alt="注文住宅のお風呂"

好きな形の浴槽を選び、好きな素材の床材を選ぶことができる。家主がこだわりを持って細部まで選ぶことができるのが注文住宅の魅力です。せっかくこだわるのですから、キッチンやリビングだけでなく、お風呂もこだわってつくりませんか?

お風呂なんてどれも一緒…というわけではなく、工夫次第で快適な世界に一つだけのお風呂に仕上げることは可能です。今回は、おしゃれなお風呂づくりに役立つ、浴室内の色や素材、デザインの選び方についてポイントごとにご紹介しましょう。

 


コラムのポイント
・毎日の疲れを癒すお風呂。快適さにこだわって、ゆっくりと過ごせるようにつくりあげることが大切です。
・床材や浴槽の素材にこだわるだけでなく、照明や水栓、間取りに一工夫加えるだけでお風呂は一気におしゃれになります。
・せっかく家を建てるのですから、おしゃれで細部にこだわったお風呂のある家づくりを進めていきましょう!


 

 

 目次

◼ お風呂の種類
◼ 空間にこだわって快適なお風呂に!
・広さにこだわる
・色味にこだわる
◼ 【お風呂】素材にもこだわりを!
・床材
・浴槽
◼ ワンランクアップのデザイン性にする方法
◼ おしゃれなお風呂をつくるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

お風呂の種類

alt="注文住宅のお風呂"

お風呂のつくり方は、大きくふたつあります。

 

ユニットバス

壁や床、シャワーなど全て一体化した規格品のお風呂のことです。工場でつくったものを組み立てるだけでできるので、一定の品質が保たれています。防水性が高く、水漏れのリスクがほとんどありません。

在来工法

防水した下地に、タイルなどを張り付けて仕上げていくお風呂のことです。浴槽やタイルの柄など、好みのものを選ぶことができるため、デザイン性の高さにこだわりたい方にはピッタリです。

 

 

 

 

空間にこだわって快適なお風呂に!

alt="注文住宅のお風呂"

毎日の疲れを癒すお風呂は、快適さにこだわってつくりあげることが大切です。

 

広さにこだわる

ゆっくりと足を伸ばし、のんびりと浸かることができる浴槽は1日の疲れをしっかりと癒してくれます。最近は体の形に合わせてカーブした浴槽や、浴槽内に段差があるものなど様々な浴槽があります。好みに合わせて選ぶと良いでしょう。一人ひとり体格が異なるので、体の大きな人もゆっくりとくつろげるような大きさの浴槽を選ぶことが大切です。

 

色味にこだわる

お風呂の中がどんな色味かによって、リラックスできるのか、暖かい気持ちになるのか、など大きく変わります。

ホワイト系

清潔感があり、すっきりとした印象になるホワイト系のお風呂。広々とした開放感漂う中で、入浴時間を過ごすことができます。明るい雰囲気が好きな方にとっては選びやすい色です。

ダーク系

グレーやブラックといったダークな色は、落ち着いた雰囲気のお風呂になります。引き締め効果もあるので、浴室一面に使うよりも、壁一面だけのように使う場所を絞って選ぶと良いでしょう。

パステル系

薄いイエローやピンクといったパステルカラーは、浴室を暖かな雰囲気で包んでくれます。可愛らしい雰囲気、温かみのある雰囲気にしたい方に最適な色です。

 

 

 

 

 

【お風呂】素材にもこだわりを!

alt="注文住宅のお風呂"

快適なお風呂にするためには、素材にもこだわって選びましょう。

 

床材

お風呂の床材には、滑りにくいものや水はけの良いものなど様々な素材があります。

FRP床材

繊維強化プラスチックでつくられた床材で、ガラス繊維などが含まれている強い素材です。防水性にも優れています。

樹脂素材

滑り止め加工がされており、耐水性に優れ水はけも良い樹脂素材。掃除もしやすく浴室にはぴったりですが、汚れやすいのが難点です。

タイル材

色やサイズなどバリエーション豊かなタイルは、防水性も高くおしゃれなお風呂にしたい方々には特に好まれています。

木材

木の温かみがありリラックス効果抜群の木材。お手入れが大変ですが、近年は防菌防水加工されたものが増えており、自宅にも取り入れやすくなっています。

 

 

 

浴槽

浴槽にも、様々な種類があります。

FRP床材

浴室の床材にも使用されるFRP素材。リーズナブルで流通量が多く、たくさんの種類の中から選ぶことができます。

人工大理石

肌触りが滑らかな人工大理石の浴槽は、一度使ったらやめられない気持ちよさが魅力です。掃除もしやすく、美しさが長続きします。

木材

ヒノキの浴槽などが人気の浴槽は、香り高く木ならではの温かみのある雰囲気が特徴です。保温性や耐熱性にも優れ、体の芯から温まることができます。

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

ワンランクアップのデザイン性にする方法

alt="注文住宅のお風呂"

ちょっとしたこだわりで、もっとおしゃれにしたい…!そうお考えの方にオススメの方法をご紹介します。

 

水栓やシャワーのデザインにこだわる

お風呂場で主に使われているのが、温度を制限するサーモスタットが中に組み込まれている、サーモスタット混合水栓です。自動温度調節機能が付いているため、ほぼ一定の温度でお湯を出すことができます。

この水栓は便利ですが、デザインも似通ったものが多く、代わり映えしないことも。そんな時は、あえてハンドル式の水栓や蛇口をひねる水栓などを選んでみてはいかがでしょうか。ちょっと手間はかかりますが、浴室をぐっとおしゃれにしてくれます。

 

照明のデザインと明るさにこだわる

浴室に使用する照明にも、様々な種類があります。

壁付け照明の場合、カバーのデザインが豊富なので、インテリアとして楽しめるもの、アクセントになるものを選ぶことができます。天井設置型照明の場合、視界にほとんど入らないのでスッキリとした浴室にすることができます。天井埋め込み型照明の場合、照明の形や長さを選ぶことができるので、より洗練された印象に仕上げたり浴室全体を明るく照らしたりすることができます。

また、ちょっと暗めの照明を選びリラックスできるようにする、怪我などがないように明るい照明を選ぶ、など明るさ一つとっても浴室の雰囲気を大きく変えることができます。

 

ガラス張りのお風呂にする

ガラス張りのお風呂は、周りの目も気になるしゆっくりくつろげない、恥ずかしい、と避けられがちですが、ガラス張りだからこそ感じられる大きなメリットがあります。

ガラス張りのお風呂は何と言っても開放感があるので、リラックスしながらのびのびと浴槽に浸かることができます。目線の高さに合わせて、すりガラスを設置すればそこまで視線も気になりません。また壁のように圧迫感がないため、狭い浴室でも広く感じることができます。最近では、あえてガラス張りのお風呂を選ぶ、という人も意外と少なくありません。

 

半露天風呂のお風呂にする

露天風呂の気持ちよさを毎日感じることができたら、最高ですよね。さすがに毎日温泉に通う…ということは難しいかもしれませんが、浴室を半露天風呂にして、露天風呂気分を自宅で味わうことは可能です。

低めに窓を設置し、全開にすれば中庭を眺めることができる、天窓を設置し、電気を消して星空を眺めながら湯船に浸かることができる、といった工夫をすることで、おしゃれになるだけでなく毎日の入浴時間が楽しみにもなります。

 

 

 

alt="注文住宅のお風呂"

【東京】注文住宅の家づくりにかかる費用と無料でできるサービスまとめ

 

 

 

 

 

おしゃれなお風呂をつくるなら…

alt="注文住宅のお風呂"

どんなお風呂にするかによって、おしゃれさはもちろん、快適な入浴時間を過ごせるかどうかも変わってきます。せっかく家を建てるのですから、おしゃれで細部にこだわったお風呂のある家づくりを進めていきましょう!

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例