや、おしゃれな雰囲気を生み出すペンダントライトがお勧めです。いずれにしろすっきりとした照明なので、トイレのようなスペースが限られた空間も、狭さを感じることなく快適に過ごすことができます。
照明にこだわるだけで、一気におしゃれな空間になるのがトイレなので、壁紙とのコーディネートを考えながらこだわってみると良いでしょう。

 

 

 

 

照明計画を失敗しないポイント

alt="注文住宅の照明計画"

照明計画を立てる時は、どの部屋にどの照明が必要なのかをしっかり考えたうえで決めていくことが大切です。どの照明器具を選ぶのか、コンセントを使うのかダクトレールが必要になるのか、など考えておけば、部屋に合わせた快適な照明を選ぶことができます。

また、間取りを考えながらどんな照明を設置するのかといった、インテリアデザインも合わせて考えていくことで統一感のあるおしゃれな部屋をつくり出すことができます。全体のバランスを見ながら決めていきましょう。自分たちだけでは決められない…という時は、インテリアコーディネーターやインテリアデザイナーの力を借りることもできます。
せっかく建てる家ですから、細部までこだわったセンスの良い家づくりを進めていきましょう。

 

 

 

 

照明までこだわった家づくりを!

alt="注文住宅の照明計画"

照明ひとつにこだわるだけで、家はよりおしゃれになります。希望に合わせた照明計画を立てながら、世界にひとつだけの家づくりを進めていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例