alt="失敗しない吹き抜けのある家のつくり方"

おしゃれで見栄えの良い、吹き抜けのある家。せっかく家を建てるなら、自分たちの家も吹き抜けのある家にしたいですよね。とはいえ、『吹き抜けは寒い』『電気代がかかる』などいろいろ聞くし、失敗だけはしたくないもの。
そこで今回は、失敗しないための吹き抜けのある家づくりについて、ポイントをまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・吹き抜けのある家には、採光性の高さや風通しの良さ、開放感などたくさんの魅力があります。
・後悔されがちなポイントとして、2階が狭くなる、音が響きやすい、冷暖房効率の低下、掃除が大変、などが挙げられます。
・対策をしっかりとした上で、快適に暮らすことができる吹き抜けのある家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ 吹き抜けの魅力
・採光性
・通風性
・開放感
◼ 後悔されがち…吹き抜けのデメリット
・デメリット① 2階が狭くなる
・デメリット② 音が響きやすい
・デメリット③ 冷暖房効率の低下
・デメリット④ 掃除が大変
◼ 失敗したくない!吹き抜けの家づくりの注意点
◼ 失敗のない吹き抜けのある家を建てるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

 

吹き抜けの魅力

alt="失敗しない吹き抜けのある家のつくり方"

吹き抜けのあるおしゃれな家には、たくさんの魅力があります。

採光性

吹き抜けは1階から2階まで繋がっているため、太陽の光をしっかりと取り込み、1階まで届けることができます。部屋の奥まで光が差し込むことで、明るい家の中で過ごすことができます。
土地が狭く窓の設置が難しい、隣家が近い、という立地でも明るい部屋が実現します。

通風性

吹き抜けがあれば、家の中全体の風通しを良くすることができます。空気は下から上に対流するため、吹き抜けを使って家中の空気が循環し、快適な環境を保つことができるでしょう。
シーリングファンなどを設置しておけば、より家全体の空気を循環させ、風通しを良くすることができます。

開放感

2〜3階まで繋がる吹き抜けは、視線が抜けて視界も広がるため、開放感ある家になります。
天井がぐっと高くなるため圧迫感もなくなり、東京のような限られた土地に建てられた狭小住宅の中でも、快適に過ごすことができます。

 

 

 

 

後悔されがち…吹き抜けのデメリット

alt="失敗しない吹き抜けのある家のつくり方"

魅力はたくさんあるものの、後悔されがちなポイントやデメリットもあります。

 

デメリット① 2階が狭くなる

吹き抜けを設置した場合、居室として使うスペースが減ってしまいます。その分、2階の部屋が狭くなったり、廊下部分が狭くなったり、思うような間取りにできなかったりする可能性があります。吹き抜けにしようとすると、ある程度広さが必要になってくるので、これは避けられない点でもあります。

デメリット② 音が響きやすい

玄関での会話、リビングでの会話やテレビの音、これらが吹き抜けから2階まで伝わるため、音が響きやすくなります。日曜の朝、ゆっくり寝たくでも階下の音がうるさくて眠れない…などありうるでしょう。また音とともに臭いも伝わりやすくなるため、こまめな換気も必要です。

デメリット③ 冷暖房効率の低下

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まる性質を持っています。そのため、冬場は吹き抜けを伝って暖かい空気が2階に上り、1階部分が寒くなってしまう可能性があります。
天井にシーリングファンを設置して空気を循環させる、空気が滞らないように窓を設置しておく、などの工夫が必要です。

デメリット④ 掃除が大変

吹き抜けのいちばんのネックは、掃除の大変さかもしれません。手の届かない場所に溜まったホコリを取り、拭き掃除を、電球の交換などをするというのはなかなかの重労働です。自分たちで掃除をすると、危険な場合もあります。業者に依頼して清掃をしてもらうこともできますが、足場を組んで作業を行うことによる費用も想像以上にかかるでしょう。

デメリット⑤ 夏場の暑さ

太陽光をしっかりと取り込むことができる、ということは、その分室内が暑くなりやすいということでもあります。吹き抜けがあることで、夏場は室温が上がりやすく、冷房が効きにくくなる可能性があります。暖かい空気は上にのぼるので、吹き抜けを伝って2階の部屋がとても暑くなる危険はあります。

 

 

施工実例

 

 

 

 

失敗したくない!吹き抜けの家づくりの注意点

alt="失敗しない吹き抜けのある家のつくり方"

デメリットもあるものの、それでも吹き抜けのある家を建てたい!という方ももちろん多いでしょう。そんな時は、次の2つに気をつけて家づくり計画を立てるようにしましょう。

① 吹き抜けのサイズ

吹き抜けは、おしゃれな間取りにする役割もありますが、家の中に太陽光を届けるという大きな役割もあります。そのため、ある程度大きな吹き抜けをつくらなければ、役割をなさなくなってしまいます。
2階部分が狭くなってしまいますが、大きくゆったりとしたサイズでつくられた吹き抜けは室内をより明るくしてくれます。こだわってサイズを選ぶようにしましょう。

② 吹き抜けの位置

どこに吹き抜けをつくるかによって、風通しがよく明るい家になるかどうか、デザイン性の高い家になるかどうかが決まります。
多くの家では南側に吹き抜けをつくりますが、間取りや敷地によって他の場所につくった方がいい場合もあります。また、リビングにつくった場合、玄関につくった場合、廊下につくった場合などどの場所につくるかによって快適度は異なります。設計士さんとしっかり相談しながら、どの位置が最適なのかを考えた上で決めていくと良いでしょう。

リビングの場合

リビングは南側につくられることが多く、吹き抜けも設置しやすいスペースです。リビング全体を明るくすることができます。

キッチンの場合

換気扇をどこにつけるのか、どこに照明をつけるのか、など課題点もありますが、キッチン全体を明るくするため料理好きにはたまらないでしょう。

玄関の場合

玄関に入った瞬間、室内なのに開放感を感じる間取りです。家全体に冷気が巡る心配はありますが、対策も考えて、いかに視界が抜けるデザインにできるかというポジティブな方に目を向けると良いでしょう。

③ 床暖房の設置

吹き抜けを設置すると、どうしても冬場の冷え込みが気になります。吹き抜けをつくって後悔したという声の中で、最も挙がるのが寒さでもあるからです。
寒さ対策として、お勧めなのが床暖房の設置です。足元からじっくりと温まり、部屋全体を暖かく保つことができます。初期費用はかかりますが、暖かい冬場を過ごせること、小さなお子様やペットのいるご家庭でも安心なこと、などメリットもあるので検討してみると良いでしょう。

冬場の暖かさを保つためには、
・断熱ガラスを使用する
・断熱材を熱くする
・内窓を取り付ける
・シーリングファンを設置する
などが挙げられるので、合わせて検討しておきましょう。

 

 

 

吹き抜けは寒い?失敗しない間取りの考え方

 

 

 

 

失敗のない吹き抜けのある家を建てるなら…

alt="失敗しない吹き抜けのある家のつくり方"

おしゃれで見栄えがよく、開放感もある吹き抜けのある家。いざ暮らし始めて後悔しないよう、ポイントを押さえた家づくりを進めていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例