alt="家相、新築の間取り"

家づくりを進めていく時、「この間取りにすると運気はどうなるんだろう?」「せっかく建てるなら、運気が良くなる家を建てたいなあ」と思ったことはありませんか?日本は古来より『家相』によって家や土地の吉凶を判断てきました。間取りやデザインにこだわることももちろん重要ですが、せっかく建てるなら家相もある程度参考にしながら、これからの家づくりを進めていきたいですよね。
今回は、新築の間取りを考える時に参考にしたい家相について、ポイントと避けたほうがいい間取りをご紹介します。

 


コラムのポイント
・家相とは、家や土地の吉凶を判断するもので、太極思想や陰陽道、九星気学、風水など様々な思想が取り入れられた、日本独自に発達した占術です。
・家相にこだわりすぎてしまうと、本当に建てたい家からかけ離れてしまいます。信じて活かすことは大切ですが、どこまで取り入れるのか、自分たちが理想とする家はどんな住まいなのか、という視点は忘れずに家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ そもそも、家相って何?
・風水とはどう違う?
◼ 間取りを考える時に欠かせないポイント
・八方位
・正中線
・四隅線
・鬼門線
・鬼門
・裏鬼門
◼ 【場所別】家相で避けたい間取り
◼ 家相を活かした良い家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

 

そもそも、家相って何?

alt="家相、新築の間取り"

そもそも、家相とは一体なんだろう?と気になりますよね。
家相とは、家や土地の吉凶を判断するもので、太極思想や陰陽道、九星気学、風水など様々な思想が取り入れられた、日本独自に発達した占術です。方位から間取りの吉凶を判断し、日本の気候風土や自然との調和を考えた上で家づくりをすることができます。その家で暮らすことで、どのような暮らしになるのかを判断することができます。

あまりこだわりすぎると、規制が多くなりすぎて理想の家づくりができなくなる可能性があります。しかし、先人の知恵を活かすという視点でバランスを考えながら取り入れていくことで、日本特有の気候風土に合わせた家づくりを進めていくことができるでしょう。

 

風水とはどう違う?

家相と風水は、似て非なるものです。

家相は、その家での暮らしがどのようなものになるのかを判断する統計学です。一方風水は、土地そのものの善し悪しを判断するもの、住みやすい環境として適しているかを判断するもので、土地が持つエネルギーを取り入れて運気を上げていこうとするものです。家相が統計学で成り立つ一方で、風水は地理的な知見が大きくなります。

 

 

 

間取りを考える時に欠かせないポイント

alt="家相、新築の間取り"

家相を活かして間取りを考える時、知っておきたい用語があります。

八方位

北西と東南、北東と南西、東西南北、それぞれの中心を通る線のことを八方位といいます。

正中線

東西南北の中心線を正中線といいます。

四隅線

北東と南西、北西と南東を結ぶ×字になっているラインを四隅線といいます。

鬼門線

北東と南西の鬼門方位にある中心線を、鬼門線といいます。

鬼門

家の中心からみた時に、北東45度と南西45度の範囲を鬼門といいます。
鬼が出る山があり、その山の北東に位置していた門を鬼門と呼んでいたという説話や、北東と南西は陰陽の狭間で不安定になるという陰陽道の考え方など諸説あります。

裏鬼門

鬼門とは反対の、南西の方角を裏鬼門といいます。

 

 

 

【場所別】家相で避けたい間取り

alt="家相、新築の間取り"

家相で考えた時に、避けたい間取りとはどのようなものなのでしょうか。

玄関

玄関は、正中線や四隅線上に位置するのは良くないとされています。また、家を四角に見立てた時、四角が欠けるような場所に玄関が位置するのも良くないとされています。可能であれば、四角が出っ張りに見えるような位置に玄関を設置すると良いでしょう。

お風呂やトイレ

お風呂やトイレなどの水回りは、けがれを流すために重要な場所です。正中線や鬼門、裏鬼門を結ぶ線上に、なるべく設置しないようにしましょう。また、家の中心にお風呂やトイレを設置するのも避けたほうが良いとされています。
間取りの都合上避けられない場合は、清潔な状態を保つようにしましょう。

リビング

家族が集まるリビングは、家の中心から見て南東から南西の間に位置すると良いとされています。外に出入りするための掃き出し窓を設置する場合は、鬼門線上は避けるようにしましょう。
リビングの場所自体は、1階でも2階でも問題ないとされています。

alt="家相、新築の間取り"

キッチン

家族のエネルギー源となる食事をつくるキッチンは、正中線や鬼門、家の中心に設置しないようにしましょう。この場所にコンロやシンクがかかっていると、よくないとされています。
間取りの都合上避けられない場合は、お風呂やトイレ同様、清潔な状態を保つようにしましょう。

和室

鬼門の方角に、床の間や神棚をつくるのは良くないとされています。可能であれば、東から南の方角につくるようにしましょう。
東南にリビングをつくる場合、和室を吉方位に持ってくることが難しくなります。 この場合、リビングの両隣になる東から南の方角につくると良いでしょう。

寝室

毎日の疲れを癒す寝室は、西に設置すると良いとされています。それ以外の方角でも良いとされてますが、南に設置するのは良くないとされています。

 

 

 

家相を活かす時の注意点

alt="家相、新築の間取り"

家相を活かした家づくりを進めていく上で、注意したいポイントが3つあります。

ポイント① 設計時に検討する

家相を考慮して家づくりを進める場合、設計の初期段階で設計士に伝えておくようにしましょう。事前に伝えておくことで、家相を活かした間取りを考えてもらうことができます。
設計図が完成し、着工に向けて進めている段階で家相を検討してしまうと、積み重ねてきた打ち合わせがやり直しになってしまいますし、設計ミスや機能性の低下に繋がります。

ポイント② 建築士とともに検討する

住宅に関する専門知識がなければ、家相を考えながら高品質高性能な家づくりをすることはできません。家相の視点では良いとされる間取りも、土地の広さや状態、近隣住宅とのバランスを考えた時に、住み心地が悪くなる可能性もあります。
その土地、その間取りに合わせて、利点を活かした家づくりを進めていくためには、素人判断をするのではなく専門家と相談を重ねながら検討していきましょう。

ポイント③ 優先順位を決める

土地が狭く、家づくりに関する法規制が厳しくなっている現代では、良いとされている多くの家相を取り入れることが難しいケースが多々あります。そのため、本当に実現したい家相の優先順位を決めておきましょう。優先順位を決めておくことで、より理想に近い良い家を建てることができます。
現実的な家づくりを進めていくためにも、家相だけでなく設備や色選びなど全てにおいて、優先順位を決めた上で計画的に進めていくことが大切です。

 

ゼロから始める!マイホーム建築計画

 

 

 

 

家相を活かした良い家づくりを!

alt="家相、新築の間取り"

家相を使って家の吉凶を判断することで、運気アップにつながると嬉しいですよね。とはいえ、こだわりすぎてしまうと、本当に建てたい家からかけ離れてしまい、『快適な暮らしを実現するための家』ではなく『運気だけにフォーカスした家』になってしまいます。
信じて活かすことは大切ですが、どこまで取り入れるのか、自分たちが理想とする家はどんな住まいなのか、という視点は忘れずに家づくりを進めていけると良いですね。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

 

施工実例