alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

書斎のある家を建てたいけれど、独立した書斎をつくるのはスペースや予算の関係上難しい…。そんな時にぜひ検討して頂きたいのが、リビングに書斎をつくるというアイデアです。リビングに書斎なんてつくれるの?と疑問に思うかもしれませんが、ちょっとした工夫で、リビングに快適な書斎をつくることができるのです。

今回は、リビングに書斎をつくる時のポイントや間取りの考え方をまとめてご紹介します。納得のいく、書斎のある家づくりを始めましょう!

 


コラムのポイント
・ちょっとした工夫をするだけで、リビングにも書斎をつくることができます。大きな本棚がなくても、プリンターなどの設備を整えることができなくても、1畳ほどのスペースがあれば書斎をつくることができます。
・リビングに書斎をつくる場合、書斎の機能とリビングに求める空間を共存させることが大切なポイントです。
・リビングに書斎があることで膨らむ会話が、家族の絆を深め、共に過ごす時間を幸せなものにしてくれます。せっかく家を建てるなら、家族の絆を深める、リビングに書斎のある家づくりを始めましょう。


 

 目次
◼ リビングに書斎はつくれるの?
◼ タイプ別リビングの書斎
・個室タイプ
・半個室タイプ
・オープンタイプ
◼ リビングに書斎をつくるポイント
◼ リビングの書斎アイデア&実例紹介
◼ リビングに書斎のある家を建てるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

 

リビングに書斎はつくれるの?

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

仕事をするために、読書をするために、1人で息抜きをする時間をつくるために、書斎のある家を建てたい!と考える方は多いもの。しかしスペースや費用の関係で、諦めざるをえない…という方が多いのも事実です。

書斎という独立した空間があれば、家での過ごし方に幅が広がり、より毎日を楽しく過ごすことができます。そんな空間をリビングにつくるのは難しいと思うかも知れません。しかし、ちょっとした工夫をするだけで、リビングにも書斎をつくることができます。大きな本棚がなくても、プリンターなどの設備を整えることができなくても、1畳ほどのスペースがあれば書斎をつくることができます。
リビングに書斎のようなワークスペースをつくることで、家族みんなでそのスペースを使うことができます。子どもたちが宿題をしたり、家事をしながらパソコンで調べ物をしたり、持ち帰った仕事にちょっとだけ手を加えたり…など様々な活用法があります。

家族みんなが有意義に活用できる書斎のつくり方を、まずは見てみましょう。

 

 

 

タイプ別リビングの書斎

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

リビングに書斎をつくる場合、大きく3つのタイプに分けてつくることができます。

 

個室タイプ

リビングの中でも、壁や扉を設置して個室タイプの書斎をつくることができます。独立した空間になるため、集中して作業に取り組むことができるでしょう。扉を閉めれば子どもたちが入ってくることができないため、家族の存在を感じながらも自分のやるべきことに集中することができます。

半個室タイプ

個室タイプのような独立性はないものの、カウンターで仕切ったり、スキップフロアを利用したりすることで、半個室タイプの書斎をつくることができます。空間に寄り添った、リビングと一体感のある書斎にすることができます。

オープンタイプ

リビングの一角にテーブルを設置する、折りたたみのデスクを設置する、など専用のスペースは設けなくても、書斎として使うことができるスペースがオープンタイプです。開放感があり、家族と会話をしながら、家事をしながら、作業をすることができます。

 

 

 

 

 

リビングに書斎をつくるポイント

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

間取りを考える場合、書斎の機能とリビングに求める空間を共存させることがポイントです。

 

食事&仕事に合ったテーブルの設置

オープンタイプの書斎をつくる場合、ダイニングテーブルで仕事をする方も多いでしょう。その場合、食事を並べられることだけでなく、書類も広げられるサイズであるかどうかも考えた上でテーブルを選ぶようにしましょう。
テーブルが高かったり狭かったりすると、肩こりや眼精疲労につながります。可能な範囲で、適度なサイズを選ぶようにしましょう。

 

収納スペースの検討

個室タイプの場合は収納をつくることができますが、半個室タイプやオープンタイプの場合、どこに収納をつくるのかは大きな課題です。
書類や本が散らかりにくく、インテリアの邪魔をしないよう、テーブルの下や壁面をうまく活用して収納スペースを設置するようにしましょう。収納のサイズによっては、上部をデスクとして使用することもできます。間取りを考える時点で、検討しておきましょう。

 

畳スペースの活用

リビングにつくった和室スペースを利用して、書斎にすることができます。畳なので、テーブルを置くだけ。それだけで、畳や座椅子に座ってすぐに作業ができるスペースが出来上がります。
畳は欲しいけど用途に困る…という方にとっても使いやすい、便利なスペースです。

 

コンセントの数と位置

パソコンの電源や手元を照らすライト、事務機器の充電など書斎は多くの電源を必要とします。そのため、通常のリビングで使うよりも多めにコンセントを設置するようにしましょう。
デスクワークや読書などの作業効率を上げるためには、コンセントをどの位置に設置するのかも大切です。

 

インターネット回線を整える

リビングに書斎の機能を備える場合、インターネット回線を整えておきましょう。動画や音楽配信の視聴をするために予め整える方は多いですが、リモートワークやウェブ会議など働き方の変化にすぐに対応できるよう、環境を整えておくと後で安心です。

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

リビングの書斎アイデア&実例紹介

 

リビングの一角に設けた仕事スペース

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

リビングの一角につくられた、こちらの書斎スペース。壁に向けて広く造られたデスクで、リビングとはいえ集中できます。

オープンスペースですが、オンオフの切り替えが上手な方、すぐに集中できる方などにはぴったりな書斎でしょう。

家族の趣味が生きる家2

 

 

子育てとラクラク家事を実現させた書斎

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

リビングの一角にデスクが設けてあることで、家事をしながら、子どもの様子を見ながら、ちょっとした作業や仕事をすることができます。

多くのスペースがなくてもスペースはつくれます。これなら、大人だけでなく子どもたちも、折り紙やお絵描きをしたり、宿題をしたりと自由に使うことができますね。

子育てとラクラク家事を実現させた住まい

 

 

 

リビングに書斎のある家を建てるなら…

alt="リビングに書斎をつくる間取りポイント"

リビングに書斎があることで膨らむ、『お父さん仕事頑張ってね』『宿題、一緒にやろうか?』という会話。こんなちょっとした会話が、家族の絆を深め、共に過ごす時間を幸せなものにしてくれます。

こんな日常を過ごせることが、リビングに書斎がある良さでしょう。せっかく家を建てるなら、絆を深めるリビングに書斎のある家づくりを始めませんか?

 

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例