alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

コロナ渦によって一気に働き方が変わり、家で仕事をしたい、家に自分だけのスペースが欲しい、と考える方も増えてきた昨今。家づくりを始める方の中にも、書斎づくりを検討する方が増えてきています。しかし、実際に書斎のある家に住んでいる方がいなければ、なかなかイメージも湧きづらく、本当に必要なのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、書斎のある家づくりの魅力と間取りタイプ、つくる上で検討しておきたい注意点をまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・在宅勤務という働き方が選択肢に挙がった今、家で過ごす時間と働く時間とのバランスをとり、仕事の生産性を上げていくためには、書斎のある家づくりは今後必須です。
・書斎をつくる時の注意点を活かしながら、理想のワークライフバランスを実現する家づくりを一緒に進めていきましょう!


 

 

 目次
◼ 変わりゆく働き方
◼ 【書斎のある家】メリット・デメリット
メリット
・ワークスペースの確保
・理想のワークライフバランスが実現
・静かに集中できる場所
デメリット
・用途が限られる可能性
・家族間のコミュニケーションが減少
・建築費の増加
◼ 書斎のある間取り3タイプ
◼ 書斎をつくる時ここに注意!
◼ 書斎とともに新しいライフスタイルを!

 

 

 

施工実例

 

 

 

 

 

変わりゆく働き方

alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

2020年、外出自粛要請によって各企業が在宅勤務を取り入れたことにより、大きく働き方が変化しました。

今までは、物理的な時間や空間を共有すること、顔と顔を合わせてコミュニケーションをとることが重視されていましたが、大きな転機を迎えたことで、働き方に対する考えが変化した方も多いのではないでしょうか。外出自粛要請が解除された後も、1週間のうち1日は在宅勤務をしている、という方も今や半数にのぼります。

満員電車に長時間揺られなくても良くなり、仕事の後はすぐに自分の時間として使えるようになった在宅勤務。一度経験してしまうと、以前のような働き方を続けるのは難しい…と感じている方も多いでしょう。

在宅勤務という働き方が選択肢に挙がった今、家で過ごす時間と働く時間とのバランスをとり、仕事の生産性を上げていくためには、書斎のある家づくりは今後必須なのではないでしょうか。

 

 

 

 

【書斎のある家】メリット・デメリット

alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

家に書斎がある場合のメリット、デメリットを見てみましょう。

 

メリット

 

ワークスペースの確保

書斎があることによって、周りを気にせず仕事ができるスペースが手に入ります。リビングやダイニングはどうしても仕事がはかどらない…という悩みも多いものですが、ワークスペースが確保できることでその問題は解決します。

もちろん、仕事だけでなく読書を楽しんだり映画を見たりといった様々な用途に活用できます。

 

理想のワークライフバランスが実現

長時間の通勤や、職場の近くに住まなければならない必要性がなくなるため、プライベートの時間もしっかりと確保しながらワークライフバランスをとることができます。

また、書斎があることにより仕事とプライベートの空間を分けることができるので、オンオフの気持ちを切り替えメリハリのある生活を送ることができます。

書斎を仕事の空間として設けるのであれば、書斎に入るだけで気持ちの切り替えができ、メリハリのある生活を送ることもできます。

 

静かに集中できる場所

書斎があれば、仕事に集中できるスペースを確保できます。余計な会話やテレビの音が聞こえてくることもないので、自宅とはいえしっかり集中できます。仕事中、その場を離れる時も書類や本などを片付ける手間がないので、適時休憩を取りながら、仕事を進めていくことができます。

 

 

デメリット

 

用途が限られる可能性

2畳ほどのスペースに本棚やデスクを設置し、書斎にしか使えないような間取りにしてしまうと、用途が限られてしまう可能性があります。在宅勤務をほとんどしなかった、家では集中できないのでワークスペースを借りた、などの場合せっかくの間取りが無駄になってしまう可能性があります。

 

家族間のコミュニケーションが減少

書斎の閉塞感や、いつまでも仕事に取り組める環境に居心地良さを感じてしまうと、長時間篭ってしまう可能性があります。そうなると家族間のコミュニケーションが減ってしまい、会社で働いていた時以上に会話が減ってしまうこともあります。

 

建築費の増加

書斎というひとつの部屋をつくるため、建築費が増加します。確実に使うスペースになるのであれば大切な投資ですが、そうでなければ大きな後悔に繋がります。書斎をつくらず、他の部屋を広くしておけばよかった…ということにならないよう注意が必要です。

 

 

 

 

書斎のある間取り3タイプ

alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

書斎の間取りは、大きく3つのタイプに分けられます。

 

オープンタイプ

リビングの一角にテーブルを設置する、折りたたみのデスクを設置する、など専用のスペースを設けない間取りです。開放感はありますが、在宅勤務にはあまり向かない間取りかもしれません。

半個室タイプ

カウンターで仕切ったり、スキップフロアを利用したりすることで、半分個室になっている間取りです。他の部屋との一体感や家族との距離感を保ちつつ、適度に集中出来るスペースです。

個室タイプ

独立した部屋になっているのが、個室タイプです。最も仕事に集中出来る間取りなので、賑やかな声に左右されず、オンライン会議があっても周りを木にすることなく会話ができます。

 

 

 

 

書斎をつくる時ここに注意!

alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

書斎をつくって仕事場として稼働させる場合は、次のポイントに注意して間取りを考えるようにしましょう。

 

エアコンは設置しておくこと

建築費との兼ね合いで、エアコンを設置しなかった場合、夏場後悔することになります。締め切ってしまうと暑すぎる上、扉を開けたままだと集中できず…という可能性があります。

長時間使うことも見越して、エアコンは設置しておきましょう。

 

狭くても大丈夫

せっかくなら広い書斎の方がいいのでは…と考えるかもしれませんが、書斎は2畳ほどあれば十分に機能します。広すぎると他の部屋が狭くなってしまいますし、狭い空間の方が意外と集中出来るものです。

 

コンセントの数と位置

事務機器や充電、ライトなど書斎は多くの電化製品を使います。足りなくて困る…ということの無いように、コンセントは多めに設置しておきましょう。実際に机やライトをどこに設置するのかを考えた上でコンセント計画を立てていくことで、家づくり後スムーズに書斎を使うことができます。

 

収納スペースの検討

書類や本などをたくさんストックする場合は、どのように収納するのかを考えておきましょう。特に本はいつの間にか増えていきます。足りなくなって本棚を買い足したことで、書斎が狭くなってしまった…ということを避けるためにも、余裕を持って収納スペースをつくっておきましょう。

 

 

 

 

alt="在宅勤務の部屋づくり"

いずれは在宅勤務を!将来を見据えた部屋づくり6つのポイント

 

 

 

 

 

書斎とともに新しいライフスタイルを!

alt="書斎のある家づくり、在宅勤務"

書斎があれば、在宅勤務はとてもやりやすくなります。これからは、仕事に精を出しつつ家庭も大切にする、というバランスのとれたライフスタイルを手に入れませんか?そのための家づくりを共に進めていきましょう!

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例