alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

通常の家に比べると、どうしても費用が高くなってしまう二世帯住宅。できれば費用を抑えつつも、納得のいく家づくりを進めたいですよね。お得に二世帯住宅の家づくりを進めていくなら、間取りの決め方だけでなく、生活する上で欠かせない税制についても把握しておくことが大切です。
今回は、お得に二世帯住宅を建てる上で欠かせない資金計画と間取りの考え方についてみてみましょう。

 


コラムのポイント
・リビングを広くし、寝室を増やし…とどうしても費用がかかってしまう二世帯住宅。家づくりを始める前に、二世帯住宅の税金事情を把握した上で資金と間取り計画を立てていくようにしましょう。
・資金や間取りの計画は、自分たちだけで考え計画を進めていくのではなく、親世帯や子世帯の意見を聞き、反映しながらみんなが納得できるように進めていきましょう。


 

 

 目次
◼ 二世帯住宅の費用相場は?
◼ 二世帯住宅を建てるなら、贈与税を賢く活用!
◼ お得な資金計画3つのポイント
◼ 二世帯住宅の間取りはどうする?
◼ これから二世帯住宅を建てるなら…

 

 

施工実例

 

 

 

 

二世帯住宅の費用相場は?

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅を建てる場合、通常の住宅よりも広いリビングをつくり、トイレを増やし、寝室も増やし…と部屋数もスペースも多くなるため、自ずと建築費用が高くなります。間取りによっても異なりますが、相場は3,000万円は超えますし、家族の人数が多ければさらに費用はかかります。

どうしても費用がかかってしまう二世帯住宅。これから二世帯住宅を建てて、親世帯子世帯が支え合った生活をしていきたい!という夢をお持ちなのであれば、二世帯住宅の税金事情を把握した上で、資金と間取り計画を立てていくようにしましょう。

 

 

 

二世帯住宅を建てるなら、贈与税を賢く活用!

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅を建てる上で、避けて通れないのが『贈与税』についてです。

贈与税とは

贈与税とは、個人が個人から財産を受け取った時にかかる税金のことです。保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合や債務免除での利益が生じた場合も、贈与を受けたとみなされ、贈与税がかかります。

贈与税には『暦年課税』と『相続時精算課税』とがあります。

暦年課税

1月1日から12月31日までの1年間に受け取った財産の合計が110万円以下の場合、贈与税は
かかりませんが、110万円を超えた場合、越えた額に対して贈与税がかかります。

相続時精算課税

1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計kがくから2,500万円の特別控除額を控除し、その残高に対して贈与税がかかるものです。贈与税の期限内申告書を提出する場合のみ相続税の控除ができます。

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

申告時の手続き

贈与税の手続きは、相続税を受け取った人が行います。財産を受け取った翌年の2月1日から3月15日の間に、申告と納税手続きを行います。税金は基本的に一度で納めますが、相続税は税務署に申告すれば演能制度を利用して、分割で支払うことができます。

一緒に暮らす家に住むのに、どのように資金が動いたのかによって税金がかかります。どのように贈与税制度を利用するのかについて、あらかじめ話し合っておきましょう。

 

 

 

お得な資金計画3つのポイント

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅の資金計画を立てる場合、様々な制度をチェックした上で無理のない資金計画や生活費の内訳を決めていくことが大切です。

 

① 軽減制度や優遇措置の確認

どんな家を建てるのか、いつ建てるのかによって利用できる税制は異なります。二世帯住宅の構造がある一定の要件を満たしていれば、新築時に支払う不動産取得税や固定資産税を軽減することができます。小規模宅地の特例を利用すれば、相続税も優遇されます。
税制は複雑で、すぐに理解できない部分もたくさんあります。いざ利用しようとしたら申請期限が過ぎていた、要件を満たしていなかった、ということのないように、事前にハウスメーカーや担当者に確認しておきましょう。

 

② 登記方法を決める

家を建てた場合、どのような土地や建物なのか、誰が所有しているのか、といった不動産登記をする必要があります。二世帯住宅の登記方法は大きく3つあり、登記内容によってはかかる税金が変わってきます。

単独登記

親もしくは子どちらかの名義で登記し、二世帯住宅を1戸の住宅として捉えるもの

共有登記

親子や夫婦など2名以上で登記を行い、二世帯住宅を1戸の住宅として捉えた上で、親子で共有しているもの

区分登記

二世帯住宅を1戸の住宅として捉えず、完全に別々の住宅として捉え、親子それぞれで登記を行うもの

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅を建てて区分登記した場合、固定資産税評価額から1,200万円を控除することができます。
また、住宅ローン減税を受けることもできます。一方、建築費を折半したにも関わらず子ども名義で登記をしてしまうと、親世帯から子世帯への贈与とみなされてしまい、贈与税が発生してしまう可能性もあります。
節税のみを考えて登記方法を決めるのはあまりおすすめできませんが、どのような登記が得なのか、自分たちにとって有利な税制となるのか、事前に調べてみましょう。

 

③ お互いの負担額を決めておく

家を建てた後、生活費をどのくらい負担し合うのか決めておくようにしましょう。それぞれの世帯が生活における負担額を把握しておけば、建築時の費用負担や火災保険料、固定資産税の支払いなどで後々揉めることもありません。
建てた後の暮らしをシミュレーションしておくことで、それぞれの世帯が減税制度や優遇制度を知り、当事者意識を持ちながら資金計画も立てていくことができます。

 

施工実例

 

 

 

 

二世帯住宅の間取りはどうする?

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅の場合、どんな間取りにするのかによっても建築費用だけでなく後の税額が変わってきます。

3つの間取りパターンからチョイス

二世帯住宅の間取りは、大きく3つに分けられます。

完全分離型

外から見るとひとつの家ですが、家の中はそれぞれの世帯に分かれている間取りを完全分離型といいます。お互いの暮らしに干渉することなく、良い距離感を保ちながら生活できます。

完全共有型

寝室以外の間取りを、親世帯子世帯で全て共有する間取りを完全共有型といいます。お互いの暮らしを支えながら、常にコミュニケーションを取りながら暮らすことができます。

部分共有型

リビングだけ共有、キッチンだけ共有、というように部分的に共有する間取りを部分共有型といいます。一緒に過ごす時間を尊重しつつも、それぞれの家庭の時間を大切にすることができます。

 

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

費用をおさえるなら完全共有型?

建築時の資金をとにかくおさえたい…という場合、おすすめなのはやはり完全共有型です。完全共有型は、お風呂やトイレなどの設備を増やさなくても良いため、費用をおさえることができます。生活する人数が多いため、リビングやダイニングは広くスペースを確保する必要がありますが、それでも完全分離型に比べるとかなり費用削減になるでしょう。

間取りはとにかくシンプルに

二世帯住宅に限らず、建築費用をおさえるのであればシンプルなつくりにするとよいでしょう。例えば、できる限り正方形に近い外観にすることで、複雑なデザインの外観よりも費用をおさえることができます。味気ないデザインに感じるかもしれませんが、近年ではシンプルでモダンなおしゃれな家がたくさんあります。また、間取りも極力シンプルにすると工事費削減になります。廊下を意識的に減らす、部屋数を減らす、など間取りが複雑にならないようにするだけで、スッキリとした空間も手に入ります。

 

 

 

これから二世帯住宅を建てるなら…

alt="二世帯住宅がお得になる資金計画"

二世帯住宅は通常の住宅に比べ建築費用がかかりますし、土地もある程度必要になります。不要なコストは削減してお得に建てるためにも、事前にしっかりと計画を立てた上で家づくりを進めていく必要があります。
特に資金計画は、自分たちだけで計画を進めていくのではなく、親世帯や子世帯の意見を聞き、反映しながらみんなが納得できるようにしていきましょう。

わたしたちは、「わがままな人のほうが、きっと素敵な家になる」を合言葉に、素敵な家づくりをお手伝いしています。
東京・神奈川の独特な建築法令に対して様々なこだわりを実現できる経験力をもとに、地下室や3階建て、固定階段付小屋裏収納庫、緑化屋上、ペット共生住宅、大収納住宅、狭小住宅などご家族に合わせた様々なスタイルを、空間デザイン提案の経験が豊富なデザインチームがご提案します。​わがままをたくさんお伝えください。

見積り・プラン設計は無料です。まずはお問い合わせください。

 

▽ 立川のイベント、グルメ情報満載 ▽
https://iine-tachikawa.net/tag/cleverlyhome/

施工実例