alt="平屋のスキップフロア"

おしゃれ度が一気に高まる、スキップフロアのあるお家。せっかく平屋を建てるなら、スキップフロアのあるおしゃれな家にしたいですよね。とはいえ平屋の場合、敷地の狭さがネックになるのではないか、本当に実現可能なのか、平屋に必要なのか、など気になることもたくさんあります。

そこで今回は、スキップフロアのメリット・デメリットとともに、平屋とスキップフロアの相性、建築実例をまとめてご紹介します。これから始める平屋の家づくりに、ぜひお役立てください。

 

 


コラムのポイント
・スキップフロアとは、一部の床の高さを変えることで、同じ空間に段差をつくるものです。
・平屋は段差がないバリアフリー空間であることが大きな魅力ですが、スキップフロアをつくることでその良さは半減してしまいます。しかし空間を有効に活用できるため、決して悪くはない相性です。
・メリットをどう活かしたいのか、デメリットをどう乗り越えるのか、などをしっかりと話し合いながら、理想のスキップフロアのある平屋の家づくりを進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ スキップフロアとは
◼ スキップフロアのメリット・デメリット
◼ 平屋とスキップフロアの相性は?
◼ スキップフロアのある平屋・実例
◼ スキップフロアのあるおしゃれな家づくりを!

 

 

施工実例

 

 

 

 

スキップフロアとは

alt="平屋のスキップフロア"

スキップフロアとは、一部の床の高さを変えることで、同じ空間に段差をつくるものです。

高さが異なる床を少しずつ繋ぎ合わせながら、階段のように空間をつなぐことで、空間を広く活用したり変化を生み出したりすることができます。一段のスペースを広く設けることで、ちょっとしたスペースにも使うことができます。

デザイン性の高さを求めて採用されることの多いスキップフロアですが、もともと段差のある土地を有効活用するためにも、多くの住宅で取り入れられています。

 

 

 

 

スキップフロアのメリット・デメリット

alt="平屋のスキップフロア"

スキップフロアのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

メリット

空間の有効活用

スキップフロアをつくることで、限られた空間を有効活用できます。スキップフロアの下を収納として使ったり、スキップフロアの上を読書スペースや子どもの遊び場として利用したり、活用方法は様々です。

平屋は特にワンフロアという限られた空間になるので、有効活用できるスペースができることでぐっと使い勝手が良くなります。

 

空間と暮らしのメリハリ

スキップフロアをつくることで、空間に区切りが生まれます。区切りによって暮らしにもメリハリをつけることができます。

壁や扉のようにはっきりと区切るのではなく、同じ空間の中に差を生み出すことで、同じ空間で過ごしながらも本を読むスペースはここ、遊ぶスペースはここ、と分けることができます。

 

視界が抜けて広々

段差が生まれることで、同じ広さの部屋でもスキップフロアのある部屋の方が広々として見えます。これは視界が抜けて、空間を広く捉えられるためで、吹き抜けなどと同じ役割です。

平屋の場合、居住スペースは限られていますが、視界が抜けることで室内を広く感じることができます。

 

収納スペースの確保

スキップフロアをつくることで、収納スペースを確保することができます。ちょっとした倉庫として利用したり、季節外の衣類をまとめて収納したり、幅広い使い道があります。

平屋という空間に大容量の収納をつくろうとすると、リビングや寝室などのスペースを削らなければなりません。しかしスキップフロアなら、居住スペースを削ることなく収納スペースを手に入れることができます。

alt="平屋のスキップフロア"

 

デメリット

室温管理の難しさと冷暖房費アップ

スキップフロアは、壁や扉のようにはっきりと区切るわけではないため、冷暖房効率が悪くなる可能性があります。広い空間を管理することで一定の気温を保つことが難しくなる上、常に冷暖房を稼働させるため電気代がかかります。

暖かい空気は上に溜まりやすいため、シーリングファンを設置したり、サーキュレーターを活用したりするなどして、空調管理の工夫をすることが大切です。

 

建築費用がかかる

スキップフロアをつくる場合、特殊な施工になるため通常よりも建築費用がかかります。構造計算が複雑になる上、対応できる業者も限られるからです。通常の平屋よりも総費用がかかることを考慮した上で、計画を立てていくようにしましょう。

また、間取りによっては床面積が広くなってしまうため、固定資産税が上がる可能性もあります。毎年かかる税金が高くなると、ランニングコストもかかってしまうことも考慮しておきましょう。

 

段差が多くなる

平屋はワンフロアしかないため、小さなお子様から年配の方まで幅広い世代に優しいバリアフリー空間というのが魅力のひとつです。しかし、スキップフロアをつくることで段差が生じ、日常生活を送る上で不便を感じる可能性があります。

段差を限りなく少なくすることもできるので、希望に合わせて1段の高さを決めていくようにしましょう。

 

掃除の手間がかかる

段差がたくさんあることで掃除に手間がかかります。共働き世帯の強い味方、ルンバは段差のため室内全体に使うことが難しくなりますし、掃除機をかける時も1段1段登りながら移動して掃除することを考えると、なかなかの労力がかかります。

掃除の手間がかかることを想定して、あまり家具を増やさない、段差を増やさないようにする、などあらかじめ工夫しておくことも大切です。

 

吹き抜けは寒い?失敗しない間取りの考え方

 

 

 

 

平屋とスキップフロアの相性は?

alt="平屋のスキップフロア"

平屋は段差がないバリアフリー空間であることが大きな魅力ですが、スキップフロアをつくることでその良さは半減してしまいます。しかし空間を有効に活用できる上にフロアをうまく分けられるため、空間を共有しながらも各々がやりたいことに集中することができます。

決して悪くはない相性の平屋とスキップフロア、理想のライフスタイルを実現するために取り入れてみるのもひとつの手段です。

 

 

 

 

スキップフロアのある平屋・実例

スキップフロアのある平屋をご紹介します。

alt="平屋のスキップフロア"

スキップフロアでうまく空間を区切ったこちらのお家。

平屋住宅にも関わらず、スキップフロアをつくることで空間をしっかり分けることができます。同じ空間にいながらも、各々の作業に集中しながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

空間を最大限利用した平屋

 

 

 

スキップフロアのあるおしゃれな家づくりを!

alt="平屋のスキップフロア"

スキップフロアには、多くのメリット・デメリットがあります。メリットをどう活かしたいのか、デメリットをどう乗り越えるのか、などをしっかりと話し合いながら、理想のスキップフロアのある平屋の家づくりを進めていきましょう。

 

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

施工実例