洗濯に関する家事を一箇所でできるランドリールーム。家事を効率的に進めることができるため、子育てに忙しい世帯や家事負担を減らしたい共働き世帯など、近年多くの注文住宅で取り入れられています。せっかく家を建てるなら、綺麗でおしゃれなだけでなく、家事が楽になる家を建てたいですよね。

そこで今回は、ランドリールームのある家づくりをする前に知っておきたいポイントや注意点をまとめてご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・ランドリールームは、洗濯から乾燥、アイロンがけ、洗濯物を畳むところまで洗濯に関する一連の作業を全て行うことができるスペースです。作業スペースを設けたり、収納スペースを設けたりして作業をしやすいように工夫されています。
・洗濯という工程の多い家事をスムーズに進めることができるため、ぜひ家づくりには取り入れて欲しいスペースです。
・本当に設置する必要はあるのか、どこに設置するのか、どのくらいの広さなら上手く活用できるのか、などしっかりと事前に検討した上で、間取りを考えていくようにしましょう。


 

 

目次

◼ ランドリールームってどんな部屋?
◼ ランドリールームの場所は?広さは?
◼ ランドリールーム設置時の注意点
◼ ランドリールームで毎日の家事を笑顔に!

 

 

施工実例

 

 

 

ランドリールームってどんな部屋?

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

ランドリールームは、洗濯から乾燥、アイロンがけ、洗濯物を畳むところまで洗濯に関する一連の作業を全て行うことができるスペースです。作業スペースを設けたり、収納スペースを設けたりして作業をしやすいように工夫されています。

似たような空間としてサンルームを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、サンルームは日光をしっかりと取り入れるスペースとしてつくられるため、家事の効率化を考えてつくられるランドリールームとは役割が異なります。

 

家事負担を解消

仕事に子育てに忙しい親たちが増えている中、削れる家事は削ってもっとゆとりを持ちたい、自分たちの時間を大切にしたい、と考える方は増えています。洗濯物は毎日たまる上、洗濯して、干して、取り入れて、畳んで片付けて…という一連の工程は、人によっては大きな負担となります。ランドリールームは洗濯まわりの家事をスムーズに進めることで負担を減らすことができます。

24時間いつでも洗濯が可能

朝早くから夜遅くまで、男女ともに仕事をすることは珍しくありません。出勤前に洗濯を干す時間が取れない、夜遅くまで働いているためどうしても家事をするのは夜遅くになってしまう、などライフスタイルによっては洗濯をする時間が大きなネックになります。しかしランドリールームがあれば、24時間いつでも洗濯機を回し、天気を気にせず乾かすことができます。

こういった状況もあり、家事負担をおさえることができるランドリールームは、近年多くの注文住宅で取り入れられているのです。

 

 

 

ランドリールームの場所は?広さは?

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

ランドリールームは、『家事をスムーズにできる場所』を意識してつくるとよいでしょう。

 

キッチンの近くで食事づくりもスムーズに

キッチンの近くにランドリールームをつくっておけば、洗濯機を動かしている間に食事をつくったり、洗い物をしている間に乾燥機で乾かしたり、と時間を無駄にすることなく家事をスムーズに進めることができます。家族の人数が多く、食事づくりや片付けに時間がかかる家庭にとっては重宝する間取りです。

ベランダの近くで行き来が楽になる

ベランダの近くにランドリールームをつくっておけば、洗濯した後すぐに外に干し、乾いて取り入れたら作業台で畳んで片付けることができます。洗濯物はできるだけ外に干したい、キッチン横のスペースにはあまり余裕がない、という場合にとても役立ちます。

 

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

 

スペースは2畳以上確保する

洗濯物を干したり畳んだり洗濯物を干したり、動き回ることを考えた場合、ランドリールームは最低でも2畳は必要です。3畳ほどあれば、余裕を持って動き回ることができます。3〜4人家族なら、余裕を持って全員の衣類を干すことができます。

リビングやキッチンを広くするために、可能な限りスペースを削りたくなる場所ではありますが、あまりに狭いと動きにくくなりますし湿気も心配です。

 

▶︎【注文住宅】子育てしやすい!ママに人気の間取り9選

 

 

 

ランドリールーム設置時の注意点

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

家事を楽にするためにも、次のポイントに注意してランドリールームの間取りを考えるようにしましょう。

 

ジメジメがこもらない通気性

ランドリールームにはたくさんの洗濯物を干すため、しっかりと通気性を確保しておく必要があります。

常にジメジメした環境だとカビが生えやすくなり、家が傷むだけでなく健康にも被害が及びます。除湿機や換気扇、サーキュレーターなどの換気システムを整えた上で、快適な湿度を保てるようにしましょう。
ランドリールーム内に洗濯物を干す場合、よく乾くかどうかは方角ではなく通気性にかかっています。一年を通してよく風が通る場所を選べば安心です。

 

作業の手順を考えて間取りを考える

せっかく作業効率を考えて設置したのにも関わらず、作業の手順を考えずに間取りを決めてしまうとかえって不便を感じてしまいます。洗濯機と乾燥機、ベランダが一直線になるように配置し、行ったり来たりしなくても作業できるようにしましょう。

 

家族みんなが使いやすい場所

誰か1人が家事をするのではなく、家族みんなができることをやれば家事は負担になりません。せっかくランドリールームをつくるのであれば、家族みんなが使いやすく、家事に参加しやすい場所につくるようにしましょう。親と子どもが入っても十分に作業できるスペース、リビングから近い場所、などライフスタイルを想定して場所を決めることが大切です。

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

収納スペースとして使わない

作業スペースや収納スペースがしっかりとあるランドリールームは、日用品やストックで埋まり物置になりがちなスペースでもあります。洗濯という家事に関係のないもので溢れると、家事同線を考えてつくられているとはいえ使い勝手が悪くなります。

家事をするスペースではなく収納スペースとして物で溢れてしまわないよう、ランドリールーム以外の収納スペースをしっかりと確保しておき、使用時にも気を付けるようにしましょう。

他の部屋とのバランスを考える

家事動線ばかりに目を向けてランドリールームの場所を決めてしまうと、他の部屋の日当たりが悪くなったり風通しが悪くなったりする可能性があります。使い勝手の良さはもちろん大切ですが、注力し過ぎて他の部屋の快適さを損なわないように注意しましょう。

家を建ててから後悔しないよう、設計士やハウスメーカー担当者のアドバイスを参考にしながら間取りを決めていき、事前の打ち合わせをしっかりとしておきましょう。

 

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

 

▶︎【解説】間取り図略語の意味と後悔しない建築実例3選

 

 

 

 

ランドリールームで毎日の家事を笑顔に!

alt="ランドリールーム間取りの考え方とつくり方"

ランドリールームは、洗濯という工程の多い家事をスムーズに進めることができるためぜひ家づくりに取り入れて欲しいスペースです。ただ、設置するためにはほかのスペースを削ったり費用がかかったりするため、思い描いていた間取りにできない可能性もあります。

本当に設置する必要はあるのか、どこに設置するのか、どのくらいの広さなら上手く活用できるのか、などしっかりと事前に検討した上で、間取りを考えていくようにしましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

施工実例