alt="注文住宅のこだわり"

 

注文住宅を建てる一番の楽しみは、何といっても間取りの自由度が高い!こだわった家づくりができる!という点ですよね。多くの人がこだわりを持って進めてきた家づくり。特にどこをこだわったのか、ポイントは何なのか、などがわかれば、これから家づくりを始める私たちも参考にすることができます。

そこで今回は、家づくりをしてきた方々はどこにこだわり、どんな家に仕上げたのかについてまとめてみました。

 


コラムのポイント
・注文住宅は、建売住宅に比べて間取りや設備の自由度が高く、住む人の好みに合わせてこだわりを詰め込んで建てることができます。
・玄関やキッチン、トイレ、お風呂などこだわりポイントを参考にして家づくり計画を進めていきましょう。
・しっかりと情報収集をし、綿密な話し合いをした上で家づくりを進めていくことがこだわった家づくりを進めていくポイントです。


 

 

 目次
◼ 注文住宅は自由度が高い!
◼ 我が家のこだわりポイントはここ!
◼ こだわりを実現するために…
・綿密な話し合い、打ち合わせを!
・情報収集して自分たちのスタイルに落とし込む
◼ こだわりを詰め込んだ家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

 

注文住宅は自由度が高い!

alt="注文住宅のこだわり"

注文住宅は、建売住宅に比べて間取りや設備の自由度が高く、住む人の好みに合わせて建てることができます。

多くの人にとっては一生に一度の家づくりです。建てた後で後悔しないためにも、家づくりの段階でしっかりとこだわりを詰め込み、住みやすい快適な家づくりを進めていくことが大切です。自分たちのこだわりが詰まった家は、住みやすく居心地の良い場所として、長きにわたって家族に寄り添ってくれるでしょう。

 

 

 

 

我が家のこだわりポイントはここ!

alt="注文住宅のこだわり"

すでに家づくりをされた方々が、『どこにこだわったのか』『なぜこだわったのか』についてまとめて見てみましょう。

 

こだわりポイント① 床材

alt="注文住宅のこだわり"

壁紙同様、床材の色をどうするかによって部屋の雰囲気は大きく変わります。明るい雰囲気にするために優しい色味の床材、シックな部屋にするために暗い色味の床材、など色にこだわる方は多くいらっしゃいます。

他にも、リビングとダイニングで床材の色をガラッと変えてアクセントにする、素材を変える、などこだわることで、世界にひとつだけの部屋が出来上がります。

 

こだわりポイント② 壁紙

alt="注文住宅のこだわり"

部屋ごとに壁紙を変える、派手な柄やポップな柄をアクセントクロスとして使用する、素材感を楽しむために壁の一部にタイルを貼り付ける、などのこだわりを表現しやすいのが壁紙です。

壁紙は、小さいサンプルで見た時と大きく壁に貼った時とで見え方が異なるので、どのような見え方になるのかも意識しながら選ぶと良いでしょう。

 

こだわりポイント③ 収納

alt="注文住宅のこだわり"

収納をとにかく広くつくった、思い切ってウォークインクローゼットをつくった、など大きさにこだわる方が多く、さらに収納したものは必要な時に使いやすいのかどうかまで考えた上でつくられています。

いつもスッキリとした部屋をキープすることも重要ですが、毎日の家事を楽にできるような収納計画が大切です。

 

こだわりポイント④ リビング

alt="注文住宅のこだわり"

家族が集まるリビング。吹き抜けをつくって明るく開放的にした、リビング階段を設けていつでも家族と顔を合わせられるようにした、など最も多くの時間を過ごすからこそ、特にこだわりを持つ方が多い場所です。

来客があった時に困らないように、ゲストクロークをあらかじめ設けておくというような間取り計画も参考にしてみると良いでしょう。

 

こだわりポイント⑤ キッチン

alt="注文住宅のこだわり"

使いやすさが求められるキッチンは、キッチンの場所やデザインなど、豊富にある中からこだわりを持って選びたいもの。リビングが見えやすいような間取りにした、外を見ながら料理を作れるようにした、などのこだわりがあります。設備に関しても、掃除不要な換気扇を設置する、自動で流れる水栓を採用する、など使い勝手の良さを突き詰めたものが多くあります。

 

こだわりポイント⑥ お風呂

alt="注文住宅のこだわり"

窓をつけて湿気がこもらないようにする、掃除の時に邪魔にならないよう棚をあまりつけない、リラックスできるよう広さにこだわる、水垢や汚れが目立ちにくい色にする、などがあります。

1日の疲れを癒す大切な場所なので、体が休まるようにジェットバスやテレビの設置、明るい色使いにする、などのこだわりを詰め込んでも良いですね。

 

こだわりポイント⑦ トイレ

alt="注文住宅のこだわり"

狭いスペースになりがちなので、カラフルな壁紙を採用する、デザインタイルを使ってみる、全自動のトイレを採用しリラックスを追求した空間にする、など、いかに快適に過ごせるかがポイントです。

タンクレストイレにして広々としたトイレにしたり、手洗いボウルにこだわったりと細かなところまでこだわることで、多くの予算をかけなくても理想の空間になるというのがトイレの良さです。

 

こだわりポイント⑧ 玄関

alt="注文住宅のこだわり"

人が出入りする玄関は、常に綺麗な状態を保ち、住む人やお客様を迎え入れたいもの。吹き抜けを設置して明るくする、大きめの土間やシュークロークを設置して整理整頓しやすくする、などこだわっておけば、使い勝手がよくなります。

アウトドアが好きでモノが増えやすい、自転車を保管してこまめに整備したい、という時は広めの土間が役立ちます。

 

こだわりポイント⑨ 寝室

alt="注文住宅のこだわり"

ゆっくりと眠り疲れを取るためにも、落ち着ける空間であることが大切です。太陽光が顔に当たらないように窓の位置を工夫する、防音性を高めておく、散らからないよう収納のしやすさにこだわる、などの快適に眠れるようなこだわりが多く見られます。

壁紙も心落ち着くような色味を採用することで、足を踏み入れた瞬間からリラックスできるような空間になります。

 

こだわりポイント⑩ 和室

alt="注文住宅のこだわり"

最近は和室自体をつくらない方も多い中で、和室をつくられる方は畳の質や障子、襖のデザインなどにこだわっています。

お客様をいつでも招くことができるように玄関の近くに設置する、小上がりにしてリビング内に設置する、などの工夫もおすすめです。

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

こだわりを実現するために…

alt="注文住宅のこだわり"

こだわりたいことがたくさんある家づくりですが、どうすればよりこだわりを実現していくことができるのでしょうか。

 

綿密な話し合い、打ち合わせを!

家づくりを始める前に、まずやるべきことは家族間の話し合いです。どんな家にしたいのか、何をして過ごしてどんな暮らしをしたいのか、それを実現するためにはどんな設備でどんなデザインにすれば良いのか、予算はどうするのか、などを話し合っていくことが大切です。みんなが住む家なので、理想を挙げる中で優先順位を明確にし、計画を立てていきましょう。

そして、家族間の話し合いだけでなくハウスメーカーの担当者との打ち合わせも大切です。自分たちの希望をしっかりと伝え、イメージをすり合わせておかないと、想像と違うものが出来上がってしまう可能性があります。建ててしまうと変更がきかなくなってくるので、完成イメージの共有を綿密にしておきましょう。

 

情報収集して自分たちのスタイルに落とし込む

家づくりの情報は、巷に溢れています。その中から、自分たちの理想に近いものをしっかりと集めていきましょう。SNSで情報収集をしたり、資料を取り寄せたり、住宅展示場に足を運んだり、できることはたくさんあります。その上で、優先順位の高い情報を厳選し、自分たちの家づくり計画に落とし込んでいきましょう。

 

 

 

 

こだわりを詰め込んだ家づくりを!

alt="注文住宅のこだわり"

こだわればこだわるほど、家づくりは時間がかかり大変に感じるかもしれません。しかしその分、出来上がった時の満足度や住み心地の良さは、想像を超えるものとなるでしょう。納得の家づくりができるよう、こだわりを詰め込んだ家づくりを進めていきましょう。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例