alt="中庭のある平屋の家"

中庭のある平屋の家。おしゃれなデザインが多く、せっかく建てるなら自分たちの家もおしゃれに仕上げたい…!とお考えの方も多いのではないでしょうか。中庭のある平屋の家には、開放感や通気性など様々なメリットがあります。今回は、そんな魅力を最大限活かす中庭のある平屋の家づくりについて、ポイントをまとめました。

 


コラムのポイント
・平屋に中庭をつくれば、通気性や開放感アップ、採光性の良さ、優れたデザイン性など様々なメリットがあります。
・植栽にこだわったり、ウッドデッキや窓から見える風景にこだわったりすることで、中庭はぐっとおしゃれに仕上げることができます。
・どんな中庭をつくるかで、家のおしゃれさは変わってきます。せっかく建てる家ですから、しっかりとこだわって満足のいく中庭をつくりましょう!


 

 

 目次
◼ 平屋につくる中庭のメリット
・メリット① 通気性の良さ
・メリット② 開放感アップ
・メリット③ 採光性抜群
・メリット④ デザイン性
・メリット⑤ 固定資産税の削減
◼ 3つの形から中庭を選ぶ
◼ 中庭をもっとおしゃれにする方法
・植栽にこだわる
・ウッドデッキの活用
・窓から見える風景にこだわる
・家とバランスのとれた色使い
◼ 平屋におしゃれな中庭をつくるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

平屋につくる中庭のメリット

alt="中庭のある平屋の家"

これから家づくりを始める方には知っておいてほしい、平屋につくるからこそ活きる中庭の魅力がたくさんあります。

 

メリット① 通気性の良さ

中庭に面した窓を開けると、気軽に風の通り道を確保することができます。空気が留まることなく循環するので、年間を通して心地よい空気の中で暮らす楽しみを味わうことができるでしょう。

風通しがよくなれば、結露やカビの発生を抑えることもできるので安心です。家の中央につくった中庭であれば、通行人の視線や防犯面を気にする必要もありません。

 

メリット② 開放感アップ

平屋はワンフロアの空間として、家族をいつも身近に感じながら暮らすことができます。天井を高めにしておけば、さらに開放感はアップします。

そこに青空を眺められる中庭をつくることで、開放感は想定以上のものになります。中庭があることで視界が抜けて、空間の広がりを感じることができるので、心地よさを感じながら毎日を過ごすことができるでしょう。

 

メリット③ 採光性抜群

平屋は元々、家の中央に向かうほど太陽光が届きにくいつくりになっています。そのため、どうやって全ての部屋に太陽光を届けるかは課題でもあります。

しかし、中庭があればそんな問題もなくなり、家中を明るくすることができます。どの部屋も明るく、さらに中庭に広がる自然豊かな姿を眺めることができるのは大きな魅力です。

 

メリット④ デザイン性

中庭のある平屋の家は、通常の家に比べるとデザイン性が高くなります。暮らしの満足度がアップするだけでなく、素敵な空間を準備してお客様を迎えることができます。

家全体の開放感が増すことで、中庭の緑とのバランスも取れるようになり、家に居ながらにして自然の空気を感じることができます。

 

メリット⑤ 固定資産税の削減

固定資産税とは、毎年1月1日時点で登記してある、土地と建物の所有者にかかる税金のことです。住宅を購入した場合、毎年支払う必要があります。屋根がない中庭には固定資産税がかからないので、中庭があるだけで固定資産税を抑えることができます。固定資産税の評価額は一度決まると見直すことはないので、家づくりの段階で中庭をつくっておくと安心です。

 

 

施工実例

 

 

 

 

3つの形から中庭を選ぶ

alt="中庭のある平屋の家"

中庭と言っても、その形は様々です。

 

コの字型

カタカナの『コ』の字型のように、家に囲まれる形になっている中庭のことを『コの字型』といいます。家と中庭のバランスが取りやすく、開放感があり広々とした空間に仕上がります。

ロの字型

カタカナの『ロ』の字型のように、中庭の周りをぐるりと囲むタイプの中庭のことを『ロの字型』といいます。中庭は完全なプライベート空間になるため、中庭で過ごす時間を楽しむことができます。周りの環境に左右されずにゆっくりと過ごすことができるので、自分たちだけの時間を楽しむことができるでしょう。

L字型

家の形をアルファベットのL字のようにすることで、庭を半分包み込んでいるような中庭のことをL字型といいます。3つの形の中で最も開放感がある中庭です。背の高い植物を植えたり高めの堀を設置したりすることで、開放感はキープしつつプライバシーを守ることができます。

 

 

 

 

中庭をもっとおしゃれにする方法

alt="中庭のある平屋の家"

中庭はそのままでも十分素敵ですが、しっかりとこだわることでぐっとおしゃれに仕上げることができます。

 

植栽にこだわる

建てた後時間をかけて育てていく、という楽しみが家にはあります。植栽にこだわり、好きな植物を植えることで中庭はおしゃれに仕上げることができます。年間を通して草木や花が溢れている中庭は、誰が見ても素敵ですよね。家の雰囲気や、植物の種類に合わせてバランスをとっていくことで、世界に一つだけの中庭にすることができます。家を建てた記念として、シンボルツリーを植えても良いですね。

大きな植物は育てられるか不安…という方は、小さな鉢植えから挑戦してみるのも良いでしょう。移動も植え替えも手軽にできるので、管理が苦手な方にも安心です。お手入れに不安がある時は、水やりが必要ない自動散水システムを導入しておけば安心です。

 

ウッドデッキの活用

中庭にウッドデッキをつくれば、オープンリビングな空間をつくることができます。もちろん、休日は家族で集まって過ごしたり、洗濯物を干したり、子どもたちの遊び場として活用したり、様々な活用法があります。より開放感を生み出すためには、室内の床とウッドデッキの高さを合わせると良いでしょう。軒を設置しておけば、天候に左右されず中庭で過ごす時間を楽しむことができます。

ウッドデッキは、素材によっては腐食しやすいものや傷みやすいものがあります。そのため定期的なメンテナンスが必要になるので、アフターケアがどこまでできるのかを考えた上で検討することが大切です。

 

窓から見える風景にこだわる

窓から見える中庭の風景にこだわることで、よりセンスアップすることができます。リビングや寝室など、部屋によって見える風景を変えたり、夜も眺められるように照明を設置したり、工夫してみると良いでしょう。特に月明かりは中庭全体を美しく照らしてくれます。その美しさが際立つように照明を設置するのもお勧めです。

四季折々の花を眺め、風が吹く様子を感じ、木漏れ日に癒され、身近に自然を感じながら送る暮らしは、住む人の心をより豊かにしてくれます。

 

家とバランスのとれた色使い

色使いにこだわることも大切です。緑が強い植物を多く植えるのか、植物はあまり植えずに石や置物を全体的に設置するのかによって、中庭の色味は異なります。全体的にシックな雰囲気にしたいのか、カラフルな雰囲気にしたいのかによって選ぶものが変わってくるので、出来上がった時のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

 

平屋におしゃれな中庭をつくるなら…

alt="中庭のある平屋の家"

どんな中庭をつくるかで、家のおしゃれさは変わってきます。せっかく建てる家ですから、しっかりとこだわって満足のいく中庭をつくりましょう!

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例